【ビダモン】みんなが気になる倍率の話

ムサビ入試もあと二日の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日2月10日の入試は、ムサビが日本画・彫刻・空デ、タマビが油画と統合デザイン、日芸が絵画・彫刻・映画・演劇・文芸で、東京造形はいよいよ合格発表です。あ、藝大大学院の文化財保存学専攻入試も今日から始まりますね。
受験生も入試業務をやってる教職員もみんな頑張れ!


美大受験の疑問に答える「ビダモン」、これまでの話はこちら。
【ビダモン】東京五美大一般入試スケジュールと受験生にアドバイス
【ビダモン】試験日の交通に関する7つのアドバイス
【ビダモン】美大入試当日に関する10のアドバイス
【ビダモン】美大実技入試に関するたった2つのアドバイス
【ビダモン】美大学科試験に関する7つのアドバイス
【ビダモン】美大受験で参考になったり元気が出るサイトを4つ
【ビダモン】美大実技試験の道具の話
【ビダモン】美大の募集要項で妄想する
【ビダモン】美大の募集要項で妄想する2
【ビダモン】美大の募集要項で妄想する3

 

妄想ネタを3つも続けちゃったので(笑)、今日は少しだけ真面目なネタをお送りします。
東京造形さんの合格発表日でもあるから、倍率の話を。


大学関係者なら恐らくこう言うでしょう。

就職率と受験倍率ほど信用できないものはない、と。

あ、ちょっとこの表現は語弊がありますな。
「ウソの数字を発表してる」というわけではなく、「いろいろな算出方法や解釈の仕方がある」「いろんな条件が重なるのでアテにできない」ので、「参考にはなるけど信用できるほどのデータではない」って意味です。就職率の話はまた時間がある時に。


理由の一つ目は「定員の変更」です。
一般入試の定員を減らし、その分をAO・推薦入試やセンター方式等に回すのはよくある方法。そうすると、一般入試の志願者数が減っても母数が減るので、倍率的には去年よりあがったように見えると。
地方だと「8割以上がAO・推薦入試の定員」なんてことはもうザラで、ある関西の美大関係者が「これだけAO・推薦で決まってると、一般入試は定員を補充するためにやってる2次募集試験のような感じ」とおっしゃってました・・。


2つ目は「併願」。
例えば、ムサビ視覚伝達デザイン学科受験者はタマビのグラフィックデザインも受けてる可能性が高く、またムサビ基礎デザイン学科やデザイン情報学科などを学内併願してる可能性も高いです。そして、一般方式とセンター方式を併願(厳密には「併用」)してる人も多い。でも合格した時の選択肢は1つだけで、全部合格しても他は全部「蹴る」ことになります。
これを「歩留まり率」といいますが、倍率が高いからといって合格者全員がそのままその学科を選択するわけではないから、本当の倍率は下がる、というわけ。ちなみに去年の日本全体の大学入学歩留まり率は39%なので、6割以上は蹴ってるということですね。これは「見た目受験者数を増やすために学内併願率を上げてるから」が現状だと思うのだけど。ちなみにちなみに日本で一番歩留り率が高いのが東京藝大の100%です。

なので、「合格したけど抜けていく人」を見込んで合格発表の合格者数は定員よりも多めに出します。 人気度だったり併願率が違うので、どれくらい多めに合格者を発表するかは当然各大学・学科バラバラだし、年によって変わります。通常は速報的に「志願者数を定員で割った数字=受験倍率」として出ることが多いですが、 「志願者数を合格発表数で割った数字」が「第2の倍率」。
多くの大学が入試データとして出してるのはここまでかな?


3つ目は「補欠」。
2月下旬になると「●●学科の補欠◎番だけど、大丈夫かな?去年って何番まで上がったの?」なんて書き込みやつぶやきが毎年あるし、大学への電話問い合わせも多いです。
手羽も東京造形彫刻は補欠だったので補欠の方の不安な気持ちもわかるんですが、この「去年の補欠の繰り上がり数」も、本当にアテにならない数字で。去年はいっぱい繰り上がったと思ったら、今年は数番で終わり、ってことはほんとよくあるし、もちろんその逆のパターンもあります。
これは「人気度が変わった」という考え方もあるけど、「もろもろのデータを参考にして今年は去年より合格者をたくさん出したから補欠の繰り上がりも減った」ってことがあるんです。「常に調整されてる数字」と考えてもらった方がいいのね。(今日の主題じゃないので詳しくは改めて書きます
んで、「志願者数を合格発表数+補欠繰上げ数で割った数字」が第3の「倍率」となり、 本当の倍率(入学手続き率)ってこの数字だったりするわけです。


では、皆さんが理解したか問題を。

定員50名で受験生300名。
「倍率はいくつですか?」だと・・・ま、6倍です。単純倍率なら。
でも併願で抜ける人も想定して発表した合格者数が60名だったとします。
第2の倍率は・・・・そうです。5倍になります。
んで辞退者が多く、補欠繰上げは40番まで回りました、と。
その学科の本当の倍率は・・・・・そう。実は3倍程度だったりするわけです。わかったかな?

「合格発表数は定員どおりで、補欠で補充する」というやり方が一番簡単なんですが、あんまり補欠が繰り上がりすぎると「あの大学は人気がないんだな・・」と思われたりするんで、どれくらい合格者を出して、補欠を発表するかってかなり難しく、ある意味大学と受験生との「かけひき」なんですね。
あ、「多く入学させちゃってもいいじゃん。悪いことじゃないでしょ?どーんと合格出しちゃいなよ」と素人考えで思いますよね?
入学者数上限に関する文科省のペナルティがあるから、定員ぴったり、もしくは若干多いぐらいになんとかしないといけないんです。これを無視してる大学もないこともないですが(ボソッ)。さらにこれが厳しくなるので、今後は合格者数を減らして補欠を増やす方向に行くんじゃないかと。
「去年より〇〇学科は多めに合格者発表したけど、意外と辞退者が少ないなあ・・あと二人くらい抜けてもらないと困るんだけど・・」という嬉しい悲鳴なケースもあるわけで。

ちょっと傾向が違うのがデザイン系とファインアート系の違い。
比較的デザイン系希望者は他学科も併願者してる人が多いです。例えば工デと空デを併願するとか。
でも、彫刻なんかは他大学彫刻との併願はあっても、彫刻と油絵を併願する人はほとんどいません。 また、 彫刻は美術予備校等で対策をせずに受験する人がほとんどいないので、見た目の倍率が低くても中間から上位層の「実技力倍率」「本気度」は高い傾向にあります。


つまり、何がいいたいかっていうと、倍率が高いからといって嘆く必要もないけど、倍率が低いからといって楽観視する必要もない。 倍率なんてものを気にしても仕方ないんで、頑張りましょってことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中