【恥ずかしい】2021年度ムサビ卒業・修了制作展に行ってきた3 #ムサビ卒展

2022年1月16日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●会期:2022年1月13日(木)-16日(日)
●時間:9:00-17:00(入場16:00まで)
●会場:武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
●入場無料

※来場の際は公共交通機関をご利用ください。
※事前予約制。予約サイトはこちら


東京藝大の油画学内卒展が1日だけになっちゃったようですね。
ムサビ卒展や職員による進学相談会(1号館3階でやってます)、手羽と学生さんによる事前予約制キャンパスツアー(定員に達しました)は予定通り開催されますが、どっちの判断が正しいかは今は全くわかりません・・中止にして正解だったかもしれないし。
 
最後のお願いです。


  • 参加証を確認できるスマホ等をご持参の上、

  • 公共交通機関を利用し、

  • 不織布マスクをつけて、

  • 午前9時以降に来場してください。

ご協力お願いいたします!


1日1時間3本のキャンパスツアーはさすがに疲れました・・いや、「1日3本ぐらいやれるよ。若い頃は4本ぐらいやってた」と言ったのは手羽なので自分で招いたことなんですが。

以下、ツアーに同行してくれた広報スタッフとの会話
スタッフ「ちょこちょこ笑いが起きてましたね」
手羽「言い方!!ちょこちょこって滑りまくってるみたいやん!」
スタッフ「あ。『手羽さんが笑わせようとしたところは笑いが起きてた』かな」
手羽「うーん、微妙な言い方だけど、まだその方がいいや・・ちゃんと『受けまくってました』と周りにいってよ」
スタッフ「嘘は言えません」

・・・・心で泣きながら、今日もテンション高めで頑張りまっせ!
 

キャンパスツアーの合間にデザイン系の展示を駆け足で見ることができたので、少しだけレポートをお送りします。


  • この3日間のデータを見ると、午前は比較的来場者数は少なく、午後2時ぐらいから混みだす感じです。ゆっくり自分のペースで見たい人は絶対に朝から来た方がいいです

7号館3階の空デの展示。キノコの部屋。
ちなみにヒロアカにキノコの胞子をまき散らして、相手の体や肺にキノコを生やすエグい個性の子がいるんですが、あれを見てからキノコだらけの空間が怖くなりました(笑)


  • 7号館2階にはこんな巨大な作品も。


  • 7号館と8号館をつなぐブリッジから屋外作業場を見た風景。ここに展示されてます。しかし、エレベータ棟とブリッジができてほんと移動が楽になりました


  • 8号館3階は建築学科のメインフロア


  • 8号館2階は全部視覚伝達デザイン学科のフロアです(視デは10号館3階でも展示してます)


  • 「出所者とデザイン」という気になるテーマ


次は9号館へ。


  • 4階はデザイン情報学科のフロア。

このスイッチの作品が面白かったです。何時間でも遊べる。スイッチが嫌いな男の子はいない。

個人的には仮面ライダーフォーゼを思い出します。
 

北キャンパスへ移動し、工芸工業デザイン学科の14号館へ。


  • 4階はインダストリアルデザイン。


  • 3階は金工や陶磁などのクラフトデザイン系が展示されてます。この作品も見ることができた!


  • 14号館は部屋だけじゃなく、こういうところも展示されてるので要注意。


  • ガラス。

これすごくないですか?ガラスで作られたサクスフォン。

全体的に今年は工デが良かった気がしました。
手羽の経験上、工デと彫刻がいい年は卒展全体もいいことが多いんですよ。


  • 地下1階にテキスタイルがまとまってます。


  • 1階にもテキスタイルあります。

空間演出デザイン学科はほんとキャンパスのあちこちで展示してて、14号館にもあります。


  • 4階はファッションショーかな?

14号館と15号館の間に巨大空間作ってるのも空デの学生さんです。
下からはわからないけど、こうなってたのか。しかし、これお金かかってるなあ・・。

あ。14号館下の空デの作品、ちょうどパフォーマンスしてるところを見ることができました。
動画撮ってきた!

タイムテーブルはこうなってます。

個人的にはタイムテーブルよりも横にあったこっちの張り紙が気になりました。

素材のサスティナブル。これすんごく大事。
卒展は終わった後に大量に出るゴミが毎年問題になってて、これを早く解決したくて。


そして15号館クリエイティブリーダーシップの修了制作を。

来年はCIの初めての卒展だから、CIらしく「ゴミの出ない卒展」「サーキュラエコノミーの卒展」をテーマにしてもいいかもしれませんね。
 
 
1日1時間のキャンパスツアーを3本やってると、駆け足でもこれくらいしか見れませんでした。
今日はファインアート系見れるかな・・。

 
 
では、ここから最後の「勝手に展示を紹介して学生さんに『手羽さんイケメン』と言わせる」プロジェクト!だぶってたらごめんなさい。
 
今日もちびくろ括りから。












































以上、

「恥ずかしい」の手羽がお送りいたしました。
10号館4階原ゼミの部屋でツアー中に撮影。
被り物があったら、そりゃ被るでしょ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカとハイキュー!と合体変形ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し