【創造の穴】ムサビ地域フォーラム「アート&デザイン2018福岡」に行ってきた【その1】

2018年7月1日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月30日(土)、手羽お手製の旅のしおりをもって羽田空港へ。

「出張といえば手羽さんの旅のしおりでしょ」と言われ仕方なく・・・上司が旅のしおりを作ってみんなに配る職場ってどうなのよ。なんか一番手羽が浮かれてるみたいやん。
でも旅のしおりを作っといて、人生初のことをやらかしました。
「飛行機に乗り遅れる」です。
車で空港に向かったら、高速出口を通りすぎちゃって(涙)今まで何度も羽田には言ってるのに。で次の出口「浮島」で降りて、すぐに戻れば多分ギリギリ間に合ったのだけど、また道を間違って川崎の方に行っちゃって(涙)
車の中でご機嫌に爆音で歌ってると、この前も国立インターで降りそこねて八王子まで行っちゃったし(激白)

「道が混んでて到着が遅れる」ってことは時々あるけど、さすがに「飛行機に乗れなかった」なんてことはなく・・。
人間って面白いもんで、車の中で「やべっ!ど、どうすりゃいいんだ(汗)」と焦りまくったけど、離陸時間になった瞬間はあまりにもどうしようもなくて逆に気持ちが落ち着き、仏のように、無の境地に達しましたね。「ああ。時間が過ぎていくなあ・・」と。

旅の始まりからいろいろありましたが、なんとか次の飛行機に乗れて、

福岡の中心にある「FUKUOKA growth next」(フクオカグロースネクスト)に到着。

FUKUOKA growth nextとは、2014年3月に閉校となった旧大名小学校をリノベーションして、2017年4月に官民共働型スタートアップ支援施設と生まれ変わった場所・・・って詳しくは以前書いたこちらをご覧ください。
【廃校リノベーション】スタートアップ支援施設「FUKUOKA growth next」に行ってきた
最近ニュースで頻繁に名前が出た場所だったりしますが。。

なんでここに来たかというと、

6月30日、7月1日と第24回武蔵野美術大学地域フォーラム「アート&デザイン2018福岡」創造の穴~クリエイティブがイノベーション!?~が行われるのです。

地域フォーラム「アート&デザイン」とは、ムサビと校友会(同窓会)の共催で、地域との交流を深め、文化的メッセージを発信するイベントで、1995年から毎年全国各地で開催しています。全県に校友会支部があるムサビだからできるイベントでもあり、 一昨年は名古屋、去年は神奈川で開催され、24年目となる今年は我が福岡!

上記記事にはあえて書かなかったけど、もちろん前回訪問したのは今年の下見だったんです。
去年7月に会場を決める打ち合わせがあり、いくつか候補があったんだけど、その段階で新学科のコンセプトは固まっていたので「ここでやりたいです!」と決めさせていただきました。
新学科のお披露目には最高の場所だったので。あ、校友会の方には当時新学科のことを秘密にしてました。てへ。

では会場に入ってみましょう。
まずはスタートアップカフェ。


  • 福岡市とTSUTAYAが起業創業のための情報交換交流拠点として作った場所

この日も2つイベントをやってました。

でも、ここ以外はこの2日間、完全にムサビが占拠してる状態になってます。大学が全体を使ったイベントをやるのは初めてなんだそう。


  • メイン会場はイベントスペースとしても使えるコワーキングスペース(フリー席・100席程度)


  • 校友会が会場準備をしてた。


  • 普段はこんなレイアウト。

ハンドメイドマーケット「minne」とホームセンター「GooDay」によるGOODAY FAB DAIMYO × minneのアトリエでは、

ムサビ建築OBで、週休3日制度などの「国東時間」で有名な松岡勇樹さんによる「段ボールクラフト」が所狭しと展示されてます。


  • こんなものも。さっきから画面にちょいちょい映ってる段ボール作品は全部そうです。


  • こういう機材があります。


  • 福岡は昔から芸能人が多い県ではあるけど、最近の「福岡県出身の芸能人」っていうとやっぱりこの3人かな

明るいスタッフの皆さん(笑)

