【ムサビ卒展の疑問にお答えします】あなたの展示を宣伝しましょ!

奥さんが「SMAP解散?聞いてないんだけど」と言い放った手羽です。なんであんたに相談しないといけないのよ・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ明日からなのです!!


■平成27年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展

●会期:2016年1月15日(金)-18日(月)
●時間:9:00-17:00
●会場:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス
●特設サイト:http://www.musabi.ac.jp/sotsusei/

*駐車スペースはございません。お車でのご来場はお控ください。
交通アクセス
 
学生による卒業・修了制作展 ぐるっとツアー
●2016年1月16日(土)
13:00-14:00
●2016年1月17日(日)
13:00-14:00
14:30-15:30
 *事前申込不要
 

Q13.手羽さんは毎年どうやって見てるの?
手羽も仕事があるんで全部をゆっくり見てる時間はなく、実は「部屋に入ったらサーーと見て、目につく作品だけをチェックする」って方法で毎年見てます。
「え。ちゃんと全部見てないの?」 「目立ったもん勝ち?」と学生さんに言われそうですが、でもそんな見方でも、後で発表される優秀作品や研究室賞に選ばれる作品ってだいたいチェックできてるんです(笑) 「あ、やっぱりコレが選ばれたんだな」と。もちろん見逃すものもあるけどそれは2割ぐらいかしら?
手羽がセンスがあるわけじゃなく、いい作品・研究テーマは自然と目に飛び込んでくるってことですね。ちゃんと展示方法にも気を使ってる人は作品もいいはず。ま、そんなもんなんじゃないかと。 なんだかんだやっぱり。

入口から見て、入らず素通りする部屋もあります。
その見極めはどこかというと 「午前中見に行った時に照明がついてなかったり、PC、モニタ、プロジェクタ等の電源が入ってない作品がある部屋」です。
入口からそれをチェックして、そういう作品が2つぐらいあればその部屋には入らないことが多いです。 来場者に対して、そして自分の作品に対してそういう気持ちしか持っていない学生さん達が集まった部屋にいい作品があるわけがなく。きっと外の展覧会に行った時は皆さんも同じように感じますよね?身内なので、むしろそこは厳しいです。
自分の作品を見てほしいと思ってるのならなんとかするはずだし、全員が9時に出てくるのが大変なら(たかだが4日間の話だけど)交代制にすればいい話で。また、ひとつでも作品の電源が入ってなかったら部屋全体の空間が悪くなります。つまり自分の作品展示に影響が出ちゃうのに、それをほったらかしにするってことは・・・ってことです。


下は去年の卒展土曜日午前9時半ごろに撮った写真なんですが、油絵学科が展示してる5B号館に行ったら、照明がついてる部屋が半分ぐらいしかなかったんです。

お客さんがいっぱいやってくる土曜日の9時半に、ですよ。 「え。電気ついてない部屋は展示してないのかな?今年は5B号館を使わない方針?」と一部屋入ってみたら作品がちゃんと展示されてるんです。でも照明がついてないし誰もいない。
なので去年は5B号館をほとんど見てません。

作品のコンセプト・完成度うんぬん以前の話のように感じてて。

「卒業制作を作っている人にアドバイス」という形で以前こんな記事を書きましたが、
手羽の卒業制作15ヶ条その1
手羽の卒業制作15ヶ条その2
手羽の卒業制作15ヶ条その3
手羽の卒業制作15ヶ条その4
裏を返すと、「観覧者がチェックすべき項目」でもあり、手羽はここに書かれてることができてない作品は時間をかけて見ないようにしてます。

ま、いろいろ書きましたが、本当の願いは「火事さえ起こさなければ・・・」なんですけどね・・。
去年の卒展片付け期間に第2校舎でボヤが発生したんです。
【現地画像】武蔵野美術大学で火事 武蔵美 ムサビ 1月19日【火災】 - NAVER まとめ
11年前にムサビは卒展準備中に7号館で大火事を起こしてるんだけど、「火に対して気が緩んでる気がする」と去年ブログで書いたらほんとに火事が起きて・・。 
 


Q14.私の展示を宣伝してくださいよ!
「メッセージくれたら宣伝しますよ」と書いたら、たくさんの方から・・・・2名から連絡が来ました(笑)
たくさんの人に見てもらった方がいいに決まってるんだけど、なんでかわからないけど学内展って友達以外にはあんまり知らせないんですよね。
メッセージを送ってくる人は「外に対する意識が強い学生さん」でもあり、その人の作品が悪いわけないっす。
ぜひ会場にいってください!!


まず一人目。
=======
ムサビデ情4年の岡嶋です。卒制の宣伝をお願いしたく連絡いたしました。

▼『君は、東京の夢を見たか?』
●場所:9号館3階306教室 タスクルーム
●時間:期間中常時
全天球映像を主としたインスタレーションです。複数のモニターやスピーカーが配置された空間で、360°の視界をカバーする映像を専用のヘッドマウントディスプレイで鑑賞する、新感覚の映像体験です。

■予告編

こちらの予告編は、スマホのYouTubeアプリで見ると、スマホの動きに合わせて全天球映像が見られます。*ブラウザには対応してません。

=======
この予告編動画、だまされたと思ってスマホのYouTubeアプリで見てください。今はこんなことができるんですね。


二人目。
=======
ムロタは、オトトヒトに関するセルフドキュメンタリー、映像・冊子・ライヴ企画やります!

▼ムロタマユ卒業制作
●会期 : 2016年1月15日(金)-18日(月) 9:00-17:00
*1月16日(土)、1月17日(日) はライブあり
●ライブアクト:
・1月16日(土) 
 11:00 – 11:30 近藤ていゆう
 14:00 – 14:30 よだまりえ
 15:30 – 16:00 原田茶飯事
・1月17日(日) 
 14:00 – 14:30 笹口騒音ハーモニカ+百瀬巡
 15:30 – 16:00 HARCO
●場所: 12号館1階ロビー
●料金 : 無料(予約不要)
https://murotamayu.wordpress.com/
https://murotamayu.wordpress.com/
http://uroros.net/eventnews/8736/
●予告編


=======
ムロタマユさんは芸術文化学科4年で、芸術祭で「オトトヒト」を企画された方。
PARTNERでも何回か紹介されてますね。
ムサビ芸祭史上最大の音楽フェス「オトトヒト」!代表×副代表の直前対談!
【ムサビ芸術祭】あなたの企画宣伝します!!!!

学内卒展でプレスリリースを流した学生さんは初めてじゃないかしら・・相変わらずの広報力・・・。


ムサビ卒展といえば、朝日新聞さんにこういう形で学生さんが紹介されてました。
マタニティーマーク どう考えますか?:朝日新聞デジタル
菊池さんは視覚伝達デザイン学科の齋藤ゼミなので、ぜひ実物をチェックしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中