【 #美大受験2021】東京五美大2021入試カレンダーからわかるたった1つのアドバイス

2021年1月31日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京藝大卒展レポートはちょっとお休みして、美大受験生の疑問にお答えする恒例の「#美大受験」シリーズをお送りします。
#美大受験2021 では、ムサビ、または関東美大の一般入試(AOや推薦入試じゃない)を具体例で使うことになりますが、基本的にはどの美大受験にも参考になると思います。

おっと、大学関係者から突っ込まれる前に先に触れておきます。
文部科学省からのお達しで、実は入試区分の名称が変わったんですよ。
3-1-2 入試区分の名称はどのように変更されるのでしょうか。:文部科学省
・「一般入試」<変更前>⇒「一般選抜」<変更後>
・「AO入試」<変更前> ⇒「総合型選抜」<変更後>
・「推薦入試」<変更前>⇒「学校推薦型選抜」<変更後>


つまり、これまでの「一般入試」は「一般選抜」になったので、さっきの説明も「一般選抜(総合型選抜や学校推薦型選抜じゃない)」が正しい表記になります。
でも、わざわざ「一般選抜」と言ってるのはまだ受験関係者ぐらいだし、「一般選抜入学試験」という表現を使ってる大学もあるし、何が正しいのか手羽もわかってないんで(笑)、#美大受験2021では「一般入試」「AO・推薦入試」という言葉も併用して使うことにします。

 

いよいよ明日2月1日から女子美・東京造形・日芸を皮切りに東京五美大の一般選抜がスタートするので、今日はスケジュールから言える受験生へのアドバイスを。


2021年度東京5美大一般選抜カレンダーはこんな感じになっています。


  • *保存すると大きく見れるはずです。

■注意事項
( 1)30分ぐらいで作った表なので間違えてるかもしれません。受験生は各大学募集要項を必ずチェックしてください。あくまでも「ざっくりイメージ図」ぐらいに思ってもらえれば。間違ってたら教えてください・・>各大学関係者
(2)学科or専攻名が書いてあるのが専門科目(実技や小論文等)試験日です。
(3)選択制の専門科目も表記してるので、その日に受験しない人もいます。
(4)同大学で試験日がかぶっていても午前or午後で両方受験できる場合もあります。


こうやって一覧にすると、近い領域の専門科目試験、特にタマビとムサビで併願しそうな領域は比較的日程がかぶってないのがわかるんじゃないでしょうか。
ま、そういうことです。

今年は東京造形の絵画とタマビ油画、女子美の学科試験とムサビ油絵の試験日がかぶったので、志願者数に影響が出るかもしれない・・と言われてます。4美大が志願者数を発表したらいつものごとく調べてみます。


で、今年の東京5美大入試日程の一番大きな変更点は、「タマビとムサビの学科試験日が1日のみになった」です。去年まで両大学とも「学科試験A日程」「B日程」があり、両方受けて高い点数の方を使うことが出来たんだけど、今年からそれが廃止になりました。ま、15年前ぐらいまでは1日のみだったんで、昔の状態に戻っただけなんだけどね。

これによる変化が「全体の入試日程が短縮された」
昨年度の五美大入試カレンダーと比較すると


  • ↑これは2020年度入試カレンダー

タマビとムサビの日程がすんごく短くなってるのがわかるでしょ?
これまでお互いの学科試験AB日に大きな試験科目がかぶらないような日程になっていたけど(ま、そういうことです)、学科試験日がお互い1日になることで全体的にムサビは2日間、タマビは3日間入試日が短縮されました。
「学科試験のチャンスが減った」という考えた方もできますが、この20年で統合デザイン学科、クリエイティブイノベーション学科など新学科や新試験科目が生まれ、日程がいつのまにか長期化してきたんですよ。それが今回見直された、と。

例えばムサビだとデザイン系実技試験は3時間、ファインアート系だと6時間で行われることが多く、しかも1科目だけでなく、だいたいは「鉛筆デッサン」+「デザイン」等2科目受験が必須です。なので学科試験(国語・外国語)も合わせると、希望学科によっては3日間終日受験することになります。
また、1学科しか受験しない人よりも
●平面デザイン系希望者は、タマビグラフィック・情デ・統合とムサビ視デ・基礎デ・デ情等
●立体デザイン系希望者は、タマビプロダクトとムサビ工デ・空デ等
と併願するケースが多く、全体の入試日程が短縮された方が受験生の体力・集中力や上京組のホテル代などメリットが大きいんですね。

例えば「ムサビとタマビの(いわゆる)平面デザイン系学科を全部併願受験する」と仮定したら、

これはかなり極端な例だけど、去年だと中日をいれつつ12日かかってたのが今年だと連続10日と2日間短縮されています。

とは言っても、連続10日間です。

集中した状態を10日持続させるのは相当大変なことだし、一度風邪引いてしまうと全部に影響してしまいます。
「あれを持っていけ」「事前にこれ見とけ」「要注意!」「これがあると便利」「こういう恰好しろ」といろんな美大受験アドバイスが存在し、手羽も書いていくけど、結論をシリーズ初回で書いてしまえば、この一言に尽きます。

美大受験は体調管理が一番大事。

出るかどうかわからん英単語をで直前まで徹夜して今更100個確認したり、夜に電車に乗ってどこかで何時間も実技練習するくらいなら、体力維持と精神面・体調管理、インフルやコロナ感染のリスク管理のためにしっかり寝た方が断然効率的。

上京してホテル生活をしてる受験生は、ホテルで実技の練習もなかなかしにくいはず。
「東京の人は美術予備校で実技練習してるのに自分は・・・」とあせっても仕方なく、

割り切って、ホテルでゆっくりとYoutubeでかわいい猫動画を見るのもいいし、これを機にブルーピリオドを全巻読むのもいいかも。このご時世、出歩くのも難しく、それぐらいしかホテルじゃやることないしね。
ちなみに手羽のオススメアニメは美大受験とは全然関係ないけど(笑)、「宇宙よりも遠い場所」です。先週Netflixで見て5回泣きました。全13話だからすぐ見終わります。
同じシーンをすぐ見直してもまた泣いちゃうんですよね。マジおすすめでこの感動を共有したいんだけど見た人います?

あ、付き添いのお母さんにも一人の時間を作ってあげましょ。お互いイライラしてホテルで喧嘩するほどバカらしいものはありませんから(笑)

 
明日は今年の入試で一番伝えなくちゃいけないことを書きます。
 

以上、いつもは年が明けると入試モードにギアが一気に入るんだけど、今年の手羽はこんな感じで2月中旬まで療養中なもんで、実は入試がいつから始まるか昨日までわかってなかった手羽がお送りいたしました。
「なんか最近みんなからのメールが遅い時間に送られてくるなあ・・あ。入試が近いのか」と昨日気が付き、「芸大卒展レポートなんてやってる場合じゃないぞ(汗)」と(実話)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカとハイキュー!と合体変形ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し