【ほぼフェス状態】ムサビオープンキャンパスに行ってきた2(東京造形も)

2018年6月11日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の時期にやってるんだから雨は仕方ないもんだけど、ここ数年は晴れが続いてたんで・・きっと今年から担当になったスタッフに雨男がいると見た。

でも、

この雨でも来てくれる方は本当にありがたい。
昨日来てくれた方には受験時に5点ぐらい手羽ちゃんポイントを出してあげたいくらい。


ここからオーキャンのレポートを一気にお送りしますが、初日に撮ったものもごちゃまぜにしてます。


  • 7号館下の教職閲覧室の前


  • 教職カフェにはスナッカー伊東先生がいた。


  • 「工業工芸」じゃなくて「工芸工業」!


  • 学生さん手作りのコースターがもらえます


次は9号館。
9号館は芸術文化学科、デザイン情報学科、基礎デザイン学科がイベントをやってます。


  • 真ん中は基礎デのポスターなんだけど、アレにしかみえない。うん、キューピーの頭にしか見えないね


  • 皆さん1階で休憩されてていい空間になってました。


  • 客員教授の林家たい平師匠による公開授業。気合入ってました


  • デザイン情報学科は公開講評会をやってた


  • 教員による相談スペース


  • 教員紹介パネル。


  • 地下1階展示室では基礎デザイン学科


  • 学生作品の展示と、


  • 恒例のガチ講評会

続いて8号館へ。
8号館は昨日紹介した空デや工デのインテリア、テキスタイルの他に建築学科、視覚伝達デザイン学科が入ってます。


  • 吹き抜け


  • 壁の塗料の剥げ具合がいい感じ


  • 1階では建築学科のワークショップ


  • 建築のメインフロアは3階で学生作品展示をやってました


2階南側が視デ。


  • 実技入試合格参考作品の展示や


  • 今年の鉛筆デッサン実技試験のモチーフが組まれてた。


  • ワークショップはこんな感じ


  • 3年生「空間構成Ⅲ」公開授業


  • 齋藤ゼミの公開授業「朝おきて、家をでるまで」。10号館に飛びます


  • 10号館3階が視デメインフロアでそこの留学生相談室は行列が出来てた。今年は確かにアジア系の来場者が多かった気がする。


  • 学生作品の展示。


  • 1号館で行われた寺山先生・矢後直規さん・田中せりさんによるトークセッションは満員!


はい。ここでちょうど今日の記事の真ん中です。
まだまだ続きますよ。

次はファインアート系に行ってみましょ!
まずは日本画学科のメインである5A号館。


  • 日本画学科の公開制作。日本画は床に置いて描くんです


  • 3年「身体性とドローイング」の作品展示。手羽が学生時代、こんなにうまく描けたかな・・


  • ワークショップ「岩絵具を使ってみようーうちわに描く」。時間があったらやりたかったなあ

4号館へ歩いてると、


  • これもオーキャン名物となったEMUのシュークリーム詰め放題!!


  • 去年とルールが変わって、一度お皿に盛ってから袋に入れるので厳密には「盛り放題」です。18個ぐらいが限界。でもこれで500円はテンションあがる


  • 4号館の油絵学科の展示。


  • 2号館gFALの展示。

 
ちょうど彫刻学科がツアーやってたんで、あとをついていくことに。


  • 彫刻学科の鉄工房です


  • ちょうど鋳込みをやってるところだった。手羽が学生の頃は3年生以上しかできなかったけど、今は2年生でやってるんだって。うらやましい・・


  • 書き直さずに小さく「学」と入れる彫刻学科が好きです

 
続いて12号館の映像学科へ。


  • 1階には1年「映像基礎実習(映像前史)」で作った映像装置の展示。


  • シャルルゼミのライブパフォーマンス。


  • OCえて!映像学科!