廊下では

CMディレクターでありムサビOB・中島信也さんの絵コンテの展示がされています。
はい、
【二人の根っことは】森本千絵×中島信也〈森の中〉展〜広告づくりの頭の中はアートの森〜に行ってきた
去年鹿児島で展示してた作品をアレンジしたものですね。


そしてもうひとつ。

黒板アーティスト ・すずきらなさんによる黒板ジャック!
普段はこっそりと描いて翌日驚かせるものだけど、今回は公開型でやってもらいました。

1時間後にくると、

ここまでできてた。早っ。
らなさんは目玉焼きをモチーフにすることが多いけど、きっと目玉焼きが好きなんだなあ(笑)
ちなみに手羽は目玉焼きにソースをかけたい派です。

作業の様子はネットでも動画で流れてて、メイン会場でみんなで見てました。

ちなみにメイン会場の正面には

スタートアップ界隈ではおなじみの泡専門スタンディングバー「awabar fukuoka」もあり、校友会事務局長がもう飲んでた’(笑)

おっと、写真撮ってる場合じゃなかった。そろそろ出番だ。

まずは校友会支部と大学との情報交換会。
今年は新学部・学科・大学院、そして市ヶ谷キャンパス開設という大きな話題があるので、校友会支部の方に理解していただき広めてもらわないといけない。


  • 井口先生から詳細の説明。

ちなみに一番正面で聞いてるのは、株式会社リクルートコミュニケーションズの萩原幸也くん。
彼は校友会常任幹事として参加してるんだけど、デザイン情報学科卒だからきっと井口先生の講義を学生時代を思い出しながら聞いてたんじゃないかと。

おっと、大事なニュースを伝えるの忘れてた。
29日の夜に、おかげさまで
平成31年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成30年4月分)
文科省のサイトで発表されました。
これで晴れて新学部・新学科の「開設予定」が「開設」となりました。
2019年4月開設のクリエイティブイノベーション学科をよろしくお願いいたします!


そのあとは手羽からムサビの活動報告をさせてもらいました。
どういう話をしたかは、また明日。

続いて校友会の定期総会。
最近は地域フォーラムに合わせてその地方で定期総会を開いています。


校友会と大学の内部イベントが終わり、場面転換のために休憩。


  • トイレに行ってから、すずきらなさんのところへ。3時間でどこまでできたかな。

おおおおお!!
3時間ちょっとぐらいでここまで描けるんだなあ。らなさん曰く「チョークのノリがいい黒板だった」そうで。
では、ここまでの様子を動画でご覧ください。


でメイン会場に戻り、

中島信也さんのミニトークイベント。
さっきまで信也さんはラジオの生放送を東京でやってて、すぐに福岡入りしてもらいました。
信也さんをこんなに酷に使えるのはムサビ校友会だけでしょうね(笑)

ミニトークの様子は別会場で中継もしてました。

同時進行で


  • 懇親会の準備も始まっていて


  • これがもうインスタ映えするケータリングで。


  • こんな形の生ハムも!!コーフン¡

というわけで懇親会スタート。


  • 造形構想学部長に就任予定の映像学科・篠原先生による挨拶

中島信也さんによる乾杯!信也さん、輝いてます。
福岡と校友会とムサビの未来に幸あれ!!!


  • 松岡さんとすずきらなさん。

あ、全都道府県と海外に校友会支部があり、建築学科や芸術文化学科、短大グラフィックには学科ごとの校友会組織もあるんですが、今年短大生活デザイン科(生デ)の校友会組織が立ち上がるんです。
発起人として壇上にいるのは手羽もよく知ってる生デの元助手さんで、15年ぶりぐらいの再会。「手羽ちゃんがこんなに偉くなって、こんなにプレゼンがうまくなってることにびっくり」と言われた(笑)

さ、今日も頑張りますよ!


以上、リリーさんがちゃんと遅刻せずに会場が来るまでが地域フォーラムな手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中