【EXHIBITIONとPLAY】SICF19が参加クリエーター募集開始しましたよっ!

2017年11月17日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SICFとは、Spiral Independent Creators Festival (スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)の略称で、南青山にあるスパイラルが若手作家の発掘・育成・支援を目的として2000年から開催しているアートフェスティバルです。毎年ゴールデンウイークにやってます。


公募によって選ばれた様々なジャンルのクリエーターがブース形式で出展していて、旬の若手作家作品を一気に見れ、なおかつ作家さんもその場にいるから、この数年手羽は必ずチェックするようにしてます(さすがに全会期は無理ですが)
SICF16に行ってきた!!
SICF17に行ってきた!
SICF18に行ってきた!

ちなみに2017年開催のSICFだと「SICF18」と表記されるんですが、18は西暦下2桁ではなく回数で「第18回SICF」という意味です。これがいつもごっちゃになって。ま、「それをいうならSICF18でしょ」と突っ込まれるとそれまでなんだけど、「1個違いならあえて1年休催して数を合わせてくれないかな・・」と書類で西暦と元号をいつも間違える手羽は思うのです(どういう論法)。
もうひとつちなみに手羽がいつもごっちゃになるのは、SICFはSpiral Independent Creators Festival の略だけど、文字が二つ同じのSFFはStudent Freepaper Forum、学生フリーぺーペーパーの祭典で、3文字同じのICAFはInter Collage Animation Festivalの略で、やはり3文字同じのSFCは湘南藤沢キャンパスの略で、SFCがミッドタウンでやってるイベントはORFで、文字面が似てるSMEはSony Music Entertainmentで・・・手羽キャパオーバーっす・・。


で、19回目を迎える来年SICF19の参加クリエイターの募集が一昨日からスタートしましたよ。
ブース出展形式の「EXHIBITION」と、パフォーマンス部門「PLAY」の2部門があります。

「EXHIBITION」応募要項

●応募受付期間:2017 年11月15日[水]~ 2018年2月15日[木]
●応募資格:
(1)国籍、年齢、作品ジャンル不問。ただし、期間中、会場に常駐できること。
(2)個人もしくはグループ。
●出展料/2日間:¥ 43,000 (税込)
※出展料は審査を通過後、参加決定の際に振込。応募は無料。
※個人、グループ出展共に同額。
●ブースサイズ:高さ2,400 x 幅1,650 x 奥行き1,650 mm
●応募方法:応募フォームに作家・出展情報などの必要事項を登録し、展示プランや過去の作品画像をweb上にアップロードするか、SICF事務局に郵送。
●会期:
A日程 : 2018年4月29日(日)〜30日(月・祝) 11:00-19:00
B日程 : 2018年5月3日(木・祝)〜4日(金・祝) 11:00-19:00
C日程 : 2018年5月5日(土)〜6日(日) 11:00-19:00
※全日程ともに50組2日間ずつ



「PLAY」応募要項

●応募受付期間:2017 年11月15日[水]~ 2018年2月15日[木]
●応募方法:基本情報などの必要事項を記入したメールに応募資料2点(a.作品コンセプトシート、b.審査映像)を添付の上、SICF事務局に送信してください。
●参加条件:
①パフォーミングアーツ、アートパフォーマンス、インスタレーション、メディアアート、プレゼンテーションなど表現方法は自由。
②準備時間は5分間、本番時間(撤収含)10分間の計15分以内で行なうこと。
③国籍、年齢、グループの人数は不問。
④指定の期日に実施する現地説明会に出席すること(指定期日は後日発表のため、都合が付かない場合は応相談)。
⑤火気・液体の使用は不可。施設を汚損しないものとすること。
⑥交通費、衣裳・小道具・大道具・稽古場・小屋入り等の費用は個人またはグループの負担。
⑦事前の場当たり/リハーサルは、出演日当日の開館時間前、1団体15分以内で行なうこと。
●参加料:個人15,000円(税込)、グループ20,000円(税込)
※「SICF19 EXHIBITION」にも参加する方は個人/グループ問わず3,000円(税込)
※参加料は審査を通過後、参加決定の際に振込。応募は無料。
●会期:
Ⅰ日程:2018年4月30日(月・祝) 13:00-17:00 [1組10分]
Ⅱ日程:2018年5月4日(金・祝)13:00-17:00[1組10分]


学生さんからすると、EXHIBITION出展料が2日間43,000円って結構な大金だと思うけど、SICFで受賞した人がその前後に他で受賞してるケースを最近ほんとによく見るんですよ。
SICF16 スパイラル奨励賞の後藤宙くんが翌年Tokyo Midtown Award 2016 アートコンペでグランプリを獲ったり、「第18回岡本太郎現代芸術賞展」特別賞受賞を受賞した江頭誠さんが翌年SICF17グランプリ受賞したのは典型例。
また、去年はGWの間の平日昼間に行ったけど来場者がすんごく多く、注目されてる展覧会なのが改めてよくわかりました。
去年からEXHIBITIONは100組から150組に枠が増えたので、このチャンスは使っておきたいもの。
美大生は申し込みましょっ!


以上、SICFで「この作品いいなー」と思ったものが結構な確率で賞を獲るんだけど、ミッドタウンアワードでグランプリを当てたことがない手羽がお送りいたしました。だからSICFの審査員にしてください(どういう論法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中