2010年以降の美大に関する論文やデータを探す。その1

手羽美術大学★の趣旨を思い出した手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の記事を書こうと思ったきっかけがありまして。

最近、ネットで美大生の就職観が書かれた情報が回ってて多くの方が「いいね!」してたんだけど、よく見ると10年近く前に書かれたもので、しかもそれは作者が学生時代の話も含まれてるから恐らく20年前ぐらいの美大・藝大の話をベースにしたものだったんです。
今とそれほど変わってない面もありつつ、「確かに昔はそういう人も多かったけど今とはちと違うなあ・・」と感じ。


美術大学は日本の大学全体でみるとすごく小さなカテゴリだし「専門大学」ということもあり、特化して分析されたデータというのがあまり存在しません。
メディアに大学データが出る時も、よくて「芸術系大学」括り。つまり音楽大学も含まれたデータのことが多く「美術大学」単独でデータ分析されることは皆無です。ほとんどの場合は「芸術系大学・体育大学等」という「その他」扱いで、むしろ「君たちはジャマだから、あっちいってくんない?」と省かれてることの方が多いかも(被害妄想)。ただ美大情報だけ抽出しても、その労力とニーズが一致しないんで、受験業者さんがやらないのももっともな話で。
ま、そもそも「美術大学」の定義があいまいなのも関係してますが。それだけで4回記事が書けちゃうくらいだし(笑)
日本に美術大学はいくつあるか?その1
日本に美術大学はいくつあるか?その2
日本に美術大学はいくつあるか?多分完結編
日本に美術大学はいくつあるか?補足編

そんなこともあり、美大は(手羽も含めてだけど)卒業生による経験値・印象値で語られたものが「美大・芸大の真実」として語られてるのが現状です。もう一度言います、手羽も含めて。
美大や美大生の実態を解説・紹介する本は、





等がありますが、どれも「美大にいた人」が語ったものでかなり主観的。
美大関係者からすると「あ、それ勘違いなんだけど」「完全な美術予備校での都市伝説ですな」「それは受験生がいっぱいいた20年前頃の状況っすよ。今は全然違うのよね(遠い目)」「藝大と私立美大を一緒にされちゃ・・」と感じることもしばしば。ムサビ日記は違いますw
他にも美大を舞台とした小説やマンガがいっぱいありますが、
もう読んだ? 美大・芸大が出てくる漫画10選
変人が登場したり、特徴的で面白おかしい部分を抽出するしかないのは当然で。「1日中作品作ってました。恋愛?なにそれ?」な真実なんて読んでて面白いわけない。
といって、美大受験雑誌はあくまでも「試験の傾向と対策」な情報。しかも美大の広告がたくさん載ってることでわかるように、広告を出してる大学と出してない大学では扱いが全然違います。世の中はそんなもんです。
なので、「美術大学」というものを客観的に研究したデータは数が少ないだけに、非常にありがたい存在なんですね。

というわけで、今日と明日はそんな「2010年以降、ネットで公開されてる美術大学・芸術系学部に関する論文やデータ」を紹介します。
この「2010年以降」がポイントで、昔々の美大・芸大の話ではなく、ここ5,6年以内の新しい情報ってことです。はい。自分が欲しくて作ったのもあるし、桜美林さんの大学アドミニストレーション大学院に通ってる美大職員さんがレポート書くときに役に立てばと。
「芸術系学部」と書いてますが、私たちのカテゴリでは「美術系学部」がほとんどですね。
今日は論文系。

芸術系大学の就職支援を読み解く一 就労をめぐる語りに着目して一|居郷 至伸


産業界ニーズから見た芸術系学部におけるキャリア教育の在り方|森田 佐知子2015-3


芸術系学部の学生に対する有効な就職支援について:美術・工芸に対する意識の変化に着目した探索的研究|森田 佐知子 2016-3


芸術系大学出身者と労働||喜始 照宣2014-4

やはり、「美大なんて行っても就職がないでしょ!」と一般的に言われてますし、誰もが気になるのは美大・芸大の就職状況・就職観・就職支援・キャリア教育じゃないでしょうか。どの美大も「うちは就職バッチリっす!!」と宣伝してるけど、正直それをそのまま信じる人は少なく(笑)
これを「直接的に美大関係者じゃない方」が論文にまとめたってのがとっても大きいと思います。
(「ネットで公開されてる論文」に絞りましたが、ネット公開されてないだけで他にもいくつかあります)


最後に紹介した喜始さんは東大大学院の方でして、どういう経緯かわからないんですが、美術大学生、そして美術予備校の存在に興味をお持ちになり、いくつかそれに関する論文を発表されてます。「美術予備校」をテーマとした論文って非常に珍しいはず。
喜始さんはムサビのインターンシップ演習でここ数年講義されてます。今年もやるのかな?

美術系大学における教育可能性一美大生の語りに注目して一|喜始 照宣  2011-09


美術系大学の学生の予備校・画塾経験 : 学生への質問紙調査をもとに|喜始 照宣2016-3


予備校・画塾経験が学生の大学生活に与える影響:美術系大学の学生への質問紙調査をもとに|喜始 照宣2016-03

ちなみに
美術系大学生と予備校 : 大学生活における現役/浪人の差異に着目して|喜始 照宣 2013-3
論文で「ムサビ日記」が初めて引用されたのがこちらです。

喜始さんはここまでくると「美大研究者」と名乗られてもいいんじゃないかと。
あ、手羽はあくまでも気楽な「美大愛好家」です(笑)


で、この記事を書くために調べてたら面白いものを見つけたので、それは明日紹介します。
続く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中