ムサビ芸術祭2016に本当に行ってきた!!!! #‎maufes

1日歩きっぱなしでヘトヘトの手羽です。今週が踏ん張りどころ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月30日(日)、武蔵野美術大学の芸術祭(学園祭)に行ってきたのでレポートを。


これまでの話はこちらをご覧ください。
【今年のテーマは妖怪】ムサビ芸術祭2016!
【来場者4万人】ムサビ芸術祭2016のオススメ企画紹介!!
【ムサビ芸祭】模擬店や企画の張り紙を勝手に紹介!!!
ムサビ芸術祭に行って・・ないので妄想でまとめてみた!!!!

大学公式Facebookは情報が早くて、写真もそうだけど動画も2日目分がアップされてます。
https://www.facebook.com/MusashinoArtUniversity
 
 
というわけで!

ムサビ芸術祭!


相変わらず凝ったディスプレイ。
前歩いてる人達が「これ、外注してんの?」と話してたけど、全部学生さんの手作りです。
学園祭グランプリでいつもムサビが装飾部門で優勝しちゃうから装飾部門がなくなったという噂もチラホラ。
 
 

10時のオープニングではこんな状態。
ありがたいことに入場待ちのお客さんがこんなに。



1号館下では武蔵野美術大学出版局と世界堂がブースを出してて、ムサビ関連本やグッズを昨日だけ販売してました。

えーと・・・かなり値下がりしてるんだけど・・。

くどいようですが売れてないのではなく、売れてるけど作り過ぎて在庫がいっぱいあるだけなんです(涙)
ま、2007年に出した本だもんね・・・これなら手羽がフリマを出して、もっと安く売った方がいいような気もする・・・。
 
 

学長から「自分で100冊ぐらい買いなよ」と言われ、「いや、もう100冊以上は買ってるんですが・・・」と照れる手羽と「でも残りはどうしましょうかねえ・・」と悩む出版局スタッフの図。


ああああ。話が暗くなる!その話はやめっ!!


今日の目的は大きく4つあったのです。
そのミッションをクリアしなければいけないのだ。
 
まず一つ目のミッション。 
 

「アホロの公演を見る」です。
これだけ宣伝しといて、まだ一度も見たことがなくて。
毎回みんな「すごくよかった」とコメントしてて、ムサビ公演はこれがラストっていうから見とかなくちゃ。
 

もうこれで手羽もアホロの仲間入り!

確かに面白かったです。
最後の展開と伏線回収は見事。「ああ、それであの人はそういう恰好なのか」と気が付かされた時のショックといったら。

手羽が学生時代、彼女が劇団むさびだったもんで3年ぐらい小劇団に関わったことがあるんだけど、当時は「意味がわからないドロドロとシュールなもの」が流行りというか「かっこいい」とされていて、コメディは下に見られてたんです。三谷幸喜さんも当時の話をよく語ってますよね。
アホロは言い方があれだけど「ちゃんとしたコメディ」になってて手羽はこういうの大好き。
まだ学生臭さが残ってる部分もあったけど、これからも頑張ってほしいなあ。


さて、2つ目のミッションはこちら。

世紀の数学受験生展

昨日も書きましたが、映像、建築、基礎デ、デ情では数学受験制度を昔からやってて、彼らは他ムサビ生のように美術予備校で絵の訓練をほとんど受けてない人たちです
ムサビの中では「へー、数学で入ったんだ」と必ず言われる存在・・・ではあるんだけど、数学受験生達がムサビの理念「教養を有する美術家養成」の象徴でもあり、「論理的に映像・デザインを制作できる」人たちでもあるんですね。

ただ意外と数学受験制度を知らない人も多く、それを知ってもらうために学生さんが集まったそうです。
 
 

んで、そのあとは、

絵が描ける油絵学科の学生さんに似顔絵を描いてもらった(笑)
 
 

・・・年取るとおばさん化していくっていうけど、ほんとだな・・・。

 

12号館前では学生プロレスをやってました。
昨日デビューしたばかりのムサビ日本画学科の女子レスラーを東大生レスラーがいじめるの図。
数年後の広告代理店の図みたい。
 
 

こちらは12号館8階でやってた校友会のキッズワークショップ。
すんごい人が来てた。
そうなんです。芸術祭って子供の居場所がなくて、親子連れは困るんですね。芸術委でもワークショップやってたけど、これだけ来場者が増えるともう少し子供が遊べる体験型が増えるといいのだけど。
 
12号館下りて、中央広場を歩いてたら、 

ムサヴィランズに捕食された。
口は悪いけどいい人達。
 
 
ん。遠くから耳なじみのあの歌が聞こえる! 

