美大生図鑑読書会@6次元に出てきた。

2017年4月16日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全員おっさんの写真だと画面を持たせる自信がなくて、白黒にしてみました。


2017年4月15日(土)、荻窪のブックカフェ6次元でヨシムラヒロム著「美大生図鑑」発刊記念トークイベントが行われたので、そのレポートをお送りします。
イベント詳細についてはこちらをご覧ください。
【ゲスト決定!】美大生図鑑発刊記念イベント@6次元にムサビ・タマビ・京都造形の職員がそろいます!
手羽も登壇者なもんで、今回は「行ってきた」ではなく「出てきた」なのです。


3時30分。
ヨシムラくんから指示された集合時間は4時だったけど、タマビの米山さん、京都造形の吉田さんと「軽くコーヒーでも飲みながら3人でミーティングしよう」と近所の喫茶店へ。
米山さんは「どういう展開になるかわかんなくて」と既に一杯ひっかけてきたらしく、「じゃ飲むか」と

喫茶店で生ビールを飲むおっさん3人。
左が京都造形の吉田さんで、右がタマビの米山さん。
吉田さんは昨日福岡で講演会があり、そのままこのために東京に来てくれました。
米山さんが着てるTシャツは9年前ぐらいのタマビオープンキャンパスTシャツ。この頃のタマビTシャツは確かにしゃれてたなあ。大きな羊の王様が描かれてて、「羊」「大」で「美」なんですよ。語源もそうです。
ま、ミーティングといっても「最近の関西の美大はどうなのよ。元気?」な話で終わってしまったけど(笑)

時間になったので6次元へ。
うーん、場所はこのへんのはずなんだけど・・・・・
「もしかしてこの階段がそうなのかな?」と恐る恐る階段を登ると、

ここだ!!

うわ。聞いてた以上にいい空間だ。
その道では有名な場所で手羽も一度行ってみたかったの。ここでイベントをやれるなんてほんとヨシムラくんに感謝だな。

美術や旅番組などのディレクターをされてるナカムラクニオさんが伝説のジャズバー「梵天」、カフェ「ひなぎく」が取り壊されると聞き、「この歴史ある場所を残さないとダメだ!」と店内にある家具を買い取り、リノベーションして生まれたのがこのブックカフェ6次元です。
ナカムラさんはパラレルキャリアを提唱されてるんですが、手羽がやってることもパラレルキャリアに入るのかな?

ヨシムラくんが昔描いた6次元のイラストをバックにいよいよスタート。

店内は30人入ると満席の状態。
来る前に行列ができる和菓子屋・吉祥寺「小ざさ」さんで最中(羊羹ではない)を買ってきたので皆さんにプレゼント。それをパクパク食べながらトークは進みます。

しゃべってるのはデザイナーの平野くん。
ムサビでもいろいろ仕事をお願いしてまして、例の件、担当者に連絡してあげてください。

・・・・・と記事を書き始めたはいいけど・・・・とてもここでは書けない内容で・・・「店から一歩出たらここでの会話を忘れてください」「SNSで今日聞いた話をUPしちゃダメ」と来場者の方にお願いしたくらいで・・・さて、どうしよう・・・しばらく写真だけでお送りします。


  • こちらがヨシムラヒロムくん。彼とも長いつきあいです。


今回のトークイベントの最終的なまとめは「美大は熱量だね」かなあ。
見た目はクズ人間なヨシムラくんだけど(笑)、「熱量」がとても高い人。やりたいと思ったことをとことんやり続けてる。
美大では才能も必要だけど、熱量がなければやっていけないんですよね。
「うちの子は才能がないから美大になんて」と親御さんがおっしゃるケースがありますが、うーん、才能を持ってるのはほんの一部で、あとの人間は「熱量」でがんばってる。
これは美大だけじゃなく仕事とかでもそうだけど、成功してる人・頑張ってる人とそうじゃない人の違いは「才能」ではなく「熱量」「覚悟」の違いかもしれません。


で、あっと言う間に2時間が終わり、

サイン会スタート。

会場は思ってたよりも若い方が多く。
川崎総合の碓井先生、桑沢の高橋さん、タマビのメグリンといつものメンバーはともかく(笑)、実はもう少し年齢層が上の方ばかり来るものだと思ってたんです。
学生さんも結構来てて、去年熊本の九州美術ゼミナールでムサタマトークをやったんですが、その時いた生徒さんが「ムサビ基礎デザイン学科生」として会場に来てたし、タマビ情報デザインの学生さんも。

この方は手羽と吉田さんのファンで、手羽ブログを昔から読んでくれてたり、受験時代に京都造形の鬼合宿へ参加して吉田さんにサインをもらったそう。これがそれです。
結局今はタマビの統合デザイン学科4年生ですが(涙)


あ、これだけは情報を出していいかな。

ヨシムラくんは今度は「藝大の人」とトークショーをやるそうです。
よかったらぜひ。

近所の居酒屋さんで2次会。


ヨシムラくんに「イベントやろうぜ!」とブログで声をかけたところから始まった今回の美大生図鑑読書会。
電話したら「手羽さんが出るならいいよ」とすぐにOKをしてくれた米山さん、完全アウェイになることはわかってるのに登壇してくれた吉田さんにはほんと感謝です。代わりといっちゃなんですが、タマビと京都造形のSD研修に講師として呼んでください。

平野さん、例の仕事、どうぞよろしくお願いいたします。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中