【夢は叶う】六本木で素敵な夏を過ごそう!

今日はタマビ・女子美・東京造形・東京工芸さんのオープンキャンパスですよー、の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は「想い続けていれば、いずれ夢は叶うんだよ」という話を。


東京ミッドタウンは毎年夏に「MIDTOWN♡SUMMER」(ミッドタウン・ラブズ・サマー)というキャンペーンをやってまして、それが昨日7月15日(金)からスタートしました 。
日本3大花火をイルミネーションで演出する「サマーライトガーデン」(大雨の中点灯式をやったらしい)、普段は入ることができないミッドタウンの小川でヒンヤリできる「ASHIMIZU」など様々な企画があるんですが、


子供向けのワークショップも恒例企画となってて、、デザイン・ラウンジも数年前から企画参加させてもらってます。

というわけで、昨日はミッドタウンさんとの企画打ち合わせがラウンジで行われたんです。
 

ムサビ生に募集説明会を開き、
ミッドタウンアワード&ワークショップ説明会inMAUに行ってきた!!!
そして2次プレゼン審査で
サマーキッズワークショップ2次プレゼン審査会に行ってきた
最終的に2チームに絞られました。
そこから学内で企画のブラッシュアップ作業を続け、いよいよミッドタウンさんも含めた現場打ち合わせに突入した、と。

今年は



この2つの企画が、なんと8月11日(木・祝)、12日(金)の二日間連続で行うことになったんです。今年から8月11日は祝日なのでお間違いなくー。

嫌らしい話、この人手が多いお盆期間のミッドタウンアトリウムを全面二日間借りようと思ったら、いくらすると思います?言えないけど(じゃ言うなって)とてもじゃないけど1大学じゃ無理で(笑)、てことはそれだけ「人の目に触れやすい場所での開催」ということでもあり。
また恐らく2日間で1企画600人以上のワークショップ参加者があるはずで、この人数をワークショップ企画で集めることも学生さん企画では多分無理じゃないかしら。大変なワークショップだけど気合も入ります。

あ。そうだ。
翌日8月13日(土)のワークショップはTokyo Midtown Award 2012 アートコンペ受賞者の角 文平さん企画「真夏の3分クッキング」なんですが、角くんもムサビOBなんです。たまたま。
夏キッズワークショップの5企画中3企画がムサビがらみなわけで、ミッドタウンのお盆はムサビがもらいましたな。がははは。

ちなみにTokyo Midtown Award 2016アートコンペ2次公開審査の観覧者募集締切は19日です。ちなみにちなみにデザインコンペのエントリー受付は7月25日。いよいよ迫ってきましたよ。


って、ここまでが前振り(えっ)
デザインハブでもキッズワークショップをやるよ」とかまだまだ書かなくちゃいけないことがほんとはあるんだけど、今日はそんな話はどうでもよく、ここからが本題なのです!!


ミッドタウンラブズサマーでは去年から


BACARDI MIDPARK CAFEが期間限定オープンします。

もちろんバカルディジャパンさんのショップなわけですが、そこにとても魅惑的なメニューがあって、去年から「これ飲みたいなあ・・・」と思ってたんですが、去年はなかなかタイミングが取れなくて。

でも今年はミッドタウンラブズサマー初日にたまたま六本木にいる!!これはきっと運命に違いない。手羽は無意識のうちにオープンの午後5時ちょい過ぎにお店へ向かってました。

手羽は「さまぁ~ず」よりも「バカルディ」世代です。
 

手羽 「すいません。テイクアウトでこれください」
店員 「ありがとうございます。5000円となります」
手羽 「・・・え?!に、2000円じゃなかったでしたっけ?」
店員 「2000円ですとこちらの商品でございますね」

手羽ちゃんコンピュータを0.5秒間フル稼働させ、さんざん葛藤させた結果、

手羽 「5000円ので・・」

買っちゃった買っちゃった。

無意識で行ったわりにはなんでこんな一部始終の写真があるんだという突っ込みは抜きにして、勢いで5000円のを買っちゃった(涙)
ほとんど罰ゲームの「恥ずかしいアレを買ってこい」的な写真になってるような気もするけど、勢いだけで5000円のアレを買っちゃった(涙)

さて、5000円のアレとは何かというと

メガすいかモヒート!!

モヒートを知らない田舎者のあなたに解説しましょう。モヒートとは、ラムにライムとミントを加えた夏にバッチリなカクテル・・・手羽も3年前に初めて知りましたが・・。
そのモヒートを直径30cmぐらいのスイカ半分まるごとくりぬいた器にそそいだ飲み物、それがメガすいかモヒートなのだっ!!(ドーン)

ミッドタウンマネジメントさんから「一人でテイクアウトでこれを買ってる人を初めてみました」と言われましたからね(涙)
普通は屋外ガーデンでワイワイみんなで楽しみながらオーダーするものだからね(涙)
初日のオープン直後だから2016年メガすいかモヒート第1号購入者は手羽だからね(涙)
日本人初のRCAシニアフェロー受賞よりも名誉高き称号だからね(涙)

この写真を撮りたいがために買ったようなもので。
この記事のために5000円使ったようなもので。

夢は叶った。あっさり叶った。
でも夢は夢であり続けた方がいいもので、叶ってしまうとあとは寂しさしか残らないものかもしれない。

・・・・これ、あとはどうすればいいの?(ぼそっ)・・・。

スタッフに撮ってもらった、おっちゃんが窓際で飲んでる全然代わり映えのしない写真がいっぱいあるけど、それ載せても仕方ないし・・。
「こんな使い方をしたみた!」的な新しい展開も思いつかないし・・・。

女性陣にモデルになってもらった。
ちゃっかりラウンジアシスタントディレクターはカメラ目線だし、うちのイ左久間さんは蚊みたいな吸い方してるし、それなりにいい写真は撮れたけど・・・・虚しい・・これで5000円分のモトは取れたのだろうか・・・なんか違う気がする・・。

というか、気が付いたけど、手羽は車なんだけど。飲めないの。
さっきの写真、飲んでるフリだからね。自分で飲めないのになんで5000円使ってメガすいかモヒート買ってしまったんだって話ですよ。
せめて車じゃない日に買えばよかった・・人間勢いで動くとろくなことがない・・・

この後、スタッフがおいしくいただきました。
スタッフが皮が緑になるところまで食べました。
  

あなたもメガすいかモヒートをラウンジで飲みながらイルミネーション花火をご覧になってはいかがですか?



以上、「想い続けていれば、いずれ夢は叶う。でも夢は夢のままがいいのかも」な手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中