ファッション イン ジャパン展とルール?展と日本のグラフィックデザイン2021と東京城に行ってきた

2021年7月20日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日書くつもりだったネタを先延ばして、その前に2つ記事を書きます。
====


7月19日(月)、出勤すると今日は夏休みを取ってたことが発覚。
うちの職場の夏季休暇は、一斉休暇ではなく「いつからいつの間に●日休みを取りなさい」という仕組みでして、適当に休みを突っ込んだのを忘れてた・・。

もったないので11時で退社して、車を走らせ中央道へ。

ただ高速に乗ったところで「あ。今日からロードプライシングだ・・」と気が付きました。
ロードプライシングとは、オリンピック期間中首都高の車両を減らすために、日中はプラス1000円追加されて、夜中は半額にする実証実験なんですよ。
いつもなら500円ぐらいなのが1500円・・無観客になったんだからあまり意味がないように思うのだけど・・。


で向かった先は、

国立新美術館。

 
国立新美で現在開催されてるのが、
ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会

●会期:2021年6月9日(水)~9月6日(月)
●会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
●休館日:毎週火曜日
●開館時間:10:00~18:00※毎週金・土曜日は20:00まで。
●共催:経済産業省
●協力:七彩


会場はいい匂いのする女性か、もしくは細身の男性しかいなかった(笑)

すごくいい展覧会で、かなりのおすすめです。
これは見といた方がいいっす。
また、たくさんの洋服が見れるのもいいけど、七彩さんが気合いれて、いろんな種類のマネキンを出してくれてます。マネキンを見るだけでも価値があるかも。

 
このまま21_21へ行くだけだともったいないから、皆さんのために国立新美から21_21までの道のりを動画で撮ってみました!

・・うーむ、この動画って需要があるんだろうか・・。
 

 
21_21で現在やってるのは、
21_21 DESIGN SIGHT | 企画展 「ルール?展」

●会期:2021年7月2日(金)- 11月28日(日)
●会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
●休館日:火曜日(11月23日は開館)
●開館時間:平日 11:00 - 17:00、土日祝 11:00 - 18:00(入場は閉館の30分前まで)
●入館料:一般1,200円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料


私たちは、憲法や法律、社会基盤となる公共インフラや公的サービスから、当事者間の契約・合意、文化的背景に基づいた規則やマナー、家族や個人に無意識に根づく習慣、また自然環境の中から生まれた法則まで、さまざまなルールに囲まれながら、思考や行動様式を形成していて、それを可視化してみよう、という展覧会。

こういうのは地方の美術館じゃ見れないやつですね。21_21っぽい。

展覧会のルールが変わったらここに記載していくそうです。


続いて、東京ミッドタウンに入って、5階のデザインハブへ。
こちらで開催中なのが、
東京ミッドタウン・デザインハブ第92回企画展「日本のグラフィックデザイン2021」

●会期:2021年7月16日(金)~9月5日(日)11:00‒19:00
●会期中無休・入場無料
●企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

なんかいつもと違う感じのグラフィックですね。

会場は見慣れた感じ。

ムサビのポスターもありました。

ついでに久しぶりに多摩美術大学 TUBへ。
ムサビのデザイン・ラウンジが撤退し市ヶ谷に移り、その跡地にタマビが入ったんです。


  • オシャレなタマビっぽい空間。

日曜までタマビはオープンキャンパスをやってたので、こちらもオーキャン関連展示をしてたそう。

あ、7月21日19時からオンラインで、
すてるデザイン勉強会 vol.01「すてる」の反対語は「すてない」だけか?
というイベントがあるので、興味ある人は申し込んでみてください。

ちなみにオーキャンでの動画配信ですが、

「なんでTUBのチャンネルでやってるんだろ?TUBスタッフがやってるのかな?」と思ってたらやっぱりその通りで、なおかつ手羽と同じ DJIポケット2を使って配信してたそう。
あ、生配信のやり方教わっておけばよかった・・。


とここまで書いといてなんですが、実は六本木はオマケというか、本当に見たかった場所は外苑にありまして。

会田誠さんの「東京城」です。

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会が開催するイベント「パビリオン・トウキョウ2021」の一つで、他の場所には藤森照信さん、妹島和世さん、藤本壮介さん、平田晃久さん、石上純也さん、藤原徹平さん、草間彌生さんが「パビリオン」を展示しています。

しかし、よくこの段ボールとブルーシートの城を東京都はOKしたなあ・・微妙にコンセプトにはあのことに触れてないのがさすがというか(笑)
ちなみにムサビ建築学科の小西泰孝先生が設計サポートをされてます。


と、今日はパビリオン・トウキョウ2021等オリンピックに直接・間接的に関係する文化プログラムを紹介するつもりで、昨日の記事を書いたのだけど、

外苑には国立競技場があることもあって、すんごい厳戒態勢がはられてたんです。
「あ。この景色って東京オリンピック前夜の今しか見れないのか」と気が付き、いろいろ写真を撮ってきました。
明日はその記事を公開します。


以上、

まだ看板は日本グラフィックデザイナー協会のままなのね、の手羽がお送りいたしました。

経済産業省所管の社団法人としてデザイン団体が8つあり、それを「日本デザイン団体協議会 D-8」と私たちは呼んでます。
でも、そのうちの一つ日本クラフトデザイン協会
日本クラフトデザイン協会 法人解散につきまして
6月21日付で法人解散を発表し、日本グラフィックデザイナー協会が
2021年7月1日より、協会の名称を「公益社団法人日本グラフィックデザイン協会」に変更します。
7月1日付で名称変更しました。
これは「クラフトデザイン」「グラフィックデザイナー」という「くくり方」の見直しが起きてるってことで、この動きに注目してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中