【つくばカミングアウト試写会!】ムサビニュースまとめ20171129

2017年11月29日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「手羽の記事はムサビびいきだなあ」と感じてる方も多いんじゃないでしょうか。
一応これでもPARTNERでは美大全体の話題を優先してるつもりでして、「ほんとはこれだけ書くのを我慢してるんです」というのを証明するために、前回11月15日以降のムサビ関連ネタをまとめます。

 

ムサビ受験相談では手羽はこう答えるようにしてます
「オープンキャンパスもいいけど、12月頭のムサビに行った方がムサビらしさがわかる」と。

というのも、11月下旬から12月上旬にかけて、1年間の総まとめ状態として学内あちこちで展示やら
イベントやらが行われてるんですよ。
普段から講座やイベントが行われてますが、集中するのが学期末、さらに一番集中するのが毎年この時期なんです。


例えばこちら。
つくばみらい市と基礎デザイン学科の地域連携活動で短編映画を制作しまして、その学内試写会が行われるんです。

https://www.facebook.com/tkbcmngout/
https://twitter.com/tkb_comeout
公開日は12月4日(月)と7日(木)で、ともに開場16:30 開演16:45。
上映時間は約25分とのこと。

つくばみらい市さんも記事にされてますね。
つくばみらい市 武蔵野美術大学の学生さんが、つくばみらい市を舞台とした映画を制作しています
入場無料でどなたでも参加できます。

監督をつとめた学生さんから「見に来てください(そして宣伝しろや!)」と誘われたんだけど、おっちゃん行けないの。
だって、

同じ12月4日の同じ時間にSICF募集学内説明会を行うんです!!

SICFについてはこちらをご覧ください。
【EXHIBITIONとPLAY】SICF19が参加クリエーター募集開始しましたよっ!
これまで卒業生も多く受賞してるSICFなので、学生さんだけでなく助手さんや教務補助さん、卒業生も参加可能です。
ぜひ来てください!!

12月4日は他にも課外講座の上映会や就職説明会とかぶってて(涙)
講義室の空き状況や先生の「会議のない日」となると、どうしても日程がぶつかちゃうんですよね・・。
お願いだから12月15日(金)の手羽のインターンシップ演習の日はぶつけないでほしいなあ・・・。

空デ片山先生の課外講座「Instigator」で是枝裕和監督が来てたし(次回はリリーフランキーさん)、昨日も作家活動支援プログラムで美大生図鑑のヨシムラヒロムくんが講義をやってたり(満員だった)、「2号館下に突然作品が登場したなあ」と思ったら、



左官の挾土秀平さんと学生さんによるワークショップ作品だったりするわけです。今も展示されてます。課外講座や授業はムサビ生のものなんで外には事前告知しないだけで、そういうのが平気で起こるのがこの時期。日常が想像以上。


空デの授業の一環といえば、各ゼミが集中的に展示をやるのも学期末で、

■3年生 池田ゼミ / ゼミ公演『まほうのあと』
●日程:2017年11月27日(月) – 30日(木)
●時間:各日 12:30〜 / 16:30〜 *10分前に開場
●会場:8号館111スタジオ

 

■3年生 鈴木ゼミ / ゼミ展『ZINE+SAMPLING』
●会期:2017年11月27日(月) – 12月2日(土)
●時間:10:00〜17:00
●場所:13号館312教室

 
 

■空間演出デザイン学科3年 太田ゼミ《ディスプレイ課題》箱の中の物語
●日時:11月30日(木)・12月1日(金)各日12時〜17時
●会場: 9号館大展示室

 

14号館地下で津村ゼミの学生さんがファッションショーをやるって告知。
ムサビ関係者なら「お?!」と思うロゴマーク。うまいなあ。

しかし・・これも12月4日だ・・・。
 
 

他だと、ムサビ主催ではないけどムサビで行われるのが、
シンポジウム 西を動かす

●日程:2017年12月1日(金)18:00~19:45
●会場:武蔵野美術大学 9号館5階515教室
●入場無料(事前申込優先*申し込み方法は上記リンクにてご確認ください)
●定員 : 100名


