【ムサビ卒展2016】あなたの展示紹介します3

2017年1月18日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ明日からですよ。

平成28年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展
●会期:2017年1月19日(木)~22日(日)
●時間:9:00-17:00
●会場:
武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
*車でのご来場はお控ください。
WEB http://www.musabi.ac.jp/sotsusei/


■在学生による卒業制作展ツアー
●日時:2017年1月21日(土)13:00-14:00
●集合時間:12:30
●集合場所:12号館8階 第一会議室
●予約不要

 
 


  • 工デ・インテリア。Tシャツ山中先生がダウンジャケット着てて安心した。

  • 空デは学内中に展示してます。

この光景見てると、自分の卒展講評のことを思い出しちゃうんですよね・・。
先生から「手羽の作品はよくわからん」と言われて、その時は「年寄り教員にはこのセンスがわかるまい!勝った!!」と嬉しくて。でも、卒業してしばらくして作品写真見たら「・・なんでこんなの作ったんだろ?(汗)そりゃわからんよね(涙)」と。
前記事にも書きましたが卒制の時期っていつのまにか冷静な判断ができなくなってるもんで、先生や友達の指摘はおそらく当たってる・・と思った方がいいです。

あ、インテリアといえば、
https://www.facebook.com/2016int/
https://www.instagram.com/2016int/
インテはFacebookとinstagramで卒展情報を発信してるのを教えてもらいました。チェック!



というわけで、今日も学生さんから「宣伝して!」と依頼された企画や手羽が気になってる展示を紹介していきます。

●タイトル : 波
会場 : 9号館地下大展示室
空間演出デザイン学科4年 木村光

直接触って動かすことの出来る作品なので、是非体験しに来て頂けたら幸いです。

ムサビを志して手羽さんのブログを読み始めた頃から、いつか卒制の宣伝をして頂けたら嬉しいなと夢見ていました。いま、どきどきしながら連絡致します。
手羽さんとは、2013年の卒制ツアーに参加したときと直接お話ししたことがあり、わたしは当時宮城県の高校三年生。
どきどきしながら見てまわった卒制を、4年経ってわたしも提出したのかと思うと感慨深いです。


そうか、あれからもう4年なのか・・・。
2013年に手羽卒制ツアーを企画して参加者を募集したところ、宮城県の高3生が応募してきました。空デの公募制推薦入試に合格してて、「入学する前に卒展を見ておきたい」とわざわざ手羽ツアーのために上京してくれたんです。それが木村さん。
その時の様子はこちらをご覧ください。
手羽ちゃん卒展ツアー | 美大日記::ムサビの手羽
これから受験する人もそうですが、特に推薦入試で受かってる人は入学するまでのモチベーションをキープするために、卒展を見て「4年後の自分」をイメージするのは大事な作業かもしれない。
ムサビ卒展はしっかり作ってる作品がほとんどだけど、出展者が1200人以上もいるんで「それが卒制でいいの?・・」な作品もチラホラあります。やっぱり一瞬でそうかそうじゃないかがわかるもの。
あくまでも合格は「入学してムサビで勉強できますよ」であって、広報誌に登場するような未来を保証するものではありません。「入学して4年後あなたはどっちの作品を作ってたいですか?」を考える場になるはずです。


4年前といえば、この人もいますね。

●彫刻学科 小見 拓
●会場:2号館3階311教室


高専からムサビに入学したコミタクくん。
入学する前から美大日記を書いてもらってて、美大生じゃない唯一の美大日記メンバーです(笑)
美大日記::ムサビのコミタク
手羽ブログではあまり触れなかったけど、個展をたくさんやってたし、いろんな賞も受賞しています。受験前から大学に興味を持つ人ってのはそういう人なのかもしれませんね。
しかし、コミタクくんも卒業なんだなあ・・年を取るはずだ。
あ、彼は石彫の大作を主として新作旧作含めて数点を展示する予定とのこと。



ここからtwitterでの情報を。


 
 



展示室ではなく通路も展示スペースになっていますので見逃しちゃダメですよ。
 


 



基礎デの原ゼミ展示は見ておいた方がいいです。
 


 


 



パフォーマンスもやってるし、
  



ファッションショーもあちこちでやってます。
ショーはモデル探しが大変で、食堂とかで「卒展でショーのモデルをやってくれませんか?」と声があちこちでかかるんです。ええ。手羽は一度も声をかけられたことがありませんがそれが何か?
 



特撮好きな手羽が一番気になってるのはこちらの作品。ビビッドマン関係者なのかな?
 



吹き抜けでも展示してるし、



芸文の学生さんが12号館1階でパフォーマンスをやってたりします。
ムサビ卒展は気が抜けないのです!


 

 
明日は「短い時間でムサビ卒展を攻略する方法」を書きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中