【美大作品展もある】TOKYO DESIGN WEEK 2016を手羽的視点で紹介します!

外苑・六本木イベント4部作の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月はほんとに六本木・外苑を中心とした展覧会やイベントが多くて。

連続で
デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法
●会期:2016年10月14日(金)- 2017年1月22日(日)
●会場:21_21 DESIGN SIGHT


GOOD DESIGN EXHIBITION2016
●会期:10月28日(金)〜11月3日(木・祝)
●会場:東京ミッドタウン(一部入場有料)、渋谷ヒカリエ


六本木アートナイト2016
●日時:2016(平成28)年10月21日(金)17:30~10月23日(日)6:00
●会場:六本木各所


と紹介してきて、まだまだ
Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016
●日時:2016年10月14日(金)から11月6日(日)
●会場:東京ミッドタウン


なんかもあったりするんですが、こちらも忘れてもらっては困ります。


TOKYO DESIGN WEEK 2016

●会期:
 前期|2016年10月26日 〜 10月31日
 後期|2016年11月2日 〜 11月7日 ※11月1日は終日閉場
●時間:11:00〜21:00 ※最終日は20:00まで
●会場: 明治神宮外苑 絵画館前
●入場チケット:2,500円(一般当日券)


毎年10万人以上の来場者がある東京デザインウイークは今年で31年目。TDWと略します。

毎年グッドデザイン展と同じ時期にやってて距離も近いから、両方をかけもちで見てる人も多いんじゃないかしら。でもグッドデザイン展の来場者は企業やアジア系外国人、アッパー系の方が多いけど、TDWは学生さんや欧米系外国人が多い印象。
「熱量」やお祭り感が高く、「今回紹介した中でどれが一番楽しめるか?」と聞かれたら手羽は迷わずTDWかな?アートナイトもお祭りだけどパフォーマーさんとの距離感があって、「出品者との交流」みたいなものだとTDWです。

今年は会場全体装飾を現代アーティストの鬼頭健吾さんが担当されるとのこと。
おっと朗報がありますよ!
TDWは入場料金がちと高めなのがネックだったんだけど、今年から大人2500円、前売りだと2000円、学生さんは1500円に下がりました!これで学生さんに紹介しやくくなった・・。



さて、どういうものをやってるのか。


  • 去年の様子(撮影:手羽イチロウ)

まずはやはりメインテントのCreative Life展マッチアップ展
企業のコンセプトブース「Creative Life展」もいいけど、手羽はバイヤーさんやデザイン関係者が小さなブースでやってる「マッチアップ展」が好きです。市場やフリマっぽく、実際にそこで買えるんです(去年も買ってしまったw)。
 
 


  • 去年の様子(撮影:手羽イチロウ)

今年で15回目を迎える貨物用コンテナを使った 「コンテナ展」。
毎年タマビさんが出展してますね。
 
 


  • 去年の様子(撮影:手羽イチロウ)

TOKYO AWARDS 学校作品展もあります。
 


  • 去年の様子(撮影:手羽イチロウ)

屋内テントと会場内の屋外スペースで各学校の作品が展示されます。
去年はほとんどの全国の美大が出展してたかな?ムサビも工デ・インテリアが毎年参加してます。ちなみに最後に審査員による各賞が発表されるんですが、去年のグランプリは東洋大学さんでした。
これだけの数の大学が参加する展示も今はあんまりないし、年々海外の学校参加も増えてますね。
 
 


  • 去年の様子(撮影:手羽イチロウ)

「デザインウイーク」といいつつ、アート系の展示もかなり面白いんですよ。
若手クリエイター支援でもある「100人展」(前期後期で作品入替)や「デビュー展」は要チェックだし、若手のアーティストによるブース展示「TDW ART FAIR2016」では作品が買えます。

トップクリエイターによる「写楽インスパイア展」もあって(去年は北斎だった)、今年の出展者は青木 克憲、 赤間 晃治、 浅葉 克己、 安齋 肇、 井筒 啓之、 大谷 陽一郎、 岡村 亮太、 OHGUSHI、 川上 シュン、 川上 麻衣子、 菊地 敦己、 きたざわけんじ、 キモノ発信集団 絲 -ito-、 切り師『長屋 明』、 工藤 慈子、 小坂 竜、 児嶋 啓多、 古平 正義、 佐藤 安、 紫舟、 JUN OSON、 進藤 篤、 Shinharajuku、 SU、 菅原 純、 関口 あずさ、 瀬川 三十七、 高橋 キンタロー、 高橋 由美子、 竹内 康人、 田中 情、 土屋 克也、 津村 耕佑、 手塚 貴晴+手塚 由比、 永井 一史、 永井 裕明、 中島 英樹、 元 允謙、 長谷川 喜美、 林 ゆかり、 菱川 勢一、 廣川 玉枝、 藤本 壮介、 文原 聡、 Henki、 又木 啓子、 松永 真、 ミハラヤスヒロ、 若木 信吾だそう。
あ、ここにも津村先生の名前があるなあ(笑)


「デザイン」という言葉にだまされないで、ぜひファインアート系の方も見た方がいいっす。
去年から「デザイナーズウイーク」が「デザインウイーク」にこっそり名前が変わったけど、個人的には「デザインウイーク」じゃなくて「クリエイティブウイーク」に変えた方がいいんじゃないかと思ってて・・てか「ウイークなのか?」という問題もなるけど。


  • 去年の様子(撮影:手羽イチロウ)

去年もやってた建築模型展地方創生展もあるし、

こちらも去年やってましたね。インタラクティブ展ロボット展


新しい試みだと、地域の小学生を対象に開催されたオモロボワークショップで誕生した作品を展示する小・中学生 DESIGN WEEKや、

それぞれ4×4mのバブル型テント内でクリエイターが展示するAIR TENT展なんてのもあります。
出展者は鬼頭健吾、鈴木ヒラク、NAKED Inc.、 落合陽一×筑波大学、 河口洋一郎×東京大学、 須藤玲子×東京造形大学、 田淵諭×多摩美術大学、 トーチカ×大阪電気通信大学、 菱川勢一×武蔵野美術大学ほか・・・とのことで、菱川先生もやるんですね。

いろいろな参加者募集もかかってるので、「見るだけじゃなあ・・」という方はFacebookをチェックしときましょ。

そういえば、去年のTDWで第1回デザイナーズカラオケのど自慢が開催されたけど、今年はあるのかな。
「TDWの趣旨は?」という大人のツッコミが入ってましたが、「クリエイターのお祭り」なんだから負けずに第2回をやってほしいっす。



以上、学校作品展ではグランプリ獲ったことないけど、デザイナーズカラオケのど自慢でOBがグランプリ獲ってた、「うちってそういうところなのかもね・・」のムサビの手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中