【 #美大受験2020】大学職員っぽい人の勧誘と裏ルートとお守り

2020年2月7日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美大受験生の疑問にお答えする「#美大受験2020」シリーズをお送りしてます。

#美大受験 では、ムサビ、または関東美大の一般受験入試(AOや推薦入試じゃない)を具体例で使ってますが、基本的にはどの美大受験にも参考になるはず。
これまでの話はこちら。
東京五美大2020一般入試スケジュールからわかる2つのアドバイス
交通に関する8つのアドバイス
美大入試で必要な持ち物に関する4つのアドバイス【カルトンと食パン】
美大実技試験に関するたった1つのアドバイス
東京4美大2020年度一般入試志願者数(確定版)から言える1つのアドバイス
美大の学科試験に関するたった1つのアドバイス
*間違った情報を書いている可能性もあるので、募集要項等大学公式情報で必ずご確認ください。
 

ムサビ入試は昨日学科試験Aも終わり、後半戦に入りました。手羽も残す試験監督はあと1つ。受験生もスタッフももう少し!


今日はほんの少しだけムサビ入試に役立つ話をお送りします。
 
昨日、ムサビからこういう情報がアナウンスされました。
武蔵野美術大学|入学試験場周辺での勧誘行為にご注意ください

学科試験日はどの美大も一番受験生が多い日なので、いろんな勧誘があります。
国分寺バス乗り場近辺や上水公園、タマビだと橋本駅周辺やタマビ近くの空き地で大学職員っぽい人たちが
「はーい。受験生はここに並んでー。とりあえず名前と受験番号、保護者氏名、住所、連絡先を書いてくださーい。合格した時に必要になりますので。料金は●●円でーす」
と声をかけてくることがあります。
「受験生っぽい人が並んでるし、なんか大学職員っぽい人が受験生って言ってるし、合格した時に必要って言ってるし、よくわからんけど並んでみるか」で行列が行列を呼ぶケースが多いよう。

はっきり言います。

大学関係者や大学委託業者が学外で名前や住所、電話番号、メアド等を聞いたり書かせたりすることは100%ないし、アプリ登録を薦めたりも絶対にしないし、ましてやお金を徴収することは1000%ありません。
今時の合格発表は大学のサービスとして無料でWEBで確認できるし、合格書類は発表日すぐ送付されます。 「美大受験生」というグルーピングの個人情報をゲットできれば業者からすれば万々歳なので、今どきはお金を取らないかもしれませんね。
昔は「合格電報屋」と呼んでましたが今は「合格」という言葉を出さないケースもあり、手口が巧妙になってるので気を付けてください。
次出没する可能性があるのは学科試験Bかな。

・・てか、さっきはスルーしたけど、そもそもみんなが言う「大学職員っぽい人」ってなんやねんって話で。


  • 2分で描いて彩色

と言いつつ、文科省とかの説明会にいくと、駅から「あ、多分この人は大学職員だろうなあ」というのがだいたいわかるんですよね。
こんな感じの「中肉中背+メガネ+なで肩+ペットリな髪+自分の体型と合ってないヨレっとした紺スーツ+ネームホルダー」だとほぼ大学職員と確定してよくて。
・・って、いるなあ、こういう人・・あ、特定の人物ではなく想像上の人物なのでよろしくお願いいたします。

 
また、正門付近で無許可で美術予備校がパンフレットを配布したりもしてます。
当然ですが、大学がお願いしてやってもらってるものではありません。
個人的には「これはある程度仕方ないのかなあ。近隣の方の迷惑にならないように予備校さんはゴミもちゃんと拾って帰ってね・・もらったものを玉川上水遊歩道に捨ててて、これもご迷惑になってるからそれもできれば回収してほしいのだけど・・」とは思ってますが。


玉川上水遊歩道といえば。
ムサビ受験公式推奨ルートは「鷹の台駅から玉川上水遊歩道を使って徒歩18分」です。
天気がいいとマイナスイオン浴びれて気持ちいいし、バスと違って混まないので私も大推奨してますが、道がガタガタなので雨降ると大変だし、キャリーバッグに画材を入れてる人はちとつらい道ではあります。
「そういう時は鷹の街道を通れ」とアドバイスする人がいるかもしれないけど、鷹の街道は朝夕の交通量が多いわりに歩道が狭いから、傘さしてキャリーバッグゴロゴロはかなり危険。


  • こちらが大学公式ルート

  • 手羽のオススメルート

なので、玉川上水まで来たら橋を渡ってすぐに右に曲がって舗装道路を歩くルート(右側に玉川上水を見ながら歩くルート)を使うと、足元が汚れずに、なおかつガタガタもないのでキャリーバッグをガラガラしながら歩きやすいです。
マップだと橋からずいぶん向こうにあるように見えるけど、実際は玉川上水沿い。
ただ2つ注意事項があります。
・このルートはときどき車が通るのでスマホ歩きは厳禁。
・右側をずっとチェックして歩道橋を超え、テニスコートが川向うに見え、小さな橋が出てきたらそれを渡ってください。それを見逃すとずいぶん遠回りすることになっちゃいます。

この橋です。


最後にもうひとつ。
武蔵美通信2月号にMAUグッズにまつわる話が出てました。
それによると、株式会社武蔵野美術大学出版局が出してるナップサック


を愛用してた生徒さんがムサビに合格したことから、その美術予備校ではこのナップサックが合格祈願アイテムになったそう。

とってもいい話だけど、どうせなら「ムサビ日記を読んだ人は合格する」というデマを流してくれたらいいのにと思ったり。


以上、毎年「国語の試験でムサビ日記が引用されたら、在庫が一気に減るんだけどなあ」と思ってるけど全然採用されない手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中