ニコニコ町会議in新潟わらアートまつりに行ってきた #町会議

2017年9月3日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わらアートまつりレポートをやってます。
前日までの様子はこちら。
【9月2日からスタート!】巨大わらアート制作風景を見に行ってきた


9月2日(土)午前8時30分、長澤学長と一緒に会場へ。
通常だと駅から車で30分ぐらいなんだけど、「当日は道がすごく混む」という情報を聞き、早めの行動をとりました。

上堰潟公園に30分で到着。なんだ、全然混んでないじゃん。

いやー、それにしても暑い・・。
東京より湿気が少ないから過ごしやすい暑さではあるけど、直射日光がいたいっす・・。


今回のわらアートは10周年ということもあり、

ニコニコ町会議が新潟県で初めて開催されまして。

ニコニコ町会議(ちょうかいぎ)とは、ニコニコ超会議の地域ミニ版って感じかな?
夏祭りと併催されるイベントで、それにわらアートまつりが選ばれた、と。
今年は全国7か所でやってるそうです。


事前に「わらアートにニコ生中継が入る」と聞いて「ふーーん。といっても田舎のオタクな人達がボチボチ来るだけでしょ?」ぐらいに思ってたんだけど・・・手羽、ニコ生を完全になめてました・・。


  • 開演1時間前からすごい行列で・・・


  • 人数だけであれば他のお祭りでも人は集まるだろうけど、「若い人が」となるとこのイベントの集客力は圧倒的にすごい。


  • メインスポンサーがSUZUKIさんで、いろんなニコニコカーが展示されてました。これはシンボルカー


  • 他の車はナンバーがちゃんとついてて、全部「25-25」だった。さすが・・。

左から長澤学長、真ん中がわらアートの仕掛人である基礎デザイン学科の宮島先生、そして興奮気味に語っている左の方が西蒲区長です。


私たちはバックヤードテントに案内され、

こちらで待機。ラスボスがいらっしゃるまではここが私たちの控室。


しばらくしたら、そろそろ式典の時間に。
手羽は学長の雄姿を撮影するために急いで控室から会場へ移動。

セルの頭でよく見えない。
(コスプレイヤーの方もたくさんいらっしゃってたんです)

学長を撮影するためにはもっと前に行かないと。

式典の時にはステージ前はこんな状態になってました。

さていよいよオープニング。


  • 新潟市長の挨拶。

そしてわれらが長澤学長の挨拶。

ここで問題発生。

登場した瞬間はニコ生コメントは「学長、かっこいい」「服のセンスがいい」と流れてたんだけど、「稲川淳二に似てる」と誰かがつぶやいたところで稲川淳二まつりが始まった。

画面はこんな感じに(笑)
こわいなあ、こわいなあー。
こちらの50分あたりです)


んで、テープカット!

ちょっきーーーーん!


第10回わらアートまつりスタート!!!

屋台もいっぱい出てます。

ふと、道路側を見ると、


  • あああ。駐車場は既に満車だ・・・。

道路は完全に渋滞になってた・・うちらが早すぎただけで、開始時間に合わせて来ようと思ったらこうなってたのか・・・早く来てよかった・・。

いやー、しかし、ニコ生は時々見ることもあるし、ニコニコ超会議がすごいことは知ってるけど、地方のイベントでもここまでのものになってるとは。
テープカット直後にオープニングアクトが始まったけど、これがすんごい盛り上がってて。
しかも運営スタッフは基本ボランティアなんでしょ?ほんとすごいなあ・・。

とニコニコに感動してる場合じゃない。
手羽はこのためにはるばる新潟に来たわけじゃないのだ。

はい。全国のわらアートファンの皆さま、長らくお待たせしました。
いよいよわらアートを見ていきますよ。


・・・と思ったけど、長くなるのでまさかの明日に続くっ!



以上、一応

2012年にニコ生デビューしてる手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中