男神輿登場!
あ。偶然指が入ってしまいました。失敬失敬。
31日(月)は女神輿との結合の儀があるんで、そちらもよろしく!
 
 
そして3つ目のミッションは

ムサビートのショーを見ること
正式名称は「MAUムサビート」。MAUとはMaximum Attacker Unitの略です。
何度か学内歩いてる時に出会ったりはしてるんだけど、ちゃんとショーを見たことがなくて。
ちなみに左側がムサビートで、右側はムサビクトリーです。


  • 怪人が出てきた!うわーん、このままじゃムサビがボロボロになっちゃうよーー!!ムサビート助けてーーーー


  • ムサビート頑張れーーー!!!(小さい子供の声)

フィニッシュ!!

ありがとう、ムサビート!!!
ムサビの平和を守ってくれた!!

 
・・・うん。大声出したらおなかが減ってきた。
でもどこも模擬店は行列ができてて、すぐに買えそうにない。
視デの古堅先生が中央広場の小籠包のお店にずーーと並んでるのを中央広場を通るたびに見てるけど、なかなか進んでない様子・・。

でもあそこに行っとかないと怒られるし。
 

視デ組がやってるチョコバナナゲット。
意外とホワイトチョコと柿ピイーがあうことがわかった。

 

こういうのを見たり、
 

8号館でビビッドマンの特撮セットを見たり(映像は見ることができず・・・残念)して、また中央広場の方向に行くと、

古堅先生がようやく小籠包買えたところだった。
たぶん1時間ぐらい並んでたんじゃないかしら(笑)
しかしそんなに驚かなくて。
 
 

フリマをのぞいたり、
 

日本画研が出してる立入禁止張り紙が妖怪仕様になってたり、
*追記:
読者の方から「これは妖怪でなくて、信貴山縁起絵巻の剣の護法童子ですね。パームがキルアを追いかけた時の元ネタでしょう」と指摘をいただきました。
 
 

これまたすごい行列のできるピンクの小屋がすごい揺れてる様子を確認したりしながら1日を過ごしました。

 
ん。またあの耳なじみのある歌が聞こえる。男神輿だ!!
こんどは中央広場だな!!急げ!!

あ。やっぱり指が入っちゃった。失敬失敬。
・・・って出せるかっ!

 
んで、今日の獲得品は

これが4つ目のミッション。1冊500円で1号館のモニタ下で売ってます。
そのへんの美大解説本より全然詳しい。
第1巻が受験期「美大をめざす君たちへ」、第2巻が美大に入ってからの「美大をめざした君たちへ」、第3巻が就活のことが描かれた「美大でめざめぬ君たちへ」。


  

100円くじでゲットしたムサビートの缶バッチ。
 
 

売り物だけではなく、フリーペーパーも芸術祭ならゲットできます。
これは学生さんが作ってるムサビ生向けフリーペーパー「エムスポット」。

うちの広報が出してる学生さんが編集してるフリーペーパー「マウリーフ」も芸術祭に合わせて新しいのを出してます。
今号の特集は「ムサビファッション通信」。

しかし、「美大っぽい感じ」ってヨシムラくんみたいになっちゃうのね・・。

てな感じで酔っぱらいが出てくる前に手羽は芸祭を脱出。
はしょってますけど、記事で紹介した展示はだいたい見させてもらいましたよ。
イベントもので見たのは後は魔法少女大河内ぐらいかな(SNS投稿禁止なので写真なし)


おっと、帰る前にアレをチェックしとかないと。

おっ。結構売れてる!!これが4万人のパワーか・・・まだフリマをやらなくていいのね(涙)

以上、「相変わらず一番芸術祭を楽しんでたのは手羽さんですね」と言われた手羽がお送りいたしました。
 

ムサビ芸術祭は10月31日(月)までやってますんで、この記事を参考にしてぜひ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中