【人脈はあるが人徳がない男の生き様】ワタクシゴトではございますが2

2019年4月1日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私事シリーズ1はこちらをご覧ください。
【テバプリ】ワタクシゴトではございますが・・


そう、もうひとつワタクシゴトがあったんです。

このたび、4月1日付で異動することになりました。

・・あ、エイプリルフールではありません(汗)
以前、
これから(株)モーフィングさんでお世話になります
この記事を読んだいろんな人から「やめちゃうんですね」と言われたので、もうエイプリルフールはこりごりで・・。

知り合いのコトバを借りるなら「ヒト・モノ・カネの管理」をする仕事になります。
ルールではないんだけど、今までの人を見てると皆さんスーツを着てるようなポジション。
ちなみに事務局内で「手羽はスーツを1着しか持ってない」という噂がまことしやかに飛んでたけど、ふざけるな、と。確かにいつもパーカー+ジーンズだったけど、これでも一応サラリーマンなんだよ、と。理事会の時はいつもスーツだったんだよ、と。


ええ。2着持ってました(変わらない)。しかも1着は春夏もの、もう1着は冬ものです。
これじゃまずいと、

あわててスーツを買いにいったような感じでして。


内示があったのが1か月前。それからドタバタで引き継ぎをやってきました。
現在のポジションになったのは3年前ですが、今の仕事をやるようになったのが11年前。
いつの間にか「広報の手羽」より「法人の手羽」の方が長くなってました。いまだに「広報の手羽さん」と言われるんですが、今は趣味で勝手に美大の宣伝をやってるだけで(笑)

企画部ってことだと情報システム課・企画広報課含めて実に17年いたことになります。
17年ってことは企画部はムサビ日記、美大日記、美大ラウンジ(裏)、そしてこの手羽美★と手羽ブログの歴史でもあるんです。
ここまでずっと企画部だったのは手羽ぐらいで、他が引き取ってくれなかったのかもしれないけど。


この間、いろんな仕事をやらせてもらいましたが、改めて考えると自分にとってデザイン・ラウンジの立ち上げが一番大きかったと感じてます。
ラウンジに関わってなければ、デザインの勉強はやらなかったろうし、ムサビの社会連携も広がりがなかったろうし、新学科の構想も生まれなかったと思います。

新しい仕事は六本木は全然関係なくなり、どちらかというと市ヶ谷キャンパスに深くかかわる感じになりそう。
てなわけで2月27日、デザインハブの定例会があったので、ご挨拶がてら久しぶりに六本木へ。

六本木は桜が満開。
同じ日にムサビで撮った桜は

まだこんなもんだったから、いかに六本木と小平では気温が違うのかわかります。六本木はもう皆さん春物着てましたからね。
ちなみにインスタで外食料理を写してるようでいて実は彼氏と二人で来てることをシレっと自慢するテクニックを使ってみました。桜はどうでもよくて、輝いてるテバプリを見ろ、と。
ちなみにちなみにテバプリは1月頭に発注して納車されたのが3月中旬だっただけで、別に異動で調子にのって3月に車を買ったわけじゃないからね!ここ大事!


そうだ。7年前の写真を引っ張り出しましょう。

家具がギリギリにしか入らなかったので、最初はバーベキューベンチを持ち込んでやってました。
PCの設定なども床でやってもらったっけ。
3月市ヶ谷キャンパス準備でバタバタしてるスタッフを見てるとあの頃のことを思い出しました。

これが7年前の開所式の様子。朝、シチレンボードを切り抜いて、フォトセッションの時にゲリラでもってもらいました。右の写真はuwabamiで、この時からコンテンツで困ったときはuwabamiにお願いするようになったっけ。(夏もよろしくお願いします)

デザイン・ラウンジの話を持ってきた長澤先生・井口先生、一緒に立ち上げをやってくれた津村先生、いろいろ教えていただいた九州大スタッフの方、運営協力してくれたモーフィング・グリーンズ・オフィスハローさんや東工大の皆さん、そしてこれまでのラウンジスタッフに本当に感謝してます。


そうそう、この日面白いことがありまして。
デザインハブ定例会で日本デザイン振興会さん、JAGDAさん、東京ミッドタウンマネジメントさんに感謝の気持ちを伝えたのですが、ミッドタウンマネジメントで一番お世話になった井上ルミ子さんがその場にいらっしゃらなかったのです。