登壇する(株)モーフィングの酒井博基さんは基礎デ卒だし、モデレータでTERATOTERAディレクター、Art Center Ongoing代表の小川希さんはムサビ映像学科卒→東大大学院という方。

あ、モーフィングといえば現在ミッドタウンで開催中の
【あっちのハブじゃない】東京ミッドタウン・デザインハブ企画展「ハブとマングース」とは?
はモーフィングに運営協力してもらってますが、12月1日がオープニングレセプション。
酒井くんは来ないつもりだな・・。

と、この時期はいつ来ても何かしらやってるので、ぜひフラっと遊びにきてください。
 
 

学生さんも頑張ってて、
リズムで戦う格闘ゲーム『PHRASEFIGHT』開発中。「音」で殴り合い響き合う、奇妙なハーモニーファイティング | AUTOMATON
クルステ氏はムサビ生・・らしい。
 
 
小平の魅力をアートで…小学生制作 29日まで展示 : 読売新聞
東京新聞:アートで市の魅力体感 発見!こだいら 武蔵野美大など協力:東京(TOKYO Web)
こちらは芸術文化学科による小平市での地域連携活動。本日までやってます。


そうそう、芸術文化学科といえば、
芸術文化学科任期付専任教員 公募 | 武蔵野美術大学
現在任期付き専任教員を募集しています。着任日が来年9月1日なのでご注意ください。
 
 
先生といえば、先生の活動をまとめて。
清水多嘉示「のびゆく」原中生徒が磨き上げ
彫刻学科の黒川先生の活動。
黒川先生は現在札幌中之島公園にある木下成太郎像の修復にも関係しています。
木下成太郎は大東文化さんとムサビを作った方で、今回の修復は大東文化さんと連携しながらやっています。


グレートジャーニー関野先生の三鷹ルームでの連続講座もすごいっすよ。
地球永住計画 連続講座
関野先生だからできる対談ですね。
ここにはまだ出てきていない超大物ゲストも予定されてるので、だまされたとおもってチェックしてみてください。
 
 
そして
巨大キャンバス 圧倒的な世界観 : 読売新聞
遠藤彩彰子展の記事。ムサビが遠くても絶対に見た方がいいって。


国内外66人出品 来春、魚津で富山国際現代美術展(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ) - Yahoo!ニュース
自称・富山観光大使である学長が5月3日に文化講演会をやるらしい。

学長といえば、
長澤忠徳学長が第6回サンクトペテルブルク国際文化フォーラムにて登壇しました
イリヤ・レーピン名称サンクトペテルブルク国立絵画・彫刻・建築アカデミー(ロシア)との交流協定を締結しました
2週間前はロシアに行ってました。
「ロシアは寒いから、いつもより長めの詰襟を着て行ってるのかな?」とスタッフに話したら意外とうけた。


卒業生の活躍を3つ。

女2人でゴキブリを食べてきました ゲテモノの名店「珍獣屋」での一夜 - ねとらぼ
チョーヒカルさんもいろんな仕事をするようになったなあ。


ザ・ブラックカンパニー
2018年2月からフジテレビTWOで放送される「ザ・ブラックカンパニー」の脚本を芸術文化学科卒で大学史史料室の阿久津さんが書いています。
もこみちがサラダ油をたっぷりたらす本を書いてほしいなあ。


というわけで、最後に仲間の募集を。
採用情報を更新しました(嘱託職員/入試チーム・民俗資料室・図書チーム) | 武蔵野美術大学
保健室 嘱託職員募集 | 武蔵野美術大学
入試・民俗・図書館・保健室で嘱託職員を募集しています。
保健室は今日11月29日(水)書類必着ですが、そのほかは12月14日必着です。
特に入試チームはムサビOBOGに入ってほしいと思ってるので、ムサビ卒業生はぜひ!


以上、今日あたり一部の高校にはムサビからあるものが送られてるはずの手羽がお送りいたしました。
ムサビはさらに前へ進みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中