【小平にこないか?】5/20「まちで楽しむ6」で小平市の学生のよるプレゼン大会と市民とのディスカッションをやります!

2018年5月11日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムサビ鷹の台キャンパスは東京都小平市にあります。

小平市の名物はいろいろあるんですが、代表的なものはブルーベリー丸ポストです。
ブルーベリーの栽培発祥の地が小平市で、丸ポストは23区内はたったの5本しかないのに、小平市は都内自治体の中で1位の36本も現存してることからこの二つを小平市は推してまして。


最近は「都心から一番近いプチ田舎」をキャッチコピーとし、2016年に「こだいら観光まちづくり協会」が設立されたり、ポータルサイト「フラッとNAVI 小平にこないか?」やガイドブックが出たり、現在プチ盛り上がってたります。
PR動画もできました。

この前は市長が平昌オリンピックでゴールドメダルを獲った小平奈緒選手に「小平つながり」で会いにいき、「東京ゴールド」というキウイをプレゼントしてるのを見て「そこはブルーベリーじゃないんかーい!」と突っ込んだのは手羽だけではないはず(でも東京ゴールドも小平発祥なんです)


さて、その小平市には嘉悦大学・白梅学園大学・文化学園大学・津田塾大学・一橋大学・武蔵野美術大学と6つの大学があります。この小さな市で6つの大学ってすごいことで、お隣の国分寺市なんて1校だけだし、小金井市は3校、調布市でも5校なんですよ。
で、2013年にこの6大学と小平市が地域社会の発展と人材の育成を目的として連携発足した団体が「小平市大学連携協議会」で、通称「こだいらブルーベリーリーグ」と呼んでいます。(2017年に職業能力開発総合大学校も参加して現在は7校)

あ、小平市と大学といえば、今日まで小平市は「学生団体による市民活動支援公募事業」を募集してるけど、今日中に市役所に連絡すれば書類提出は少しだけ待ってくれるそうなのでまだ間に合いますよ。ブルーベリーリーグの学生さん、どうっすか?


と、ここまでが長い前置き。

そのブルーベリーリーグの学生さんが中心となって行われるイベントが、5月20日(日)にムサビで開催されるんですっ!!

まちで楽しむ6 -学生が作るまち小平-

●日時:2018年5月20日(日) 13:00-17:00
・第1部:学生によるプレゼンテーション
・第2部:学生と市民による交流型ディスカッション
●会場:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス 12号館 8階 第1会議室
●参加大学(予定):嘉悦大学、津田塾大学、白梅学園大学・短期大学、文化学園大学、武蔵野美術大学、職業能力開発総合大学校
●主催:こだプロ
●共催:小平市大学連携協議会
●問い合わせ先:小平市役所市民協働・男女参画推進課

 

以前はルネ小平でプレゼン大会をやってましたが、「もっと市民の方と近い距離で交流したい」ということで3年前からムサビで開催することになりました。

「まちで楽しむ」を一言で説明するならば、小平を拠点に活動している学生たちが活動内容をプレゼンしたり、市民と学生がディスカッションを通してさらに地域を知り、ふれあうイベント、かな。
もう今年で6回目となります。

去年の様子はこちらをご覧ください。
【大学社会連携プロジェクトの見本市】まちで楽しむ5に行ってきた!(第1部)
【市民と学生のマジディスカッション】まちで楽しむ5に行ってきた!(第2部)

そうなんですよ。すごく魅力的なイベントなんだけど、どうも「まちで楽しむ」というイベント名が内容を表しきれてない気がしてて・・。やってることは大学対抗プレゼン大会であり、大学社会連携プロジェクトの見本市であり、市民と学生による課題発見ワークショップなんですよね。


第1部は学生によるプレゼン。
去年から一斉レクチャー方式ではなく、会社説明会のようなブース形式でのプレゼンに変わりました。

やる前は「ブースってどうなんだろ?」と思ってたけど、終わってみたら大成功で今年もこのブース形式で開催します。ただ去年は狭い感じがしてね。ムサビにはアトリエ・演習室以外では机をどかしてフラットにできる広い空間があんまりないんですよ。なので今回は12号館8階第1会議室でやることにしました。
普段は教授会など大人数会議で使ってるところで基本的に学生立入禁止フロアなんですが、小平市のために特別に。見晴らしがいいので小平を一望するためだけに参加する価値がありますよ。

今年の出展団体は、嘉悦大学のイベント執行部、白梅学園大学の白梅子育て広場、職業能力開発総合大学校のロボット部、武蔵野美術大学の上宿小学校マスコットキャラクター制作委員会、大学の枠を超えた「みんなでつくる音楽祭in小平」などなどand more!
15,6団体がエントリーしています。
ちなみに進行は津田塾大学のアナウンス部です。


第2部は、より深く交流してもらうために市民と学生のグループワークショップです。

去年も盛り上がって市長が来てるのに気が付いてない人多数(笑)
ぜひ市民の方、そして学生さんは参加してください。


GW前に第1回の打ち合わせがムサビで行われました。

小平市役所の職員さんはいつも遅くまで学生さんのミーティングに参加してくれてて感謝しかありません。
学生さんも頑張って小平を盛り上げていきましょっ!



以上、これで手羽美★851記事目で900が見えてきた手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中