【日常が想像以上!!!】意外と知らないムサビへ行く5つの方法

今週来週とデザイン・ラウンジばかりな手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先生からも時々「手羽さんはいつも六本木のデザイン・ラウンジにいるの?」と聞かれるんですが、用事がなければ行きません(笑)。でもイベントや打ち合わせが重なると週の半分ぐらい行ってて、今週来週がまさにそんな感じなのです・・。


ムサビオープンキャンパス絡みの情報を連続して書いてます。
これまでの話はこちら▼
ムサビオープンキャンパスを楽しむ3つの方法
ムサビオープンキャンパスのオススメ企画


というわけで、今日はオープンキャンパスで初めてムサビへ行く方にムサビまでのアクセスを紹介します。
意外とムサビ生も知らないルートもあるはず。

■武蔵野美術大学オープンキャンパス2015
●会期:6月13日(土)10:00-18:00 / 6月14日(日)10:00-16:30
●会場:鷹の台キャンパス
*予約不要・入退場自由
*お車でのご来場はお控えください。
http://www.musabi.ac.jp/open15/event_06/

人間の慣れって怖いですね。すっかりこの写真にも慣れました。

朝日新聞出版発行の「大学ランキング2016年度版」によると、ムサビオープンキャンパス来場者数は国内全大学の中で69位なんだそうです。
募集定員1000名弱の小さな大学で、しかも年に2回しかやってなくて、無料バスも無料学食体験もないのに、です。受験生(と親御さん)だけではこの数字になるわけがなく、「いろんな人にムサビ・美大を体験してもらうイベント」であるってことをこの数字からわかってもらえれば。



主にムサビへのルートは5つありまして。

(1)西武国分寺線 鷹の台駅から徒歩18分。

鷹の台駅から18分です。20分ではありません。ここポイントです。
これが大学公式ルートであり、天気がよければこの玉川上水遊歩道ルートはおすすめ。

ただ、玉川上水遊歩道は雪や雨が降るとグチョグチョになっちゃうのが悩みでして・・・。
受験生で下見もかねてる方はできるだけこの大学公式「鷹の台駅から徒歩」コースを利用してください。 距離感がつかめると結構近く感じるけど、わかってないと長い長い道のりに感じるもんで。

「鷹の台駅からのルートがよくわからん・・・・」という方。
心配の必要ありません。
よほど変な時間じゃない限り、鷹の台駅から「それっぽい人」の後をついていけば間違いなくムサビにたどり着けます(笑)

なお、鷹の台駅前にはロータリーがないのでタクシーが止まってることは100%ないし、バスもありません。



(2)国分寺駅北入口停留所からバス20分

国分寺駅北口を出て2分ぐらいのところにバス乗り場があって、そこから20分ぐらいでムサビ正門前に着きます。あ、上記地図は去年の地図なので、国分寺駅正面のパチンコ屋などはもうありませんね。
久しぶりにムサビに行くOBOGは国分寺駅で降りてみて。開発の進み具合にびっくりするはず。

ただ、バスは増便してますが、天候・交通状況によっては時間がかかるし、時間帯によってはかなり並んだ上にギューギュー満員になります。それは覚悟しておいてください。
大学の公式ルートは上記(1)でして、入試時のバスルートを大学は推奨していません。「受験の下見」という方は(1)を使った方がいいです。
ちなみに無料バスは出ていません。

あ、バスの時刻表も出しておきます。

(3)立川駅からバス約30分、そこから徒歩約15分
「立川駅から若葉町団地までバス(約30分)。そこから徒歩(約15分)」という選択肢もありますが、これは徒歩ルートに慣れてないと道に迷ってしまう可能性大。 (慣れてると楽なルートではあるんですが)
玉川上水を渡る箇所を逃すとすんごく遠回りになってしまうし、立川通りは時間帯によってはかなり混むので、初心者にはお勧めしてません。あ。スマホのGPS機能使うと大丈夫なのかな?
ちなみに数年後には便利なルートになってるかも。


(4)国分寺駅からタクシー20分
中央線ルートだと、お金がある方、または3,4名ならこの「国分寺駅からタクシー約20分」ルートもあります。
2000円ちょっとで着くから、4人で割れば1人約500円ですみます。
大人の方にはよくこのルートを案内してます。
楽だけど、ほんとにくどいですが車は時間が読めないので注意してね。
雨だとタクシーが出はらってることも多いので、「大学に●時に待ち合わせ」とやってる人は特にご注意を。

裏ワザとして「西国分寺駅からタクシー約15分」もありますよ。
実は西国分寺駅からの方がムサビは微妙に近く、通常ならタクシーで2000円以内で来れます。
意外とこのルート知らない人が多くて、手羽は中央線からタクシー乗ってムサビへ行く時は西国分寺駅を使ってます。
なぜ「裏ルート」かというと、タクシーの待ってる台数が国分寺駅より少ないんです。
手羽は待っても待っても全然タクシーが来なくて仕方なく国分寺駅まで戻ったことがありまして・・。
タクシーパターンだと確実なのは国分寺駅。

立川駅かならもタクシーだと30分弱でムサビに行けます。
(立川通りの混み具合次第なんだけど)


(5)JR新小平駅からタクシー10分
埼玉・神奈川方面の方は、「JR新小平駅からタクシーで約10分」ルートが楽。
新小平駅からバスでムサビの近く(小川寺前。ムサビまで徒歩5分)まで来れるんだけど、本数が少ないんですよね・・
時間がある方だけバスを利用していただければ。
また学生さんだと新小平駅から歩いてくる人もいますが、30分以上かかるんで私は勧めません。

「タクシーに乗れる最寄駅」というセレクトだと、「小川駅or東大和駅からタクシーで10分以内」もなくはないです。
東大和駅も頑張れば歩けます(頑張れば)

「国立駅からバス」というルートもあるけど、初心者にはわかりにくいのでここでは割愛。
(でも結構使ってる教職員はいます)



こう考えると、意外とないようであるのが、ムサビへのルートなのです。
なお、自家用車での来場は、駐車スペースがないためお断りしています。鷹の台駅近辺に有料駐車場がいくつかありますので、そちらをご利用くださいませ。


業者さんが初めてムサビにいらっしゃる時、15分ぐらい到着が遅れることが多いです。
国分寺駅までは中央線でサクっといけるんだけど、そこから西武国分寺線や西武バスのダイヤとタイミングが合わなかったら、そのくらいの時間ロスになっちゃうんですね。
よく「ムサビは意外と中央線じゃない」と言われてますが・・・はい、そう思います・・・。
ま、オープンキャンパスなので気楽にお越しくださいませ。

ちなみにオープンキャンパス前日6月12日(金)は、その六本木のデザイン・ラウンジで公開講座をやってたりします。

■ラウンジ公開講座「Explore the Design」第1回
●講師: 津村 耕佑 氏|ファッションデザイナー/空間演出デザイン学科教授
●日時: 平成27年6月12日(金)18:30-20:00
※終了後に参加自由の交流会を予定しています。
●会場: 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●受講料:1,000円(当日受付)
※武蔵野美術大学の学生は無料(当日受付にて学生証をご提示ください)
●定員:100名(申込先着順)
▼詳細・申込みは下記サイトより
http://d-lounge.jp/2015/05/6050

事前申込制となってまして、わずかに残席があります。お早目に。


最近ムサビの宣伝ばかりですいません・・・オーキャン終われば通常営業に戻しますので・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中