【ビダニュー2017】美大では友達を作りやすい。だからリア充でいいんじゃね?

2017年3月30日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしや授業の心配よりも、やっぱり「友達ができるだろうか・・」という不安の方が新入生は大きいんじゃないかと。
今日はそんな疑問にお答えします。


「友達を作りたい」と思ってるなら、美大ではそれほど苦労はしないはずです。

なぜなら美大授業の特徴でもある「企画」「制作」「発表」「講評」というシステムは、自分の考えや表現をみんなに知らせたり、同じ釜の飯を食べることになるんで、コミュニケーションが自然と発生し、仲間ができる仕組みになってます。
また美大は授業でのグループワークが多いし、制作はみんなで一か所でやるので、通常の大学よりも友達を作りやすい環境とも言える。タマビのPBL科目、ムサビの造形総合II類、京都造形のマンデイプロジェクトは他学科混合実技授業なので他学科の学生さんと仲良くなれるし、京都精華さんが2017年から始める全学プログラム「SEEK」もきっと同じだろうし、ムサビだと東京工業大学合同ワークショップがあるので参加すれば東工大の知り合いもできます。


  • ムサビと東京工業大学との合同ワークショップ「コンセプト・デザイニング」

これを話すと企業の人とかによく驚かれますが、美大でも英語や哲学等教養科目の授業が普通にあるんです
美大といっても大学なんですもん、当然です(涙)
「実技の大学」ではなく「通常の大学の授業プラス実技授業がある大学」と考えていただければ。

英語や哲学とか教養科目は他学科と一緒に授業を受けることになるけど、リーダーがいたり少人数の科目じゃない限り、受講生でコミュニケーションを作るのは難しいです。でも体育だとチームを作ったりするからコミュニケーションが発生しやすい。授業内で他学科の友達を作れる手っ取り早い方法は体育の授業かもしれません。体育も美術も「実技」ってのは友達作りにはありがたい存在ってことですね。


授業以外だと、4月、5月は各学科、課外活動協議会、サークルが主催する新入生歓迎コンパ、略して「新歓」が頻繁にあります。
「サークルに入る」のも常套手段だし、そうそう、芸術祭実行委員会で頑張るのもいいですね。
また、入試教室整備アルバイト等美大特有の学内バイトもあって、それで他学科の学生と仲良くなるケースもよくあります。


さらに今は授業・サークル以外でも有志チームがワークショップやったり、イベントやることが増えてて。
ムサビを例にとると、「旅するムサビプロジェクト(略して旅ムサ)」がまさにそうです。
「旅するムサビ」に偽りはなく、日本全国はもとより、3月には台湾にも行ってます。


先方から交通費をもらえるケースも増えてきましたが、基本的には自腹での活動なのに、毎回これだけの希望者がいるのがほんとすごい。
やる気のある方に参加してもらいたいので、社会連携チームが外部からの依頼と内部メンバーを取りまとめ、登録者だけに声をかけています。黒板ジャックだけでなく様々な依頼があるんですよ。あ、4月に説明会をやるので参加してね。来年度は北海道に無料で滞在できるかもよ。

4/29に「ムサビュー vol.1  優秀作品展から見るムサビ生」をやるムサビ学生広報局や、嘉悦大や津田塾等小平市の学生でやっている「こだプロ」、中学校で美術館に変えちゃおう!の「ムサビる!」も活発に動いてるし、カレーライスを1から作る関野吉晴ゼミは映画にもなったし、「デザインの初等教育」をテーマとした学生有志ワークショップ団体「bud works」ってのがあったり。
タマビ・東京造形、女子美だとアートラボはしもとでの活動や東京藝大だと「とびらー」なんかもそうなんじゃないかしら。
手羽が学生の頃は「授業やサークル以外で学生有志が外で活動する」なんてことはほとんどなかったから、ほんとに今の学生さんはすごいです。


ただ全部に共通してるのは、「自分からドアをノックしないとダメ」「自分から情報を集めにいかないと気が付かない」ってこと。
「ムサビではなんも面白いことがなかった。クソだ」と嘆いている卒業生がたまにいるんだけど、たぶん「面白いことは誰かが用意してくれて、この優秀な自分に紹介してくれるもの」と信じてる人じゃないかと。ここに紹介したのはほんの一部で、もっといろいろあるし、もっと言うと「面白いものがないというなら自分で作ればいいんじゃね?」で。
高校生に受験相談で「ムサビには陸上部や水泳部はありますか?」と聞かれたら、「ないけど、ほんとにやりたいなら自分で作ればいいだけだよ。それが大学」と私は答えてます。そんなもんで。

「リア充」という言葉がバカにされる傾向にありますが、すでに「美大生」という存在が世の中的には「リア充」なわけで、美大においてはなにかとリア充の方が面白いはずだし、なにより得。せっかく高い学費を払ってるんだから、4年間大学とその環境を使い倒して、仲間を作って楽しんだ方がいいと思いません?


ただ、・・・という話を明日お送りいします。



以上、夢をもってる人がいたらかわいそうなので先に申しておきますが、「他大学とのウハウハな合コン」なんてもんは美大ではほとんどないのでそれは期待しない方がいいよ、の手羽がお送りいたしました。手羽は「大学入ったら合コンとかあるのかな?」とワクワクしたけど、一度もなかった(涙)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中