【思うより動け】所沢市×ムサビ協定締結記念講演会をやってきた

2019年5月18日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月17日(金)朝、手羽は長澤学長と社会連携チームスタッフと一緒に所沢市役所8階にいました。

8階は展望ラウンジになってて、食堂やショップ、所沢市の産業や名産等を紹介するディスプレイがあります。


  • 世界有数の卓球用品総合メーカー・タマス バタフライ・テックや天体望遠鏡世界シェア20%のビクセン本社も所沢にあるんです


  • すぐ横が航空公園。新宿副都心やスカイツリーも見える

んで、何をしに来たかと言うと、8階大会議室で

所沢市とムサビの文化芸術等協定締結記念として、市職員を対象とした長澤学長と手羽の講演会を開催していただいたのです!

所沢市との締結についてはこちらをご覧ください。
【まとめて紹介】15号館竣工式と所沢市締結式と4美大アラムナイにいってきた
ほんとは締結式話だけで1記事書けたんだけど、この時はイベントが密集してたから、まとめて書いちゃいましたね。


  • 藤本市長や副市長も参加されてました

まずは長澤学長から「所沢市のカルチュラル・エンジニアリングー元気な地域をどう作るのか?」という話を1時間たっぷりと。
長澤学長は行政広報にも昔から深くかかわっているので、得意中の得意な話。

そして続いて手羽が・・「え?配布資料の次第は手羽→長澤学長の順番になってるよね?」と気が付いた方、するどい!!
これには裏話がありまして・・。

直前に学長と社会連携のABさんと、手羽の作ったスライドを見せながら打ち合わせをしたら、
学長「内容的にボクが先にやるよ。手羽ちゃんの前座で」
手羽「いやいや、前座は手羽がやりますよ。私がムサビ紹介をやって、その流れで学長がいつもの熱いトークをしてくれたら」
AB「そうそう、もう所沢市さんにはこの順番で言ってありますし、多分先方も資料を既に作られてるはずで」
学長「その方がいいんだからそうしよう。市長の段取りが狂ったら申し訳ないけど、それは影響ないよね?」
AB「・・・進行上は問題ないはずですけど・・予定調和ができない大学と思われますよ」
学長「いいものにするんだからいいんだよ。それでいこう」
と決まり、

急遽この順番になった、と。
今のムサビは「変えることを恐れない」がモットーだし、藤本市長の信念が「思うより、批評をするより、自ら動く実践者となろ」だから、ま、許してもらえるかな。
中間管理職の手羽は学長がしゃべってる間、ずっとスライドシートを作り変えるはめになったけど(笑)

んで手羽の登場。
この写真は新社会連携チームリーダーが撮影してくれて、痩せて見えるから好き。
社会連携スタッフやラウンジスタッフが撮ると遠慮ないからズカズカと人の心に土足で入ってきて、太って見えるように撮るのよ。いつも心の鏡に映ってる手羽はこの手羽なんです。

「しかし、なんで人事異動した手羽がしゃべってるんだよ?!現担当者がやるべきだろ」と思いますよね(笑)

実は締結に向けた打ち合わせをしてる初期の頃に「協働活動が動き出す前に市職員さんへ手羽と学長にしゃべらせてください」とわがままをお願いしてたんです。
というのも、「美大と締結した」と聞くとほとんどの方が「美大生にタダで壁に絵を描いてもらおう!」「防災のポスターも描いてもらおうぜ!」「なんかのロゴマークは?それとゆるキャラのデザインも」「それより市報のデザインをリニューアルしてもらった方がいい」「地域芸術祭だ!」と思うはずなので、「美術・デザインってなんだろうね」「美大の学びの本質」「美大が社会に提供できるものは?」ってことを10年近く社会連携を担当した人間として、そして美大愛好家として説明しておきたかったんです。講演というよりも研修の意味合いとして。
なので、この日だけは手羽がやらせてもらうことにした、と。
ちなみに組織としてはあまりよくないことなので全休にしました。てへ。

こういう話ですね。
司会の方に冒頭で「手羽イチロウさんとして活動されており・・」と紹介されちゃったので、開き直って「頼まれてもないのに趣味で勝手に美大の宣伝活動をしてる・・・例えるなら『美大界のラッキーパンダ』と思ってもらえれば、ほぼ大丈夫です」とご当地ネタをいれながら話しました。


今回は最初から「誰に」「何を」伝えたいかはっきりしてたし、データは3月にやった
【アートとデザインと美大を知る】第1期TeiPスクールをやってきた【地域にデザインをつなげる】
スライドをベースにしたから、比較的早い段階で構想はできた・・はいいけど、TeiPは90分講演だったんでそれを30分にまとめるのと提案ベースに修正するのがちと苦戦。

これで人前でしゃべるのは終わり・・と言いたいところなんだけど、ムサビ入門で特別講師としてしゃべるのと、10月にある人たちを対象とした講演とワークショップをやることになってます。ほんとは美大振興活動が本業(?)なんで、その手の講演依頼受け付けております。タダでやりますよ(笑)

参加者は約80名。こんなにいらっしゃるとは思ってなくて。よくて2,30名だろうと。
「業務中に80名を2時間、よくわからない大学の学長と職員の講演に参加(動員)させる」のがどれだけ大変なことか同じ職員としてすんごくわかるんです・・。
今回この場を作っていただいた文化芸術振興課の皆さんに感謝いたします。
ちなみに終わった後に職員さんと名刺交換したら、所沢市民文化センター ミューズのスタッフに日芸卒の方がいて「受験生時代に手羽さんのブログ読んでました」と言われました。ありがたやありがたや。

 
社会連携チームリーダーとしての最後の仕事も無事に終わったし、


  • 食堂で昼食を。

手羽は地産地消定食。380円だったかな。

そしてやはり8階にあるお土産コーナーで

みんなのお土産用に「マコロン」を購入。
千葉県名物のピーナッツだけど工場は埼玉にあるらしい(でも本社は愛知)。
これがめっちゃおいしくて、みんなして「もっと買えばよかった」と後悔。


以上、

「このネクタイの柄、いいじゃん」と一番ネクタイに関係ない人が言ってたのを聞き逃さなかった手羽がお送りいたしました。


・・そういえば、地域との連携といえば、

まちで楽しむ7」がこの日曜にムサビで開催されるんだけど、ちゃんと宣伝してるか少し不安・・・。

ま、いいや。
月曜から更新再開します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中