【シャレオツ】モーフィング新事務所と津村耕佑展に行ってきた

2017年5月13日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月12日(金)、デザイン・ラウンジスタッフで中目黒へ。
中目黒駅から閑静な住宅街を5分ぐらい歩いた場所にそれはありました。

モーフィングの新事務所!
このPARTNER_WEBを運営するのが(株)モーフィングでして、詳しくはこちらを読んでください。
【モーフィングのお仕事】あまた食堂に行ってきた!
この連休に田舎のムサビに近い国分寺から、オサレなタマビ上野毛に近い中目黒に引っ越したんです。

しかし、新事務所が中目黒のシャレオツな一軒家ですよ。撮影スタジオとして使われてた建物なんだって。周りは小さなマンションなのか大きな家なのかわからない、壁が高くて表札がついてない・・明らかに芸能関係者が住んでそうな家ばかりで。

以下、アツシ渡辺ばりに建もの探訪しましょう。

玄関を開けると、2匹の犬の置物が待ってました。
どうぶつさんたち だいしゅうごうだ わいわい!

ミーティングルーム。
いやー、いい机だ。

まだ段ボールが山積みになってた1階のオフィススペース。フリーアドレスなんだな。
ちなみに社長室はないそうで、モーフィング 取締役もここで仕事してました(笑)
 

2階のオフィススペース。
訪問した時はこんな感じだったけど、スタッフは25人ぐらいいるそう。昨日も慌ただしくスタッフが出かけてました。
このたび、やはりスタッフが15人ぐらいいる世界株式会社と経営統合したので、全員が集まると狭くなりますね。

休憩スペース。

地下にも部屋があります。
いやー、いいドアだ。

来賓室なのかな?
ミーティングルームの机しかり、あちこちにオシャレな作品が置かれてますが、これらは杉山純さんと宮澤謙一さんのムサビ空デOBアーティストユニット「magma」の作品。
マグマは樹脂、廃材、電動器具、木などを手作業で組み合わせて創りだす独特な世界観で、広告美術、空間演出、家具、プロダクトまで幅広く手掛け、作品を制作し続けています。
皆さんがたぶん一度は見たことがあるものだと、

ゆず「終わらない歌」MVの美術を担当してたりもします。
モーフィングはmagmaのクリエイター・マネジメントもやってるんですよ。世の中にはいろんな仕事があるでしょ?


打ち合わせも終わり、せっかく中目黒まで来たんだからあそこにも寄って行きましょ、と車を走らせて20分。

5月10日(水)から21日(日)まで、青山のスパイラルでムサビ空デ教授の津村耕佑展「RECOMBINATION」をやってるんです。
ほんとは初日に行きたかったんだけど(涙)

津村先生はデザイン・ラウンジ立ち上げ前からお世話になってて、実はラウンジの家具選定は津村先生なのです。

これね、よーく見てもらわないといけないんだけど、

様々なマテリアルを使ったパズルのようなピース「PUZZLE WARE(パズルウエアー)」を活用した作品なのです。


組み合せて立体物を作ったり、その形を抜き取って違う場所にはめこんだり、こんなに表現に拡張性があるとは。
 

津村先生が考案し、川上産業さんとのコラボで作ったプチプチのパズルパーツ「プチプチタングル」は楽天で購入することもできます。
ちなみに「プチプチ」は川上産業株式会社の登録商標でして、「気泡緩衝材」が正式名称です。手羽は「エアーキャップ」派なんだけど、これも酒井化学工業株式会社の登録商標だったんですね。知らんかった・・。


以上、

夕方から大学で会議があるっていうのに、津村先生の作品でかくれんぼしてた手羽がお送りいたしました。


あ。ミッドタウンキッズワークショップの1次書類締切は5月15日(月)です。ムサビ生は急げ!!
それと早いもんで、Tokyo Midtown Awardアートコンペの締切も5月18日(木)必着なので気を付けてね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中