【モーフィングのお仕事】あまた食堂に行ってきた!

2017年4月30日(日)。4月も今日で終わりなのね・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月28日(金)、午後半休して、

国分寺にある島崎ビルへ行ってきました。

島崎商事有限会社さんが経営するビルで、2、3階は「より面白く、より文化的で、より素敵な場所に」をテーマに「島崎ビルARTSYプロジェクト」を行っています。一言でいうと「若手クリエイター支援」かな?

ここにはファッションからグラフィックデザイン、イベント運営など様々な活動をしてる

heso (ムサビやデザイン・ラウンジも大変お世話になっております)が入居してたりしますが、やはりこの場では、「3階にPARTNER_WEBを運営してる(株)モーフィングの事務所があるビル」と説明した方がいいでしょう。

いい機会なので、(株)モーフィングについておさらいを。

ムサビ芸術文化学科卒の加藤晃央さん(以下、呼びなれてる「加藤くん」で)が、2006年の学部4年の時に起業し設立したのが「株式会社モーフィング」です。
時々「モーフィングってなんの会社なんですか?」と聞かれることがあるんだけど、実は手羽もよくわかってません。だって謎なんだもん。
美大生と社会をつなぐ展覧会「THE SIX展」、美大生に特化した就職メディア「美ナビ」、就職展覧会「美ナビ展」、ギフトサービスGift your time、映像制作「Sundy」、アーティストユニット「magma」のマネージメント、美大生向けフリーペーパー「PARTNER」発行、フリーペーパーの祭典SFF等々「MORE ARTSY」をテーマに様々なことをやってるのは知ってるんだけど、「何屋さんか?」と聞かれたら言葉に詰まっちゃう。

加藤くんとモーフィングの名前は大学案内とかで昔から知ってて、直接加藤くんと話をしたのはデザイン・ラウンジができた直後・・5年前くらいだっけかな?
いつも眠そうな目をしてる加藤くんだけど、彼と手羽が(多分)一致してるのが「美大(生)やアートを一般社会に認知させたい」で、それ以来ずっと応援してます。WEB版PARTNERを立ち上げる時に「監修・アドバイザーをやってほしい」と頼まれ、「そんな偉そうな肩書はいい。それより記事を書かせろ」とわがまま言って今に至る、と(笑)


モーフィングは2016年の10周年を機に、新たな展開が始まりました。
ART STANDは記憶に新しいですが、6月からスタートするサービスが、

クリエイターのためのプラットフォームBAUS(バウス)
簡単な説明をするならば「企業とクリエイターをつなぐマッチングシステム」ってことになるんだけど、個人的には「クリエイターの関わり方や働き方のリデザイン」かなーと感じてます。
ちなみに手羽は「バウス」という言葉を見るとバウハウスとバウスシアターを思い出す根っからのムサビっ子です。
今日はこれが主題ではないのでこのへんで終わらせますが、注目しててね。


前置きが長くなりました。

んで、4月27日から島崎商事さんとモーフィングの協働事業として新たに始めたのが、なんと「食堂」。

島崎ビル2階にあまた食堂をオープンしたと聞いたら、そりゃ行くしかないっしょ。
 

■あまた食堂
●営業時間:昼ごはん 12:00~15:00|夜ごはん 18:00~23:00
※4/27~5/8までの夜ごはんの営業は21:00までとなります
●定休日: 毎週水曜日
●場所:東京都国分寺市南町3-22-31 島崎ビル2F
●アクセス:国分寺駅から徒歩2分

●席:20席 全席禁煙
●TEL:080-4819-3766
●MAIL:amata-shokudo@m-inc.jp
https://www.facebook.com/amatashokudo/
https://www.instagram.com/amatashokudo/


ランチラストオーダーギリギリの時間だったんで、お店は一息ついたところだったみたい。
ちなみに店員さんはムサビ生らしいです。

 

こちらは厨房。

ちょうど加藤くんも事務所にいたので一緒に食事をすることに。
 

現在のメニューは
【定食】
・塩麹と甘酢生姜のチキン南蛮定食 880円
・レモンパクチーのチキン南蛮定食 880円
・茄子味噌豚炒め定食 880円
※定食にはお味噌汁、出汁巻き玉子、明太子、お漬物がつきます。

【丼もの】
・九条葱と栃尾油揚げのきつね丼 780円
・ネギトロユッケの自家製ナムルのビビンバ丼 780円
※丼ものにはお味噌汁がつきます。


だけど、手羽はもう行く前から食べるものは決めてました。

塩麹と甘酢生姜のチキン南蛮定食で!
タルタルソースとチキン南蛮が大好きな手羽。時々チキン南蛮にタルタルがかかってないのがあるんだけど、あれはチキン南蛮とは呼ばない派です。どうですか、このたっぷりなタルタル!これですよ、これ。手羽のために作ってくれたような定食。タルタルは飲み物なのだ。

こちらはレモンパクチーのチキン南蛮定食
パクチー好きにはたまりませんな。
 

 

こっちはネギトロユッケの自家製ナムルのビビンバ丼。
これもうまそうだったなあ。

デザートは国分寺産のイチゴ。
国分寺でイチゴを作ってるんですね。

手羽が島崎ビルに来たのは2年ぶりなんで、食べ終わった後に「あれからモーフィングの事務所がどうなってるか見せてよ」と加藤くんにお願いし、
「えー、今は見てもしょうがないですよ」
「いいから、いいらから。それともなにかい。手羽に見せられないものでもあるっていうの?」
と酔っぱらいのおっさん並みに無理やり入らせてもらうと、

え?

なんと、この連休中に中目黒へ事務所を移転するそうで、引っ越しの準備真っ最中だった。
「・・なんだ。見ても仕方なかった」
「だから言ったじゃないっすか!!」
てな無駄なやり取り。
・・・ちょっと待て。今までムサビのそばの国分寺だったけど、なに、次はタマビ上野毛近くのオサレなナカメってこと!?・・・いいなあ(ぼそっ)
これまで使ってきた場所をクリエイターのシェアスペースにして、いろんなイベントを行う予定だそう。今後の展開も期待しててください。


あ、モーフィングといえば、モーフィング主催で行われた美大生図鑑読書会のレポート記事が正式アップされましたよ。

ほぼ全編SNSアップ禁止!?『美大生図鑑』読書会の美大ぶっちゃけトーク
結構ギリギリなところまで載ってますのでご覧くださいませ。
これ以上は完全にアウト(笑)


以上、午後半休までして行ったのは、

この写真を撮るためにいったようなもんの手羽がお送りいたしました。
加藤くんに「目立つ場所に置いといてよ」と場所指定してたことは秘密の方向で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中