21_21 DESIGN SIGHT「トランスレーションズ展 -『わかりあえなさ』をわかりあおう」も見てきた

2020年11月16日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月14日、

【巡回展もやります】「見えてないデザインー社会に問い続けるムサビー」に行ってきた
を見た後に、お隣の21_21 DESIGN SIGHTでやってるこちらの展覧会も見てきました。
これが手羽好みの展覧会で。

トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう

●会期:2020年10月16日(金) - 2021年3月7日(日)
●休館日:火曜日(2月23日は開館)、年末年始(12月26日 - 1月3日)
●開館時間:平日11:00-18:30(入場は18:00まで)|土日祝10:00-18:30(入場は18:00まで)
●入館料:一般1,200円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
●展覧会ディレクター:ドミニク・チェン
●参加作家:市原えつこ、伊藤亜紗(東京工業大学)+林 阿希子(NTTサービスエボリューション研究所)+渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)、Google Creative Lab+Studio TheGreenEyl+ドミニク・チェン、エラ・フランシス・サンダース、島影圭佑、清水淳子+鈴木悠平、Takram、長岡造形大学、永田康祐、noiz、長谷川 愛、シュペラ・ピートリッチ、Ferment Media Research、タニア&ケン・フィンレイソン+Google Gboard team、本多達也、やんツー、ペイイン・リン、ティム・ローマス+萩原俊矢、和田夏実+signed+筧 康明


「翻訳=トランスレーション」と呼ばれる行為を「コミュニケーションのデザイン」とみなして、互いの「わかりあえなさ」を受け容れあう可能性を提示する展示。


  • お。GoToの取り扱い店舗なのね。

一番最初の部屋は、マイクに向かって単語を言うと23ヶ国語に翻訳された言葉がスクリーンに映し出されるGoogle Creative Lab+Studio TheGreenEyl+ドミニク・チェン「ファウンド・イン・トランスレーション」
「翻訳」を具現化したものだけど、これが意外と奥深い。
例えば、さっき紹介した「GoToトラベル」も、完全に間違いとは言えないけどストレートに直訳すると「旅行に行くために行く」になり、あえて「Go」を使いたいなら「Go on a trip」が自然じゃないか?という話もあります。
でも日本人には「GoToトラベル」の方がニュアンスは伝わりやすく、そこに微妙な言葉の「わかりあえなさ」があるし、「大事なのはそんな細かいことじゃなくて」なコミュニケーションの「わかりあえなさ」もある。

「しかし、翻訳の展示でそんなに人は入るのかな?」と疑問だったけど、

「そうか。これってデザインだしコミュニケーションデザインだしソーシャルデザインだ」と遅まきながらメイン会場に入って気が付きました。
日本語を英語にする等「違う国の言葉に変換する」だけじゃなく、普段「企業や自治体の人にアートやデザインを翻訳してくれる人がもっと必要」と言ってるアレだし、言葉以外の例だと、湿布もそうですね。
冷感湿布と温感湿布の2種類があるけど、実は湿布には筋肉患部を冷やしたり温めたりする効果はなく、「スーとして効いてる気がする!」が好みか、「ポカポカして効いてる気がする!」が好みかぐらいの違いしかありません。
「効いてる感じがする」をデザイン(翻訳)したのが冷感湿布と温感湿布とも言えると。

そして「翻訳学」といえば、よく知ってる人がいた!


  • 伊藤亜紗(東京工業大学)+林 阿希子(NTTサービスエボリューション研究所)+渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)「見えないスポーツ図鑑」

東京工業大学×武蔵野美術大学の合同ワークショップ「コンセプト・デザイニング」でお世話になってるのが、翻訳学を専門にされてる野原佳代子先生。
「東工大×ムサビ」と聞くと、「安っぽいアートとテクノロジーの融合」(笑)をイメージされちゃうんですが、そうならなかったのは野原先生のおかげだし、新学科構想の発想は「コンセプト・デザイニング」での成果がかなり影響しています。

伊藤亜紗さんと野原先生のYotubeがあったのでこちらをどうぞ。


  • 和田夏実+筧 康明「…のイメージ」

他国語に変換できない言葉を展示したエラ・フランシス・サンダースの「翻訳できない世界のことば」

日本語だと「ワビ・サビ」がそうですが、「木漏れ日」も英語で表現できる単語がないんですって。「忖度」って言葉も翻訳者泣かせだと聞いたことあります。
以前、長澤学長も「日本でいう『懇親力のデザイン』をうまくニュアンスごと表現できる英単語がない」と言ってましたね。結局「Conviviality Design」(コンビビアリティ・デザイン)を使ってましたが。


  • 長岡造形大学森本康平助教を中心とした学生21名による火焔土器リミックスプロジェクト「縄文のある暮らし」

小倉ヒラクさんのFerment Media Research「NukaBot v3」
一言で説明すると「ぬか漬けロボット」ですが、糠床にいる微生物の代謝をセンサーで読み取って、その代謝データのパターンを読み取り、スマートスピーカーで糠床の発酵具合を「そろそろかき混ぜなよ」等と音声で教えてくれるってもの。つまり微生物の言葉を翻訳してくれる機械なんですよ。
こんな感じです。


  • グラフィックレコーディングのパイオニアである清水淳子さんとインターミディエイターの鈴木悠平さんによる「moyamoya room」

初対面の人々が集められ、みんなが心の中に抱えている複雑な気持ちや感情=モヤモヤを、目で見えるビジュアルで描き出し、参加者みんなで対話する試み。
確かにグラフィックレコーディングもトランスレーションだわな。
にしても「モヤモヤ」ブームですね(笑)

会場ラストにあるのは、やんツーさんの「観賞から逃れる」
「鑑賞から逃れる」とはどういうことか。
動画を撮ってきたのでご覧ください。こういうことです(笑)

 
ミッドタウンは冬の準備に入ってました。

例年のこの時期はミッドタウンのイルミネーションが有名です。
規制がかかるぐらいの来場者数になるんですが、さすがに今年は人がいっぱい集まっちゃまずいってことで、かなり時期をずらして例年1月から始まる

MIDTOWN ICE RINKが今年は11月19日からオープンするそう。
ラウンジが無くなったら21_21やデザインハブ以外は多分行かなくなるだろうから、ラストスケートするかいな。


以上、21_21を「にじゅういち、にじゅういち」と本気で読んでる人を知ってるので、「ツーワンツーワン」と翻訳しないとダメだなあ、の手羽がお送りいたしました。
翻訳?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中