【(株)明治とムサビも協力】佐藤卓ディレクション「デザインの解剖展」が始まります!

今日は21_21 DESIGN SIGHTの展示紹介です、の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
さらっと「21_21 DESIGN SIGHT」と書きましたが、みなさん、なんと呼んでます?


「トゥエンティーワン・トゥエンティーワン」でも「ニジュウイチ・ニジュウイチ」でもありません。
「ツーワン・ツーワン・デザイン・サイト」が正解です。
いつもは「ツーワンさん」と呼んでます。

でも、これ教わらないと誰も読めませんよね・・私も最初わかりませんでした・・。
恐らく美術・デザイン業界での「今更読み方を聞くのが恥ずかしい単語」のひとつかもしれません。ムサビでも「ニジュウイチ」と呼んでる先生がいますし・・。
21_21の認知度がイマイチ上がらないのは「わかるけど読めない→会話に取り上げにくい」が原因じゃないかと思ってて。いわゆる「スタバに行きたいけど頼み方がわからない(怖い)から入れない」みたいな。手羽のことか。


そんなツーワン・ツーワンで、もうすぐ始まる展覧会がこちらです。

デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法
●会期:2016年10月14日(金)- 2017年1月22日(日)
●休館日:火曜日、年末年始(12月27日-1月3日)
●開館時間:10:00 - 19:00(入場は18:30)
*10月21日(金)、22日(土)は22:00まで開館延長(入場は21:30)
●入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
●特別協力:株式会社 明治
●協力:株式会社ニコンインステック、武蔵野美術大学、株式会社 佐藤卓デザイン事務所
●展覧会ディレクター:佐藤 卓
●参加アーティスト:荒牧 悠、aircord、奥田透也、小沢朋子(モコメシ)、柴田大平(WOW)、菅 俊一、鈴木啓太、中野豪雄、原田和明、細金卓矢

 
 

にほんごであそぼ」のアートディレクションや「デザインあ」の総合指導をされてる、グラフィックデザイナー佐藤卓さんディレクションの展覧会です。


佐藤卓さんといえばいろんな有名なデザインがありますが、高校生たちに話して一番「ああ。それ知ってる!」と言ってくれるのは



この二つでしょうか。

大学関係のロゴもいろいろされていて、



首都大学東京や京都造形さん、武蔵野美術大学美術館・図書館のロゴ(VI)も担当されています。
 

今回の展示は、佐藤卓さんが2001年から取り組んでいるプロジェクト「デザインの解剖」が核となってて、これまでロッテ「キシリトールガム」、富士フイルム「 写ルンです」、タカラ(現:タカラトミー)「リカちゃん」等の製品ロゴやパッケージのレイアウト、グラフィックはもちろんのこと、製品の原料や製法、製品管理から流通に至る幅広い要素を様々な視点で解析してます。
今回は新たに株式会社 明治さん協力のもと、「きのこの山」「明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」「明治ミルクチョコレート」「明治おいしい牛乳」「明治エッセルスーパーカップ」の5製品を、様々な分野で活躍する若手クリエイターと一緒に解剖してるそう。
もうこの説明を聞くだけで、「あ。この展示、絶対に面白い」と思いますよね(笑)


んで、なんで手羽がこんなに熱く説明してるかというと、佐藤卓さんがムサビデザイン情報学科の客員教授だった時に「デザインの解剖」を授業でされてたんです。(オープンキャンパスでの展示でご覧になった方も多いはず。)


  • 武蔵野美術大学 デザイン情報学科 デザイン情報学演習 "デザインの解剖"[2005年- 2014年](Photo: Yasuhito Nakagawa / parade-inc.)

  • 武蔵野美術大学 デザイン情報学科 デザイン情報学演習 "デザインの解剖"[2005年- 2014年](Photo: Kiyoshi Obara / parade-inc.)

10年以上続いた授業「デザインの解剖」は佐藤さんが退いた後も継続されて、これまで約50の製品を解剖しました。これらの授業成果も展示されることになってます!ぜひ見てほしいの!!


関連プログラムもいろいろありますよ。

デザイン解剖室へようこそ!「デザインの解剖展」ギャラリーツアー
・日時:2016年10月21日(金) 18:00-19:30
・案内:川上典李子、岡崎智弘、中野豪雄、鈴木啓太

オープニングトーク「解剖展の解剖」
・日時:10月22日(土) 18:00~19:30
・出演:佐藤 卓、岡崎智弘、本展参加作家

トーク「アートとデザイン」
・日時:2016年10月29日(土)16:00-17:30
・出演:大竹伸朗、佐藤 卓

■ワークショップ「みんなでカイボウ!見る方法」
・日時:2016年11月19日(土)14:00-16:00
・講師:岡崎智弘、橋本俊行(aircord)、他

■トーク「『分かる』ことと、『感じる』こと。」
・日時:11月26日(土) 17:00~18:30
・出演:養老孟司(解剖学者)、佐藤 卓

■トーク「解剖学から考える "美とはどういうものか"」
・日時:2016年12月10日(土)14:00-15:30
・出演:布施英利(美術批評家)、佐藤 卓

■トーク「『好奇心』て、どこから来るの?」
・日時:2017年1月14日(土)16:00-17:30
・出演:茂木健一郎(脳科学者)、佐藤 卓

特に記載のない限り参加費無料(当日の入場券がいるけど)ですが、要予約のものもあるので詳しくは公式サイトをご確認ください。すぐにチケットはなくなるでしょうね・・あ、大竹さんの名前もある。


以上、この展覧会に合わせて

佐藤卓さんのラウンジ公開講座を企画したのに、一瞬(公開講座史上最速)で150席が満席になってしまった手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中