【美大受験のギモン】タマグラと視デの違い

今週が頑張りどころな手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「美大受験のギモン」シリーズ、 略して「ビダモン」。


受験生の親御さんから質問メールをいただきまして、前回までの話はこちら。
【美大受験のギモン】美大進学のきっかけ
【美大受験のギモン】美大予備校の存在
【美大受験のギモン】美術予備校へ行くべきか

いよいよ本題に入ります。
ただ、「タマグラと視デの違い」をはっきり書くと、視デの先生もこのサイト見てるので「それは違う!」と怒られそうなのと(笑)、狭い2学科のことよりいろいろ応用できる話の方が手羽美★向きだと思うので。


「●●学科と▲▲学科の違いを見分ける簡単な2つの方法」の一つは既に書きましたね。
で、もう 一つは「英語表記を見ること」なのです。

日本語って、実はあいまいで判断が難しい。特に漢字で構成された単語はいろんな意味合いを含んでいるケースが多い(あえてそうしてる場合も)。でも英語表記だとストレートに表現されてるから、悩んだ時は英語に置き換えたり英語表記を見ると、言わんとすることがはっきりするんです。

いくつか例を出してみましょ。
私がよく使う、一番いい例がムサビの「基礎デザイン学科」(略称「基礎デ」)でして。
「『基礎デザイン』だからデザインの基礎を1から教えてくれる学科なんだろうなあ」と誰もが思うはず。「初級デザイン」みたいな。
でも英語表記は「basic design」ではなく、「science of design」なんです。つまり、「基礎英語」の基礎ではなく、「基礎物理学」の基礎ってこと。これを聞くと、ちょっとモヤっとしてたものが少しだけはっきりしません?


タマビ芸術学科(略称「芸学」)の英語表記は「Art Science」。art学科ではなく「芸術(科)学」で、「理論・研究」の色が濃いんだな、と。徐々に実践系へ移行されてますが。
一方でムサビ芸術文化学科(略称「芸文」)は、「Arts Policy and Management」。「政策を考えマネジメントしましょ」となります。


タマビの情報デザイン学科(略称「情デ」)とムサビのデザイン情報学科(略称「デ情」)の違いも英語にするとわかりやすい。
情デは「Information Design」で、デ情は「Design Informatics」。
つまり、情デは「情報をデザイン・創造する」であり、デ情は「デザインを情報学的に分析し、再構築する」ってこと。誰だ誰だ。「単にムサビがひっくり返しただけなんでしょ?」なんて言ってる人は。(手羽です)


佐賀大学さんが新設する「芸術地域デザイン学部」は英語表記が「Art and Regional Design」になりました。「of」ではなく「and」なのがポイントじゃないかと。


で、タマグラと視デです。お待たせしました。

タマビグラフィックデザイン学科は「Graphic Design」で、ムサビの視覚伝達デザイン学科は「Visual Communication Design」。
同じ「デザイン」ですが、微妙に「デザイン」の意味が違うの、わかりますかね?
タマグラは「プロダクトデザイン」などと同じ「図案・意匠」という意味の「狭義な」デザイン、視デは「ソーシャルデザイン」などと同じ「企画・計画」という意味の「広義な」デザインの印象が強い。
何を中心に考えるか?(何を大事にしてるか?)」であり、タマグラは「グラフィックデザインからコミュニケーションデザインを考える」だし、視デは「ヴィジュアルコミュニケーションデザインの中に(の一つとして)グラフィックデザインがある」と考えられます。
タマビの米山さんがワークショップ発表会を見て「タマグラと視デの違いが明確になるね」と言ってたはこの部分。

タマグラは1年から「手」で描く行為を徹底的にトレーニングしますが、視デは入学してすぐにやるのが「目隠しして裸足になって二人一組で構内を歩こう」(笑)


トラストウォーク」という授業で、毎年春や新学期始めに行われるから、この姿を見ると「ああ。新しい学期が始まったんだああ」と感じます。

恐らく「美大のグラフィックデザイン系の授業」と聞いて一番イメージに近いのはタマグラなので、視デ1年は「せっかく高い倍率をクリアして入学したのに、なんでワークショップばっかり・・・予備校で聞いた話とちゃうやん。タマグラ羨ましいなあ・・」と感じてる人が多いかもしれません。
でも、「コミュニケーション」とは「視ること」「感じること」を通じて伝え合うことなので、今まで「オサレなものをつくることがデザインだ!」と教わってきたことを一度リセットして、「広義なデザインから狭義なデザインを考えましょ」という実践教育をやっている・・・ように手羽は感じています。
なので、アウトプットはグラフィック以外にも「ワークショップ」という形があると。タマグラがワークショップをやった。という話はあんまり聞きませんし。

あ。手羽はムサビの人間なので、全然そんな気がなくてもムサビの方を良く書いてしまってるかも。タマビのことは2割増し、ムサビのことは8割ぐらいで解釈してもらえるといいだろうし、詳しくはやっぱり先生に聞いた方がいいっす。


「本題よりも導入が長い」という信じられない結果ですが、こんな感じでいかがでしょ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中