【日常が想像以上!!】ムサビオープンキャンパスのオススメ企画

疑惑をかけられてる手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフから疑惑をかけられてるんだけど、なんの疑惑かというと、

■武蔵野美術大学オープンキャンパス2015
●会期:6月13日(土)10:00-18:00 / 6月14日(日)10:00-16:30
●会場:鷹の台キャンパス
*予約不要・入退場自由
*お車でのご来場はお控えください。

http://www.musabi.ac.jp/open15/event_06/

この写真を「フォトショ修正かけてるんじゃないか?」疑惑です。

そんなせこいことするわけないでしょ!
「オッサン」というフィルターで見てるから真実の姿が見えてない証拠ですよ。
手羽は素材はいいんです!でも普段は素材を生かしきれてないだけなんです!!
・・嘘です・・・縦横比ほんの少しいじってます・・・オッサンにだって見栄はあるの(涙)

そういうオッサン話はいいの。
オッサンじゃなくオーキャンの話を。

昨日も書いた通り
【日常が想像以上!】ムサビオープンキャンパスを楽しむ3つの方法
できれば丸2日間ムサビオープンキャンパスに来ていただきたいのですが、それは無理な相談ですよね。
なので、手羽のオススメイベントを紹介しつつタイプ別のルートを今日はご案内いたします。


・・・と、思ったんだけど、毎年オススメ企画を紹介すると、「手羽ちゃんはやっぱり視デ好きだ」と先生に言われたり、「手羽さんは芸文のこと愛してないんですね」と学生さんに罵られたり、いつも「そんなことないよ。みんな好きだお」と優柔不断な男の子的言い訳するはめになるので、当たり障りのないところを紹介します(意味なし)


まずムサビに到着して・・・あ、念のために書いておきますが、ムサビの場所は小平市の鷹の台です。
JR中央線国分寺駅がJRの最寄駅で、そこからバスでも電車でも到着まで30分ぐらいかかります。
初めて上京された方が「●●寺」という駅名だけ覚えてて、「今、高円寺なんですがムサビはどこにあるんですか?」と電話がかかってきたことがありました(実話)
中央線には高円寺・吉祥寺・国分寺と寺が付く駅名が3つありますのでご注意を。

で、正面1号館下で全体パンフレットなどをゲット!

6月オープンキャンパスの日から新しい大学案内や学科別パンフレットを配布スタートします。
受験生の皆さんはここでまず登録をしましょうね。

ちなみにオーキャン全体パンフレット以外に

各学科が作っているオーキャンパンフレットもあります。
全学科が作ってるわけではないのだけど、去年の様子だとほぼ全学科あったかな?

これは各学科のフロアにいかないと手に入りません。
全体パンフレットやWEBには出ていないイベントタイムテーブル等細かい情報も記載されてるのでこれは確実にゲットしましょ。

なんだかんだ興味のある学科のことを簡単に知りたければ、手っ取り早いのは全体説明会です。
1号館103(第1講義室)、104(第2講義室)、2号館201講義室でやってまして、スケジュールはこちら↓
ガイダンス タイムテーブル


今回の講座モノでオススメが3つありまして。

一つは学長トーク
マシンガントークの長澤新学長が両日とも12:20からしゃべります。
どうぞ新しいムサビを感じてください。

ちなみに長澤先生が企画部長自体に「ムサビのことはオレに聞け!」というトークを1時間ぐらいやっったことがあるんだけど、かなりヤバイ話をされてて、WEB動画公開するために当たり障りのないところだけ残してカットしたら1分30秒になっちゃった伝説もあります(笑)
こちらがその動画。

多分今回もこういう熱い話になるんじゃないかと。ここじゃないと聞けない話です。
あ、この学長トークですが、オープンキャンパスが終わっても続きます。
詳しくはオープンキャンパスの日にお知らせします。

ふたつめが、

ムサトーークです。
学生広報局スタッフによる、高校生向けのトークイベント。
4月29日に開催されたムサビューVol.1で手羽も見たんだけど、これが面白くて。

簡単に言えばムサビ生達によるぶっちゃけ座談会。
ムサビのことはほぼなんでも知ってる手羽も、デザイン系がどういう授業や課題をやってるのか細かいところまでは知らなくて、すんごく勉強になりましたね。
また学生さん視点での発言だから、「●●大学は名前書けば合格できる」とか手羽が言ったら大問題になりそうな話まで出てきてて、これは絶対に聞いておいた方がいいっす。
========
■ムサトーーク! 「ムサビの情視基」
・時間:両日とも14:40-16:10
・会場:2号館 2F201

========
手羽に司会やらせてくれないかなー、もしくは「ムサビご意見番のテーバくん」みたいなにゃんちゅうみたいなパペットがしゃべるテイでもいいのだけど。
ただこれを聞いちゃうと、1時間半使ってしまうので、その辺は自分の予定とご相談を。


そして、3つめは視覚伝達デザイン学科のトークショー

13日(土)は、視デ古堅真彦教授と視デ4年 チョーヒカルさんの対談。チョーさんはリアルボディペンイトでテレビなどにいっぱい出てますね。
『受験、入学、そして今』をテーマに、受験生へのアドバイス、チョーさんの課題や作品について語ります。

14日(日)は、視デOBOGである長嶋りかこさんと矢後直規さんによる対談。
『卒業、就職、そして今』をテーマに、学生時代の作品から、それぞれの今の仕事にどうつながったか、お二人で手がけた博報堂でのお仕事の紹介などなど。これはほんとね、聞くしかないっすよ。
===========
■視デ トークショー
●日時:両日とも13:00~14:30
●10号館305,306
 
===========
・・・「やっぱり手羽は視デ好きじゃん」と言われるな、こりゃ・・・。

ただ、気をつけてほしいのは、先ほども書いたとおり、ガイダンス・トークショーモノはそれだけで1時間半とか取られてしまうので、「短い時間でムサビ全体を知りたい」って人にはあまりお勧めしません。
そういう人は正直、有名人のトークショーを聞いてる時間があったら、いろんな学科のフロアを駆け足で見た方が絶対にいいです。

講座モノ以外だとワークショップはほぼ全学科でやってるのでぜひ。ワークショップやる時は何分ぐらいかかるのか先に聞くのがコツ。

また、空間演出デザイン学科はファッションショーをやってるんだけど、これが毎回人気で。
これは去年開演30分前に撮影したものだけどすんごい行列になってました。
整理券を配るか回数を増やしてほしいのだけど、今年はどうだろうか・・絶対に見たい人は早めに行動してね。

また、学科研究室以外に、教職課程研究室や就職課、国際センターなどもブースを出してます。教職カフェはおいしいコーヒーが飲めるので、疲れた方はこちらに。
・・と書いておかないと、教職・伊東先生から「手羽さんはいつも教職研をいじめる」と言われてしまうので。もう、バランスの塊です。

ほんで、最後に。

武蔵野美術大学出版局も書籍やグッズの販売テントを7号館下に出してるんだけど、今年は購入された方にくじ引きで、書籍「ムサビ日記」が当たるそうです!!やったーーー!!!


・・・当たりくじと聞いてるけど、ハズレクジのような気もするけどどうしよう・・・てか、本を売ってオマケが本ってどうなんだろう・・それって逆ガンプラ商法、逆AKB商法じゃないかと思うけどどうしよう・・・単なる在庫処分のような気がするけどどうしよう・・・いっぱい売れてるけどいっぱい在庫があるのはどうしよう・・・見て見ぬふりをするべきか、どうしよう・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中