なのでメッセージを送って、後ろ髪ひかれる思いでラウンジを後にし、

地下1階にいくと、ミッドタウンとして20番目となる作品が翌日除幕式ということで布をかぶってました。
「こうやってガードマンもいると、ガバっとこの布を剥がしたくなるなあ・・」と思ってたら、なんとそこで井上ルミ子さんと遭遇したのです。

「え!?え?メッセージを読んで手羽に会いたくて駆けつけてくれたの?マジで?ちょっと泣けるんですけど。そんなに手羽のことを想ってくれたなんて(涙)」
と感動してたら、「明日の除幕式のこと、ブログに書いてくださいね(平然)」とあっさり。
・・たまたま偶然出会ったのか・・しかし、すごいタイミング。この人、もってる。

ちなみに除幕式の様子はラウンジブログをご覧ください。
東京ミッドタウンに新しいアート作品! 除幕式を見てきました
そうなんです。ムサビ建築OB・ 石山和広さんの作品なんですよ!!
よりムサビとの強固な関係が生まれたミッドタウンさん、今後ともムサビをよろしくお願いいたしMAU。

 
ただ、内示があってからずっと悩んでたのが、手羽美術大学★を続けるかどうかで。
ブログ書くのがまずいポジションなのはさすがに手羽でもわかるけど、美大・ムサビネタまとめぐらいなら続けられるかなぁと思ったりも。うーん、どうしようかなあ。。


そして、もひとつ小さな問題発生。
異動するっていうのに学内で誰も祝ってくれない(涙)

以前、法人企画課長から「手羽さんは人脈はあるけど人徳がありませんよね」と言われたことがあります。「ああ。うまいこと言うなあ(涙)」と地味にヘコんだ思い出。人徳がないからムサビで誰も祝ってくれないんだな・・。

そこで「人徳がないなら人脈で祝ってもらうしかない!」とひらめき、桑沢の高橋さんに「異動することになったの」と連絡。「うん。了解」とあっさりの返事。
でも美大で一番気の利く高橋さんは「・・飲み会でもやる?」と続けてくれ、

3月30日(土)、美大飲み会をやることになったのです!!
ムサビ空デOGがおかみをやってる渋谷の小料理屋「百けん」です。
美大出身のオーナーが手掛ける、渋谷の百軒店にOPENした注目のお店『小料理 百けん』
以前行ったら料理がおいしくて、みんなを連れていきたかったの。
・・・はい。手羽がお店予約したんだけどね。
自分を祝ってもらうのに自分でお店を予約するってどうなの、と思ったりもするけど、そんな小さなことはどうでもいいの。数年後、記憶補正され、「誰かがお店を予約してくれ、みんなが祝ってくれた」となればいい。

いつものメンバーで、タマビの米山さんとメグリン、桑沢の高橋さん、東京造形のM澤くん、女子美のS々木くん、そしてムサビ日記OGのおきまろ。


米山「ところで今日の飲み会って趣旨はなんなの?」
手羽「え。・・・そ、それは・・」
高橋「手羽ちゃんの異動っていっても、出世でもなんでもないんでしょ?」
手羽「ま、いや、・・それはそうなんだけど・・」
高橋「どうせブログもみんなを不安にさせといて結局続けるんでしょ?」
手羽「そ、それはまだわからないんだけど・・」
高橋「そんなにみんなに心配してもらいたいわけ?やればいいじゃん」

てなわけで、この手羽美術大学★はもうしばらく続けることにします。ただ好きなことはあまり書けなくなるんで、更新はもっと減ってしまうだろうけど。とりあえず沖縄県芸に行くまではね。

そんな会話をしてると、タマビのメグリンがサプライズでケーキを出してくれたの!サプライズ!

えーと、いや、2019年はムサビ90周年で確かにめでたいし、祝ってくれるのはありがたいのだけども、手羽お疲れ様要素がどこにもないんだけど・・・みんな趣旨わかってる?


・・・ま、いいか!(ポジティブ)

MAU90ケーキを食らいつく手羽。
メグリンは「うちのマウおばあちゃんが90歳なので」と作ってもらったらしいです。
ちなみにタマビの米山さんは「ムサビ90周年ってオレは納得しないけどね」と、いつも仲良しなのに、こういう時にムサビとタマビの歴史観の差を引っ張り出す空気読めない男。
大学の歴史観でそうなんだもん、そりゃ戦争はなくならないわな。

というわけで、みんな手羽の異動を祝ってくれてありがとう!(無理やり記憶補正)


ドタバタの1か月だったので、ご挨拶できてない方もいらっしゃるのですが、ま、ムサビにはいますので今後ともよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中