【人脈はあるが人徳がない男の生き様3】少しだけ人徳もあった雨の日の話

2019年4月27日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は4月24日(水)に


  • 左から、ハタくん、木反橋くん、こもちさん、クマアカさん、新社会連携チームリーダーの澤乃井さん、misoさん、カクライさん、手羽。

社会連携チームとデザイン・ラウンジスタッフが新宿で歓送迎会を開いてくれたのです!

【人脈はあるが人徳がない男の生き様】ワタクシゴトではございますが2
自分でお店を予約して、人脈だけで自主歓送迎会開いたけど、人徳も少しだけあった(涙)
桑沢の高橋さん、ムサビにも手羽を大事を想ってくれる人がいたよ!


デザイン・ラウンジをスタートさせて8年目。初めて自分が送られる立場になりました。
皆さんからプレゼントをいくつかもらって、ひとつは

「手羽アルバム」と言えるもの。

MAU学生手帳っぽくデコレートされたフォルダに、デザイン・ラウンジで撮影された手羽の写真を大量にとじてくれたのです。
このためにハードディスクを探しまくってくれたらしい。

2013年の東工大との締結式準備風景。後ろのインタビューボードを張り付けてました。

これは2013年デザインハブキッズワークショップですね。
リンクロウが小6、あかりちゃんが小1。2人ともかわいいなあ・・そして手羽の髪が茶色い・・・こんなに茶髪だったのか・・・。

キッズワークショップは次回広報用に子供が作ってる写真が必要なんだけど、参加者の子供の顔を無許可で出すのはなかなか難しいので、どうしても後ろ姿や手元だけ写ってる写真が多くなるんです。なので二人を「肖像権フリー素材」として参加させてました。この時期のキッズワークショップ広報系の写真はひかりちゃんがあちこちに出てます(笑)
手羽家も子供も大きくなり、今は他の社会連携スタッフのお子さんが子役をつとめるようになりました。世代交代。
あ、家族写真だと手羽がカメラマンになるから、この3人で映ってるものって意外と少ないんすよ。ラウンジの思い出は手羽家の思い出。異動しても消さないでね。データだけ欲しいなあ。

2016年だとあかりちゃんたちも来てくれなくなり、一人で制作。日々成長。
手羽は細かい作業はメガネを外さないとできないお年頃にもなりました。日々成長。

2016年六本木アートナイト前のホスピタリティ研修風景。
「MAUIパーカー」を着てる手羽の写真ってあんまり残ってなくて、かなり貴重。
ちなみにプロフィールに使ってる写真は、急きょプロフィール写真が必要になって、職場の壁をバックに社会連携チーム木反橋くんに撮ってもらった写真です。

教職員紹介号として4月に学内発行されるマウピープル用に撮った写真。
井口先生もカクライさんも若い。ヒヨッシーくんも。
手羽は撮影日のタイミングが合わなくて、モニタの前で一人で撮影したものをモニタに出してリアル合成しました。トリックアートを目指しました(笑)
ちなみに当時のマウピープルをお持ちの方はチェックしてほしいのですが、手羽は法人企画、社会連携チーム、ラウンジのところに写っていて、「グー」「チョキー」「パー」をしてます。てへ。

んで、これが去年12月のデザインハブクリスマス会の写真。
手羽が映ってる一番新しい写真がトナカイ飾りをつけた姿って、それはそれで悲しいものがありますが・・。

なおかつ、写真の裏はラウンジ特製のハガキ仕様になってるんです。この手の凝りようはさすが美大生集団。あちこちの美大に送り付けようかな。


木反橋「こう見ると、手羽さんはグループ長になったあたりから急激に丸くなりましたね」
手羽「そりゃそうだよ。グループ長って全体を見ながら、みんなの特性を生かしつつ、いかに働いてもらうか考えないといけないから、基本的に性格が丸くないとやれないよ。『時には厳しく』が手羽のモットーで、そうやって部下を成長さ」
木反橋「いや、『物理的に』って意味です」
手羽「あ、そう・・・・・」
てなやり取りもありつつ、「実はもうひとつプレゼントがあるんです!」と渡されたのが

各スタッフが描いてくれた手羽の似顔絵色紙!!

