【発酵していく街づくり】下北沢「BONUS TRACK」に行ってきた

2021年2月17日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月14日、手羽は下北線路街に来てました。
前回までのレポートはこちら。
話題のスポット「下北線路街」に行ってきた

前回のレポートで、あえて説明を省いた場所があります。

それは下北線路街の中心的な場所で、2020年4月プレオープン、10月グランドオープンした
BONUS TRACKです。

BONUS TRACKとは、長屋スタイルの1階5坪・2階5坪合計10坪の店舗兼住宅SOHO4棟と、4店舗の商業棟からなる「商店街」です。

下北沢は賃料が高騰した結果(この10年間で約3倍)、個性的な個人経営店が入りにくくなりチェーン店が増えてしまいました。多様性が売りの下北沢ではこれは逆効果であり、BONUS TRACKは店舗を長屋型にし、小さな区画割で賃料を下げることにした、と。
ただ、小田急電鉄は個人事業主との契約ができないので、NPO法人グリーンズのビジネスアドバイザーである小野裕之さんと「本屋 B&B」等を経営するクリエイティブ・ディレクターの内沼晋太郎さんが共同で立ち上げた「株式会社散歩社」が間に入る形でテナントとの契約、BONUS TRACKの企画・運営を行っています。

グリーンズには、2018年デザインハブでやったムサビ企画展「企(たくらみ)」展 -ちょっと先の社会をつくるデザイン-」でお世話になったし、小野さんとはその時のトークイベントで手羽はご一緒させてもらったりしてます(笑)
【ソーシャルで食っていけるのか?】企(たくらみ)展トークセッション「これからの『クリエイティブ』な仕事を考える」に登壇してきた

「若手のソーシャルデザイナーの名前を一人挙げろ」と言われたら、手羽がパっと思いつくのは小野さんでして。
しかし2018年にこの展覧会をできたのはすごいことだなあ(自画自賛)

内沼さんとはつながりはなく、せいぜい2017年に
【最後の秘境×美大生図鑑】外部から見た藝大美大、内部から見た美大藝大@下北沢B&Bに行ってきた!
B&Bに行ったくらいです・・。

さっきは「テナントとの契約、BONUS TRACKの企画・運営」とあっさり書いたけど、経緯はもっと複雑で、必然的にそうなったような気もするけど、仕組みがすごくよく出来てるなあ、と感じてます。


では、BONUS TRACKの中に入っていきましょう。


  • ここがSOHO棟

日本橋おむすびスタンドANDONの2号店「お粥とお酒のANDONシモキタ」や、誰かの日記や日記にまつわるエッセイ等日記に関するお店「日記屋 月日」

他にも、和の焼き菓子と酒のお店「胃袋にズキュン はなれ」、レコード/CD/カセットテープを取り扱うレコードショップ「pianola records」などなど。
特徴的なお店ばかりなのは、小野さんと内沼さんが「お店を出したい人」「本業とは異なる挑戦をしたがってる法人」に絞って声をかけたり、「お店の公募」という形で募集した結果のよう。

古民家・廃ビル等空き家をリノベーションした物件を扱う「omusubi不動産」も入ってます。
あ、現在SOHO棟1区画の募集が出てます。4月末引き渡し・開業目標6月だそうで、こんなチャンスはあまりないはずだからボーナストラックの趣旨に賛同できる方は申し込んでみては?第一締切日は2/28(日)23:59です。

こちらは代官山フレッシュジューススタンド「Why Juice?」から生まれた新業態「Why__?」下北沢店

手羽は「ぽんかんスムージー」(800円)、リンクロウはビーツのサラダ巻きみたいなのを頂きました。

2月14日は台湾を感じるイベント「春節浪漫市場」

をやってて、

オシャレな屋台が出てて、天気もよく、なおかつオシャレな若い人しかいないから、なんとなく美大の学園祭状態でした。こんなに密になる場所が他にあるだろうか(笑)

リンクロウも某大分の大学で起業や地域振興、ソーシャルデザイン的なことを勉強してるんで
手羽「こういうことを大分で仕掛ければいいんじゃないの?」
リンクロウ「うらやましいし、やりたいけど、そもそも若い人が大分にいないんだよね。オシャレな人も少ないからこんなイベントには絶対にならない」
なんてやり取りをしながら、商業棟へ。

1階には発酵デザイナー・小倉ヒラクさんが運営する発酵食品のアーカイブと発酵文化をリデザインしていく「発酵デパートメント」


  • 全国の発酵調味料が勢ぞろい。

醤油や味噌も納豆もお漬物もお酒もみんな発酵。
食事スペースもあり、精進ランチもあるし、個人的に気になったのは発酵ハヤシライス。
ちなみに2月15日から3月7日まで岐阜・長良川フェアを開催中!

その2階にはBONUS TRACKへ移転リニューアルした「本屋B&B」

「恋する豚研究所 コロッケカフェ」は、千葉の農場で発酵飼料を食べて育った「恋する豚」と千葉の芋を使ったコロッケを食べられます。みんなが食べてたコロッケ定食、めっちゃ美味しそうだった・・。あ、ベランダにはコロッケの無人販売もありますよ。


  • 真ん中にはGALLERYがあり、ここで展示やイベントが開催されます。この日はベトナムのクリエイティブチーム rice によるポップアップストアでした

2階に会員制のワークスペース「BONUS TRACK LOUNGE」
BONUS TRACK MEMBERSになれば、このLOUNGEの他に、SOHO棟にあるシェアキッチンやミーティングスペース、半個室ブースの「BONUS TRACK HOUSE」やポップアップストアができる屋台付スペース「BONUS TRACK STAND」 も利用できます。
現在メンバー募集してるので、参加したい方はこちらからどうぞ。
BONUS TRACK MEMBERS | omusubi不動産

なおかつ、コワーキング会員募集キャンペーンをやってるんで、2月の毎週木曜日はMEMBER'Sを一日無料で利用できます。

おっと、書き忘れそうになっちゃった。
設計は、新しい世代の建築家集団として注目を集めている「ツバメアーキテクツ」さんです。この軽快な感じとかさすが。

「下北線路街空き地」は去年グッドデザイン受賞してるけど、「49%の余白」やネガティブ要素をポジティブに変換したコンセプトだったり、BONUS TRACK はグッドデザイン大賞狙えるんじゃないかと思ってます。
秋以降メディアで頻繁に紹介されるようになったんで、早めに押させておいた方がいいっすよ。


以上、今回記事を書くのに以下6つのサイトを参考にさせてもらった手羽がお送りしました。
経緯とかコロナ禍での出来事とか、読みごたえがあります。
ボーナストラックってどんな場所?プロデューサーの2人に聞きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中