SICF18に行ってきた!

2017年5月3日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月2日(火)、朝1で六本木ミッドタウンへ。

ゴールデンウイークの六本木は必要以上にゴールデンウイークしてた(笑)

芝生広場で日向ぼっこしてる人を横目にデザイン・ラウンジで打ち合わせを2本やってから、青山スパイラルホールへGO。
目的はもちろん、次代を担うクリエーターの発掘・育成・支援を目的としたアートフェスティバル

SICF18(第18回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)
●会期: 2017年5月2日[火]~7日[日]
A日程: 2017年 5月2日[火]~ 3日[水・祝] 11:00-19:00  [50組]
B日程: 2017年 5月4日[木・祝]~5日[金・祝] 11:00-19:00 [50組]
C日程: 2017年 5月 6日[土]~7日[日] 11:00-19:00 [50組]
●会場:スパイラルホール(スパイラル3F) 、スパイラルガーデン(スパイラル1F)、MINA-TO(スパイラル1F)
●入場料:
[一般] 1 日券 500 円 / 通し券(A・B・C 日程) 1000 円
[学生]SICF 公式Facebook、twitter に「いいね!」「フォロー」で無料(要学生証提示)
※中学生以下は無料



通称SICFは、旬の若手作家作品を一気に見れるので、この数年手羽はチェックさせてもらってます。どの会期にいくかいつも迷うのだけど、今年は初日に行くことにしました。


  • SICF15 準グランプリのSATO SUGAMOTOさんの作品。藝大卒

SFCF18をチェックする前に見なくちゃいけないのが、スパイラル1F MINA-TO Art Wallでやってる、過去出展作家述べ1593組の中から糸やテキスタイルを素材とした作家5名に焦点を当てた展覧会 「SICF | SPREAD」
 
それとスパイラルガーデンでの「SICF17受賞者展」。前年受賞者展ですね。

SICF17グランプリの江頭誠さんの作品は別格扱い。
花柄の毛布を素材とする江頭さんはタマビ彫刻学科卒。
 

去年見た時もパワーが違いましたからね。グランプリも別格扱いも納得。
しかしどうやって作ってるんだろ・・。
 


  • スパイラル奨励賞の山内沙也果さんは女子美卒。

「審査する人が違っても、やっぱりいいものは評価されるんだな・・」と感じるのが、


  • 岡本美津子賞のFUKUPOLYさんはムサビ建築卒。


  • SICF16 スパイラル奨励賞の後藤宙くんは藝大院生かな?

FUKUPOLYさんも後藤さんも去年のミッドタウンアワード受賞者。後藤さんなんてグランプリですからね。
後藤 宙さん|受賞者の声|Tokyo Midtown Award

SICF17準グランンプリ・オーディエンス賞の後藤映則さんは、ムサビ視覚伝達デザイン学科卒。
後藤さんも去年の六本木アートナイトでの展示で話題になってました。
 


  • 木村絵理子賞の橋本美和子さんはムサビ油絵卒。

1階の過去受賞作をブラブラ見終わったら、もちろん次は今年の展示SICF18を。

SICFで写真を撮る時に困るのが、引きの空間がないんで全体像が撮れないことかな(笑)

こんな写真しか撮れなかったけど、GWの間の平日昼間っていうのにすごい人でした。
 


  • project wavesさんの作品。

SICFのいいところは、基本的には作者がブースにいらっしゃること。


気になった作品をいくつか紹介していきます。


  • 毒虫プロダクション。架空の自治体で展開された地域振興活動のプロモーションイベントを模したインスタレーション


  • MIKA OKUBOさんはタマビテキスタイル卒。


  • CANOO さんの作品。


  • 永井寿郎さんの作品。


  • 細谷幸隆さんはタマビ彫刻卒。


  • 長雪恵さんもタマビ卒。たぶんシアベニアを彫刻刀で削って絵を描いてるんじゃないかな。


  • なかやまありささんの「わたげ」。そうなの、たんぽぽの綿毛でできてるの。 てか、なかやまさんもタマビかな?


  • 鯨虎じょうさんもタマビの学生さんかも。・・実はこの中に・・・人がいます・・・。


若手には違いないんだけど、既にあちこちで作品を見かける方も。


  • 山田勇魚さんの作品は伊勢丹でも高島屋でも見た気がする。


  • 下村優介さんの切り絵もすっかり有名になりましたね。

 
「気のせいか毎年SICFに選ばれる人ってタマビが多いなあ・・ムサビは?ムサビはどうした!?」と探したところ、3名発見(笑)


  • 苔むす木工さんは基礎デ卒。ずっと削ってた。


  • 制野郁弘さん。染色した木材を圧着して作られた作品。制野さんも基礎デ卒で今年の「JDN卒展レポート」でも紹介されてます。後でわかったけど隣のブースの「革命倶楽部」もムサビOGユニットですね。

こちらは空デ4年の宮崎靖之さん。ちなみにこの作品は4/28までIFF MAGIC Japanに出展されてました。
IFF MAGIC【Made in Japanエリア】ピックアップギャラリー | 繊研新聞
頑張ってる学生さんがいるなあ・・他にもムサビ関係者がいたら教えてください。

 


  • 笠谷耕二さんは去年のSICFも出展されてたの覚えてます。しかし、これ全部陶でできてるんですよ。信じられます?


  • 名倉達了さんは藝大彫刻大学院卒で現在静岡大で助教されてます。ちょっとマニアックですが個人的には一番これが好きでした。

A会期は例年より比較的静かなものが多かった印象。
なかやまありささんの作品は「アーホ!」で紹介されそうな予感。


5時30分からは、

今年のアートディレクションをされた大黒大悟さんと河尻亨一さんによる「なぜデザインするのか?」というトークセッションがありました。大黒さんにはムサビ大学案内等でずいぶんお世話になったんです。

今日以降もトークイベントやワークショップ、ツアーが盛りだくさんでありまっせ。
SICF TALK / WORKSHOP / PERFORMANCE / TOUR
ツアー企画監修はゲイブン卒のアートメディエーター・冠那菜奈さん!

また、今日からSICF18 PLAYも始まります。
C日程にスイッチ総研が出演しますな。どんなパフォーマンスやるんだろ?
・・もう1回行くしかないかな・・(ぼそっ)
 

以上、こんな格好で現場からお送りいたしました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中