【 #美大受験 2021】倍率は全然信用できないって話 1 #募集定員と補欠のトリック #広報会議

2021年2月11日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#美大受験では、ムサビまたは関東美大の一般入試(AOや推薦入試じゃない入試)を具体例で使うことになりますが、基本的にはどの美大受験にも参考になるはずです。
これまでの話はこちらから▼
東京五美大2021入試カレンダーからわかるたった1つのアドバイス
コロナ対応の入試変更点は重要な情報だから、マメにチェックしよう
ムサビの実技試験で絶対に忘れちゃいけないものを1つ断言します
美大実技試験に関するたった1つのアドバイス
美大の学科試験当日に聞いても役に立つ2つのアドバイス
2021年度東京4美大一般選抜志願者数(確定版)から言える1つのアドバイス
*間違った情報を書いている可能性もあるので、募集要項等大学公式情報で必ずご確認ください。
 

女子美、東京造形、ムサビの一般選抜がとりあえず終わり(まだコロナ追試とかあるけど)、女子美はA日程の合格発表もあったので、ぼちぼちこの話題に触れていきましょう。

 
大学入試関係者なら口をそろえてこう言うはずです。

去年と今年の受験者数・倍率・補欠繰り上げ数比較ほど信用できないものはない。

あ、ちょっとこの表現は語弊がありますね。
「ウソの数字を発表してる」というわけではなく、「いろいろな算出方法や解釈の仕方がある」「いろんな条件が重なるのでアテにできない」ので、「参考にはなるけど信用できるほどのデータではない」って意味です。
これまでも少し触れてきましたが、このシリーズでもう少し細かく説明していきますね。

理由は3つあります。

1つ目は、「定員の変更」
総入学定員は変えず、他学科に定員を回したり、一般選抜の定員を総合型(AO)・学校推薦型(推薦)に回したり、一般方式の定員を共通テスト方式等に回しているんです。

具体例として、タマビの一般選抜一般方式の募集定員推移を作ってみました。。
あ、早とちりする人がいそうなので念のために書きますが、入学定員ではなく、一般方式の定員です。お間違えなく。

微妙に数が変化してるのがわかりますね。
タマビでさえ前年度の入試結果等を元に、一般方式の定員を共通テスト方式やAO・推薦の定員に振り替えたりしているんです。
なので、その学科の志願者が減ったとしても、その方式の募集定員もちゃんとチェックしないと倍率が上がってる可能性がある、というわけ。

2つ目が「補欠」
2月下旬になると「オレは●●学科の補欠◎番だけど、大丈夫かな?去年って何番まで上がっか教えて」なんて書き込みやつぶやきが毎年あるし、大学への電話問い合わせも多いです。
でも、この「去年の補欠繰り上がり数」も、本当にアテにならない数字で。
去年はいっぱい繰り上がったと思ったら、今年は数番で終わり、ってことはほんとよくあることだし、もちろんその逆のパターンもあります。

これは「人気度が変わった」という考え方もなくはないけど、「併願率等もろもろのデータを参考にして、去年より合格者をたくさん出したから補欠の繰り上がりも減った」ってことがあるんです。

意外と知らない人が多いんだけど、多くの大学は合格したけど抜けていく人を見込んで合格者数は定員よりも少し多めに出すもんなんですね。
ムサビを例にするとこんな感じ。

これ見ると「募集人員≠合格発表数」が一目瞭然。
どれくらい多めに合格者を出すかは当然各大学・学科で判断バラバラだし、3で説明する「併願率」を踏まえて年によって変わります。なので「補欠数は毎年常に調整されている数字」と考えてもらった方がいいのです。(詳しくは改めて書きます)

「合格発表数は定員どおりにして欠員でたら補欠繰り上げする」が一番簡単なやり方なんだけど、あんまり補欠が繰り上がりすぎると「逃げられてる=人気がない」と思われてしまう可能性があるんですね。
どれくらい合格者を多めに出して、補欠を発表するかってかなり難しく、いろんなデータを見て合格者数は決められており、ある意味大学と受験生との「かけひき」と言えます。

 
「でも多く入学させちゃってもいいじゃん。倫理的な問題はあっても大学経営上悪いことじゃないでしょ?その分学費収入が増えるんだから。どーんと合格出しちゃいなよ」と素人考えで思いますよね?
でも入学者数上限(超過率)に関する文科省のペナルティがあるから、特に最近は定員ぴったりぐらいにしないといけないんですね。(もう少しで入学定員充足率1.0 倍じゃないと補助金減額になりそうだったけど当面見送りになりました)
なので 「〇〇学科は去年手続き率が悪かったから多めに合格者発表したけど、意外と辞退者が少ないなあ・・あと二人くらい辞退してくれないと困るんだけど・・」という嬉しい悲鳴なケースも最近は多いようです。

つづくっ!!
 
 
以上、
SNSの登場で変わる発信 大学職員もメジャー化へ | 広報会議デジタル版
に突然手羽の名前が出てきて、「この方面の先駆者で、業界の有名人」と書かれて有頂天の手羽がお送りいたしました。
有料記事の先は読めないけど、画像見ると瓜芸・木原くんも多分紹介されてますね。ちくしょ。干されたらいいのに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカとハイキュー!と合体変形ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し