もう少し紹介したいものがあるので、それはまた明日。
とにかくコンテンツが多すぎるのがムサビオーキャンのいいところでもあり悪いところでもあり・・。



途中でタマビのメグリンと桑沢の高橋さんと遭遇し、1号館下へ。


  • 1号館下では世界堂さんがムサビ出版局のグッズを販売してるんですが、

本ではあまり聞かない「大特価」というフレーズで売られてたムサビ日記(涙)
「ま、10年前に出した本だもんなあ・・」と泣きながら写真を撮ってたら、予想外のハプニングが。

「あのー・・手羽さんですよね?」
「え?あ、はい」
「昔からファンだったんです!」

う、嬉しい(涙)
その場でムサビ日記にサインして握手して、

記念撮影。タマビのメグリンに撮ってもらった。
「今年ムサビ受験するの?!」
「あ・・いや、デ情の1年です」
「なんだ・・」
という失礼なやり取り。

ちなみにいろんな人から「なんで手羽さんはマウTシャツ着てないんですか?」と聞かれたけど、この2日間は仕事じゃなく出てきてただけなので、Tシャツを支給してくれなかったの(涙)

学内的には「オーキャンを趣味で回ってるおっさん」で。
手羽は自遊人・・じゃなくて自由人なのだ。


サインと一緒に「タマビと造形もよろしくね」とリップサービス的に書いてあげたら、高橋さんから「桑沢も入れろ」と指示があり、

こんなことに・・。あ、改めて写真みたら日付間違ってるなあ・・・。


高橋さん「手羽さん、仕事じゃないなら自由なんでしょ?」


わかったよ、わかりましたよ。行けばいいんでしょ!!
てなわけで、

車をぶっ飛ばして、東京造形大学のZOKEI FIRST CONTACT(専攻領域説明会)へ。

ちょうどムサビオーキャンと同じ日程でやってたんです。
完全な成り行き。
でも一度見てみたいと思ってたんでちょうどタイミングがよかったんだけどね。

昨日、「立川便が開通して東京造形まで1時間弱でいけるようになった」と書いたけど、ある神奈川の高校の先生は、生徒と一緒にムサビに来て、自分だけ東京造形の説明会に行き、またムサビに帰って生徒と帰った方がいたそう。
立川バスのおかげで時間的にこれが可能になったということは、タマビ・東京造形・ムサビの連動イベントも可能になったということですな。


  • CS-Labが個別相談をやってるメイン会場


  • ほんとにムサビはオリンピック関係と縁がないなあ・・。隣に「学長相談コーナー」があって学長が座ってました


  • プロダクトデザインの相談コーナー。ソファがいい感じ


  • 12号館がプレゼン会場になってて


  • 各領域がAO入試でのポートフォリオ作成方法など説明してた


  • こちらはできたばかりの大学院棟。南側に窓がないからアトリエがあるのかな?

衝撃的だったのは、CS PLAZA1階の喫煙所が廃止され、ムサビと同じコンビニ自販機が置かれてたこと。ここにも禁煙の波が・・。

ちなみにコンビニ自販機は、賞味期限を過ぎると商品が入ってても「販売中止」で買えない賢い仕組みになっています。おにぎりとかはそうなる可能性が高いようですね。手羽も日曜にコンビニ自販機でおにぎりを買おうとしたら買えなくて、仕方なくパンを買いました(笑)


うちのスタッフが「オーキャン土日出勤で大変ですよ」と言ってて、「関西の美大を見なよ。毎週のようにオーキャンやってるんだよ?1年にたった2回しかやらないイベントでそれは平和ボケすぎる」と答えたけど、じゃお前がやれよと言われたら嫌なわけで。
ムサビのオーキャンはお祭り状態のイベント盛り盛り状態で、これを年に何度もやるのはちょっと無理。
でも少子化が進んで数年以内に東京の美大も毎週のようにオーキャンをやる(やらなくちゃいけない)時代が絶対にやってくるのはわかってるから、造形さんみたいなオーキャンとは別のシンプルで機動力のある企画・仕組みも作っていかないとダメですね。
例えるならライブハウスとフェスの関係というか。
勉強になりました。


以上、桑沢の高橋さん、東京造形大のM澤くんと

タピオカミルクティでインスタっぽい乾杯写真を撮ってみた手羽がお送りいたしました。
おっさん3人で何やってるんだって話で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中