これはラウンジスタッフの空デ卒・こもちさん作。
「手羽さんが『人徳がない』ってブログに書いてたけど、人事異動の内示が出たすぐにこのプロジェクトは動き出したんです」とこもちさん。
ちょっとなに、泣きそうなんですけど。高橋さん、聞いてる?手羽って愛されてたんだよ。

芸文卒の社会連携・クマアカさん作。
ちなみにクマアカさんといえば、ワークショップ発表会チラシのイラストも描いてるんだけど、今年の頭に視デOBから「今、国交省のパンフのデザインを頼まれてて、発表会のイラスト描いてる人にイラスト描いてもらいたいんだけど手羽さんの知ってる人ですか?」と連絡があったんです。完成してそれが世の中に出回ってます。
どこでどう見られてるか、つながるかわからないもので。

ラウンジスタッフの工デ・misoさん作。
さすがあちこちで似顔絵描きをやってるだけあって、プロ級。
ただちょっと老けてね?こんなもん?

ラウンジスタッフの映像卒・ハタくん作。
似てる度でいえば、一番似てるかも。映像学科といえば色鉛筆だし。
こうやってみると、みんな素材が違って、みんな出身学科が違う。


そしてオオトリはデザイン・ラウンジのリーダーでもある、

デ情卒・カクライさんが色紙に描いてくれたマンガ!


上段・下段をそれぞれアップしていきましょう。

スタッフ全員の似顔絵が出てくるんだけど、これもそっくりで。
これといった特徴のない木反橋くんの顔もそっくり。

確かに内示直後にやった行動は「『スーツ フード』でググる」でした。
「『ブログとパーカーは手羽さんのアイデンティティ』と言われたし、フード付きのスーツってないのかな。少しぐらい需要はあるはずだし。ファイナルホームあたりで出してないかな」と。
でも、最初に出てきたのがこういう画像で、「そういうものって求められてないのね・・」が内示直後の学び。大人の階段を少しのぼった。

右上は
【少し近況報告。シツケ陰謀説】手羽美術大学★1100記事達成!
この記事がネタ元ですな。シツケワークショップ急募!
ちなみにラウンジでは「ヒト・モノ・カネ」というフレーズがパワーワードになったそうです。
カクライさんがさすがなのは、一番手羽をスマートに描いてくれたこと。これくらい徹底しないといけないのよ。若い人達、わかってる?


・・・てか、よく見たら漫画の最終回みたいになってんじゃん!

「今までありがとうございました!!手羽美術大学に栄光あれ!」って、完全にアンケートの人気がなくて、突然の打ち切りパターンじゃん!
違う、違うんだよ。手羽の次章がこれから始まるんだよ!打ち切りじゃなく好評のために継続決定なんすよ!「フリーザ編で終わるべきだった」と言われたりもするけど、ハンターライセンスとって、手羽が大好きなグリードアイランド編がいよいよ始まるんだよ!本当の修業はこれからなんだよ!!

そして、写真アルバムと似顔絵がプレゼントってよくよく考えたら、どんだけ手羽は自分のことが好きと思われてるんだ、で。
普通2種類あったら違うものにするでしょ?でも「きっとこれを渡せば手羽が喜ぶはず」とスタッフで話し合った結果が「2つとも手羽の顔が主テーマ」ってことでしょ?
確かに一番好きなのは自分だけど、セルフエスティームだけは高い手羽だけど・・・嬉しい(笑)

そして、手作りなのも嬉しいですよね。「スタッフみんなが描いてくれた似顔絵がプレゼント」って職場が美大やデザイン事務所じゃないとありえないわけで、やっぱり絵が描ける、モノが作れるのって素晴らしいことだとラウンジ最後の夜に感じることができました。

なんだろう。目から鼻水が出てきた。おかしいなあ。


以上、

店を出ると雨が降ってて、女性陣から「私の傘に入ってください」「いえ、私の傘に」と「ちょっとー、手羽のことが好きだからって喧嘩しないでよー」と喜んでたら、ちょうど真ん中のポジションでびしょぬれになった手羽がお送りいたしました。

でも目から出た鼻水を雨が隠してくれた。
(きれいに決まった)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中