【美大広報のレジェンド】きはらラジオに出演してきた【京都芸術大学に物申す2日目】

2020年7月22日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都芸術大学、通称瓜芸職員の木原くんがやってる大学非公式Youtubeチャンネル「きはらラジオ」。
京都芸術大学 アートプロデュース学科 山城大督研究室の学生さんがやってるトークラジオに出たり、

最近調子に乗りまくってる木原くん、学生さん相手だと「じゃん」とか言ってしまう木原くんを「ちょっと君、勘違い始まってるよ?」と伝えるために2日間出演してきました。
初日の様子はこちら。
【あれから10年】きはらラジオに出演してきた【京都芸術大学に物申す1日目】

周りに「どうだった?ただし、芯をついたコメントはNG(気が弱いんで)」と感想を聞きまくったら、社会連携・木反橋くんから「手羽さんは大御所感が出てた」と返ってきました。
それって暗に太ってるって意味じゃ・・「芯をつくな」とはいったけど「遠回し」とは言ってないのに・・。

なので二日目は「小者感」をテーマに。

どうですかね。小者感出てました?
1日目よりは自分の中の「よく出来た感」は高いのだけど。


さて、今日も少し舞台裏を紹介します。


  • 学生さんはこんな浮かれてる感じの吉田さんを見るのは初めてなんじゃないかしら(笑)

登場で使った長澤学長の面は、1日目に用意してたけど、すっかり使うのを忘れてて。
あ、先日の専任職員採用試験の最終選考で「長澤学長の強いリーダーシップのもと、御校は他美大より改革に突き進んでる印象があります」と語ってる方がいました。
ちなみにありがたいことに「手羽ブログいつも見てます」という人もいらっしゃって、採用された人がこの動画見て「こんなふざけてる人の下で働くのは嫌なのでやっぱりやめます」と言い出さないか心配・・。

実物はこんな感じで(よく出来てるでしょ?)、裏側は

ヨロバシドットコムの段ボールを張り付けてました。
段ボールだけだとグラグラしちゃうから、あかりちゃんの定規を勝手に借用して柄&補強。
工作したのはほんと久しぶり。

でもこれ、きっと戻すのを忘れて
あかり「お母さん、定規知らない?」
奥さん「なんで定規がないのよ」
あかり「知らないよー」
奥さん「ちゃんと使った時に元の戻さないから無くなるのよ!」
と怒られて、余計返すタイミングがなくなっちゃうやつだ。気をつけよ。


さっきは木原くんのことを「勘違いしてんじゃね?」と書いちゃったけど、平日毎日20分生配信ってほんとすごいと思ってます。
この3人は数年間ほぼ毎日ブログを書いてたし、ブログを書く方が圧倒的に時間はかかるけども、20分毎日生配信って、自分が15歳若かったら・・うーん、大変なのがわかるから多分やらないなあ・・。
また、「こうするといい」「なんでやらないんですか」という人は多いけど、自分から実行する、なおかつ自分をキャラクターに使うのってなかなかできません。その方が受験生の身近な存在になることは明らかなんだけど、そこまで踏み込めない。
広報ってある程度勘違いは必要なんですよね。なんだかんだ手羽も吉田さんも滝口くんも「勘違い力」がなければ、ずっとブログなんて書けなかったし。


ただ。

ただね。

レジェンドって「過去の人」って印象があるんだけど。
ずっとずっと気になってたの。
「自分はリアルで活躍してて、過去頑張ってた人にインタビューしてみました」な感じじゃね?
吉田さんも滝口くんも手羽も現役なの!!こういうところ気を付けようね。

でも貴重な体験を二日間させてくれた木原くんには本当に感謝してます。
ありがとうございました!(これが「サンドイッチ」です)


おっと、最後に重大な発表を。
「吉田さんみたいに準レギュラー目指してるんだけど(将来はのっとるつもり)」と言ってたら、なんと月1回で「美大を斬る!」をやることになりました。2週間に一度やってる「美大ニュースまとめ」を1か月まとめて、みんなで気になる美大の動きを紹介しようという企画。
ブログはできるだけフラットなスタンスで幅広く紹介するよう心掛けてるけど、動画ならもう少し「ああだこうだ」と言いあえるはずだから昔から動画向きなコンテンツだと思ってたんです。面白そうじゃないっすか?
普段は京都芸術大学と自分の宣伝しかしてないから、コンテンツを長続きさせるために1か月に1回は幅広く他美大の話題を入れたいしね。
初回は8月26日(水)、27日(木)の二日間!
昨日決まりました(笑)
ムサビ広報で手羽を使ってくれないから、学内の人徳がなければ、人脈使って外で頑張ってやる!


以上、何がさびしいって、

1日目もそうだったけど、ログインした時、バーチャル背景が解除されて一瞬「地」が見えちゃう、なおかつ見えてないふりをしてくれるところの手羽がお送りいたしました。
そう、グリーンバックを適当に壁にはってやってたんですよ。こんなことならもっときれいに張っておけばよかった・・。
てかこのスクリーンショットで気が付いたけど、カメラ位置を直前まで微妙に調整してたら、いつのまにかグリーンバックとあんまり関係ない位置でやってたんだな・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中