【本日最終日!】ムサビ卒展2016に行ってきた!その3

2017年1月22日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日いよいよ最終日なのです。
 

学科別で作ってる卒展パンフは手羽が確認できたところだと、視覚伝達デザイン学科、基礎デザイン学科、映像学科、芸術文化学科、デザイン情報学科が作ってました。
正門で配布してる全体卒展パンフよりも詳細がでてるので、まずはこれをゲットしましょ。それぞれの展示フロアにいけばもらえます。


昨日は1日卒展を見ることができました。
本来なら数記事に分けるボリュームなんだけど、展示が今日までなんで、いけるところまで書きます。

美術館ではファインアート系大学院が展示してます。
見てた人が「これは選抜展ですか?」と聞いてきましたが、やはり大学院生の作品はいい。


んで、地下道を通って、いよいよ14号館へ。

この地下道の空間は数年後には人気スポットになりそう気がする。
 

14号館の地下ギャラリー。
 
14号館は今年3月に竣工したばかりなので、今年初めて卒展会場として使われました。
1,2階は展示してないので「ん。何もやってないのかな?」と思われそうだけど、3,4階が展示フロアなんです。エレベータで上に上がってください。
14号館では工芸工業デザイン学科(インテリアとテキスタイル以外)が展示されてます。

金工や陶磁、ガラス等クラフト系。

こちらはインダストリアルデザイン。

今回見た中で「これ欲しい・・」と思った一番でしたね。

しかし、よく作れるもんだ・・。
 

彼は大学院生の綾部くん。
握り手に優しい木製スマホケース 陸前高田の企業が武蔵美と共同開発
これに深くかかわった人物です。
修了制作ではIot技術を使ったパッケージ、名付けてIoPを発表してました。もう卒業なんだな・・。


14号館を出て、すぐ隣の
 

体育館アリーナでは工デのテキスタイルが展示しています。
 

昔は長い布(専門用語を知らない)をぶら下げてるだけだったけど、最近は立体物だったり展開品も展示するようになりました。これはゴミ屋敷がモチーフになったもの。
 

キャンパスを二分する道路ですが、今はこんな感じです。
卒業式後の3月中に開通する予定で、こうやって北キャンパスへツーツーでいける卒展は今年が最後なのです。
 
14号館での初めての展示ということもありますが、来年はサイン計画をもっとちゃんとやった方がよさそうですね。なかなか北キャンパスで展示してることも伝わりにくいし、3,4階でやってることもパンフを見ないとわからないし。
 

 
次はアトリエ方面へ。

ちょうど在学生によるキャンパスをやってるところでした。50人ぐらい集まっていただいたとか。ご参加ありがとうございました!!


なにはともあれ5B号館110に行ってこれをやるしかないっしょ。

これをやれたことで今日のミッションは3分の1ぐらい終わったといっても過言ではない(笑)
「かぶる」というより「もぐってつける」感じかな。
 

こちらは何学科だと思います?
私も学生さんに聞いちゃったんですが、版画なんです。4日間ずーーーと公開制作をしてるそう。
5A号館108です。
 
 

あ、ゴミじゃありません(笑)
これが作品です。日本画学科なんです。
明日ゴミストックヤードにいくとこんな感じになってるような気もするけど(ぼそっ)
 
 

2号館に到着。こちらは視覚伝達デザイン学科の学生さんの作品。
もう素材で何学科なのかわらかなくなってきましたね。

2号館は5階に日本画学科と油絵学科の大学院、4階に油絵学科、3階に彫刻学科が展示してます。

これ好き(笑)
 

彫刻学科のFRPでできた巨大おせち。4階です。
ファインアート系は五美大展へ持っていくために「何をもっていくか」「どうやって梱包するか」「トラック何台いるか」ってのをやんなくちゃいけなくて、展覧会中に業者さんと確認をしています。
 
 

こちらが元美大日記メンバーのコミタクくんの部屋。
 

2号館から

9号館を通って(こちらはデザイン情報学科)、

「あ。ゲイブンがトークイベントやってる」とチェックしながら、

10号館4階の基礎デザイン学科フロアへ。

ムサビはエレベータが無い建物が多く、10号館もそうです。
なので「9号館のエレベータを使って渡り廊下で10号館の上層フロアへ行く」ってのがムサビ人のやり方。ご参考に。
 
こちらは原研哉ゼミ部屋。卒制でテーマが出るのは原ゼミぐらいじゃないかしら。今年のテーマは「生」

このイスやコーン、ブロックをよーーく見ると、

生クリームでデコレーションされてる。

聴診器のようなものを胸にあてると、心拍数とか音とかでいろいろ判別し、模様を作る装置。「自動的にテキスタイルパターンを作る」ってのがわかりやすいのかな?

これが手羽の心音で作られたパターン。
「手羽さんは心音が安定してますね」と学生さんに言われた(笑)
 

こちらの作品のタイトルは「ぬ」です。
「あ!」でも「ん?」でもない、ちょっと残念でやるせない、でも回避できない感情に名前をつけると「ぬ」。例えば「切ったらはさみについちゃったセロテープ」とか「固まった木工ボンド」とか。
手羽の「ぬ」はなんだろう。「サランラップがどこから始まりなのかわからなくなった」とか「クネクネが止まらない」かな?

原ゼミはアウトプットのレベルの高さもそうだけど、ちょっとしたユーモアが入ってることが多く、見てて気持ちがいい展示。


ああああああ。やっぱり1記事じゃ紹介しきれない。
明日につづくっ!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中