【手羽のおススメの作品は】2021年度ムサビ卒業・修了制作展に行ってきた1 #ムサビ卒展

2022年1月14日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●会期:2022年1月13日(木)-16日(日)
●時間:9:00-17:00(入場16:00まで)
●会場:武蔵野美術大学鷹の台キャンパス
●入場無料

※来場の際は公共交通機関をご利用ください。
※事前予約制。
予約サイトはこちら

卒展初日はキャンパスツアーに向けて下見をしてきました。
ルートの確認だったので教室の中を細かく見る時間はなかったけど、全体をざっと見ることができたので爆速レポートをお送りします。
 

その前に最後のアナウンス。

事前予約をされたら、参加証を確認できるスマホ等をお持ちの上、公共交通機関を利用し、不織布マスクをして、午前9時以降にご入場ください。

これだけ守ってもらえれば。

では構内を歩きながら気が付いたこと、「やっぱりここはもう少し伝えた方がよさそうだな」と感じたことを中心に書いていきます。

小平、寒いっす・・。
キャンパスを歩きだすと体は温まるのだけど、それまではやっぱり寒い・・暖かい恰好でお越しください。


もし、教室等でこういうシーンに出会った場合。

教員が学生さんに作品の講評をしてるものと思われます。こちらは8号館2階視覚伝達デザイン学科。
私たちもいつどこで講評をやってるかわからないので、講評シーンに出会えたらかなりラッキーなんです。
先生がどういうコメントをしてるか、ぜひ耳を傾けてみてください。「へー。そういう視点があるのか」と多分感じられるはずです。


卒展だと突然怪しい集団が構内を歩いてることがあります。

中央広場を黒装束の軍団が!

多くは、空間演出デザイン学科のファッションショーやパフォーマンス。
ほんとに学内全体が美術館であり、ファッションショーの会場で、考えてみたら「屋外のファッションショー」って、他美大の卒展ではあんまり聞かないですね。ムサビ独自の文化なのかな。
にしてもファッションショーってモデルさんを探すところから始まるわけで、これだけの人数を確保するのってほんと大変だろうなあ・・。

こちらは映像学科の学生さんのパフォーマンス。
美術館前と10号館前芝生を移動してますね。


作品近くにこういうマークを見つけた場合。

優秀賞や研究室賞(またはその候補作品)に「優秀賞」などのマークが張られてることがあります。
「なんらかの評価が高かった作品」→「その学科のおススメ・現状」ということなので、時間をかけてみた方がいいです。


手羽が「例年よりいいなあ」と思った場所は、

12号館地下展示室です。
様々な学科が入る合同展示場で、例年より作品数が多いのかな?
にぎやかで、それでいて作品それぞれのレベルも高かった気がします。


9号館1階ゼロスペースも好きな作品がいくつかありました。

 
また、屋外作品も相変わらずたくさんあります。

こちらは北キャンパス14号館下。空間演出デザイン学科の作品ですね。

2号館下には巨大な眼鏡が(笑)

合同展示スペースや屋外の大型作品は、その年の卒展のイメージを作る傾向にあるので、いい作品が多いと「なんか今年の卒展はいいなあ」と感じることが多いです。

にしても、

8号館下のこの作品はほんとに人が座ってるように見えてドキっとします。。


手羽の今のところの一押し作品はこちら。

2号館1階鉄工房の彫刻学科の作品。
タイル状に切った鉄板で巨大な馬を作って、あの鉄工房にぶら下げてるんですよ。
作品自体も「よく作ったなあ」と思うけど、この巨大空間がすんごくいいんです。他学生さんの全面的な協力がないとできないことですね。
写真だと全然迫力がでないので、ぜひ実物を見てください。
 

レポートはこんなところにして・・・あ、そうだ。
映像学科のこういうサイトがスタートしています。
武蔵野美術大学映像学科卒業・修了制作展 2021| ONLINE GALLERY
会場で上映する映像作品を期間限定で公開してるで、ムサビに来れない方はこちらをチェックしてください。


さ、恒例の「勝手に学生さんの展示を紹介するから『手羽さんイケメン』とつぶやけ」のコーナー。
かぶってたらすいません。
 























































気のせいか、視デ・基礎デ・デ情・日本画の学生さんのツイートはよく見かけるんだけど、その他の学科の学生さんはちゃんと宣伝してるのかな?


以上、キャンパスを1日歩き回ると疲れるので、

休みながら卒展をご堪能ください、の手羽がお送りいたしました。
建築学科の学生さんの作品で、地下通路ガレリアにあります。作者さんがいると座れるみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカとハイキュー!と合体変形ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し