【二人の根っことは】森本千絵×中島信也〈森の中〉展〜広告づくりの頭の中はアートの森〜に行ってきた

2017年7月14日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月13日(木)、こちらへ行ってきました。

霧島アートの森
はい。鹿児島です。

こちらは自然と調和した野外彫刻がメインの施設なので、「箱根彫刻の森」をイメージするとわかりやすいんですが、箱根は古い作品が多いですよね。でも霧島アートの森は宮島達男さん、村上隆さんなど現代彫刻作品やナムジュンパイクまでコレクションにあります。

ちょっと見ていきましょう。

へ。彫刻学科出身の手羽をバカにしちゃ困る。
自然と彫刻作品の差なんて一瞬で見分けつくって。


  • ・・・わからん・・・。


  • ようやく1体発見。4体まではわかったけど5体目はわからず・・。

展示されてる作品や美術館での企画展は最近の人気作家さんを中心とした展示なので、正直「え。鹿児島でこんな上質な作品が見れるわけ?」が感想。皆さんも鹿児島に行ったらぜひ。


でも・・・それにしても・・・暑い・・・。
カラっとしてるから東京みたいなジメっと感はないんだけど・・・暑い・・。
それもそのはず、昨日南九州は梅雨明け!

れ、レストランで涼みながら昼食食べるか・・。

レストラン前にある草間さんの作品を見ながらトマトのカレー。うまし!



さて、本題に入ります。
なんでこの時期に鹿児島まで来たかというと、実はこちらの展覧会のオープニングに参加するためだったんです。

森本千絵×中島信也〈森の中〉展〜広告づくりの頭の中はアートの森〜

●会期:2017/07/13 〜 2017/09/18
●休館月曜日休園(祝日の場合は翌日休園,8月14日は開園)
●時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)*7月20日〜8月31日の土・日・祝は19:00まで開園(入園は18:30まで)
●観覧料:一般:800円/高大生:600円/小中生:400円
●主 催:鹿児島県文化振興財団/南日本新聞社/MBC南日本放送
●企画協力:株式会社東北新社/goen°co.,ltd./株式会社ムラヤマ/成旺印刷株式会社/佐々木尚
●協 力:湧水町/霧島山麓湧水町観光協会/第一交通産業株式会社/武蔵野美術大学


非常に珍しい「広告デザインの展覧会」です。
二人ともムサビ・視覚伝達デザイン学科卒で客員教授、中島さんは前校友会長で現在理事ですからね。そりゃムサビも協力しますよ、と。
そしてさらにこの企画展を担当された学芸員の方がムサビOB。
ムサビは中島さんや森本さんのようにトップクリエイターもいっぱい輩出してますが、こうやって地域の美術館で学芸員をされてたり、芸術活動をされてる方が多いのが一番の特徴だと思ってます。

おっと。そろそろオープニングの時間だ。

こちらがCM界の巨人こと中島信也さんとデザイン界の奇才・森本千絵さんです。

実は行くかどうか直前まですんごい迷ってたんです。
行く気はマンマンなんだけど、仕事を休んで鹿児島まで行く理由がもう少しほしい。だから「誰か背中押してくれないかなー」とちょいちょつぶやいてたの。
手羽がいなくなるとみんな困るだろうなあ、と思ってて、ムサビスタッフから「手羽さんがいなくなると大変だけど、大丈夫です!安心して鹿児島に行ってください!なんせムサビが協力してる展示で手羽さんがいかにわけにはいかないでしょ!!」「み、みんなああ(涙)」な展開を待ってたの。ずっと。

一切なし(涙)

でも2日前にSNSで森本さんから「お待ちしてます」とメッセージがありまして。森本さんから直接そう言われて行かない理由がどこにある。
てなわけで前日12日に飛行機・ホテル・レンタカーを予約するというドタバタで鹿児島にやってきた次第です。

高校生がたくさんきてた。
この展覧会を見て将来東京に出てCMディレクターやデザイナーになりたいと思ってくれたら。


  • 館長の河口洋一郎さんの挨拶


  • ここでも自撮りする中島さん


  • テープカット。

では会場を見ていきましょう。

会場は「信也の部屋」と「千絵の部屋」に分かれてて(正式名称ではありません)、最初は中島さんエリア。

館内は撮影禁止で唯一中島エリアで撮影OKだったのがこちら(笑)
ホワイトキューブの中に絵コンテや「CMができるまで」を中島さんが紙粘土でストーリーだてて作った立体物が展示されてて、「絵コンテってこんな感じに書かれてるんだなあ。ここからCMが生まれていくって・・なんかすごい」と。
このシリーズの絵コンテンも展示されてました。

これも中島さんだったのね。


森本さんエリアはいくつかフォトスポットがあり、


  • 絢香さんのジャケットで使われたセット実物が!よくこんな大きなものを保存してたなあ・・。


  • 三谷幸喜さんの舞台「声」に合わせて作った作品。スパイラルで展示されてましたね。

森本さんはミスチルの仕事もたくさんされてるので、ミスチルファンは興奮しちゃうかも。

ちなみに当日朝まで森本チームは作業してたそうで、ムサビOBの学芸員の方が「普段は作品をもってきて展示するのがメインだけど、現場で思いついた発想をどんどんその場で具体化させていくワークショップみたいなやり方は初めて。大変だったけど興奮しました」とおっしゃってました。
森本さんの手法をうまく説明するのは難しいのだけど、ムサビ関係者には「森本さんは及部ゼミ出身です」と言えば、「ああ。なるほどね」とわかってもらえるはず(笑)

こちらはユーミンのジャケットで使われたもの。これもよく取ってあったなあ・・。
しかも実物より写真に撮った方が、よりワープ感が出る。
あ、モデルは中島さんです。
 

森本さんは「木」や「根っこ」がテーマになることが多いですね。
森本さんと中島さんの根っこ・・それはやはりムサビですな(笑)

あ、そうだ。オープニングの様子がテレビで流れてました。

霧島アートの森で<森の中>展 開幕(MBC南日本放送) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00024064-mbcnewsv-l46 @YahooNewsTopics


また「開催チュー」バージョンの動画も公開されてます。


今後二人によるイベントもあって、
■自作のポスターをみてもらおう!
●日時:7月17日(月・海の日)14:00〜15:30
作家2人によるギャラリートーク「中島信也と森本千絵の森の中のおはなし」ののち,
参加者が持参したポスターや絵コンテを見ながら2人がコメントします。
広告・デザインのプロからコメントをもらえる絶好の機会!


■アートの森で森の中おどり
●日時:8月13日(日)14:00〜16:00
作家2人によるギャラリートーク「中島信也と森本千絵の森の中のおはなし」ののち、霧島アートの森のためのオリジナル曲で楽しく盆おどり?をします。
一般参加希望の方を大歓迎!


中島さんは土曜日のラジオのためにいったん東京に戻り、そして17日のこのイベントのためにまた鹿児島入りするそう。
しかし、踊りといえば二人はてっぱんコンビですからね。きっと楽しいだろうなあ・・だれか背中押してくれないかな(また言ってる)
・・「♪森の中展 アートの森でー」で踊るのかな?(ぼそっ)・・・。

皆さんもぜひぜひ!!!


以上、

二人のムサビのおっちゃんがお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中