女子美術大学オープンキャンパス2016に行ってきた

最近女子美さんに行く機会が多い手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供がいてわかったことのひとつが「意外と美大卒の親が周りにいる」です。

普通の小学校PTAで「え。●●さんのママはタマビ卒なの?」「保育園運動会のイラストがめちゃくちゃうまいと思ったらパパさんは桑沢出身ですか・・」なんてことがよくあって。知ってるだけで10人ぐらいいます。都心に近い土地柄も関係あるのかもしれませんが。

あかりちゃんの同級生のママに、なんとムサビ工デ陶磁出身者がいて。
うちの奥さん(テキスタイル出身)と同時期にムサビ工デにいたはずで、同じクラスにムサビ卒親が2組だもん。確率的にすごいと思いません?
女子美付属中学に入れたいそうだけど、既に附属中学の学校見学会は終了してる。
「じゃ今度女子美のオーキャンがあるから連れてってあげますよ。女子美は知り合いも多いし」ということで、あえて杉並キャンパスのオーキャンに行くことになったと。あかりちゃんも女子美付属なら入れたい(大学はムサビ)

というわけで、女子美術大学杉並キャンパスオープンキャンパスにやってきました。


去年は1日で女子美相模原→東京造形→タマビのオーキャンを回るというかなり無謀なスケジュールを組んだから、今年はゆっくり1大学を満喫しようと。
というわけで、すんません、今年は東京造形とタマビのオーキャンには行けませんでした。
てか3連休で高速が混むのを去年経験しちゃったからそっち方面には行きたくなかったってのがあるんだけど(電車で行け)
 

グランド側から見た景色。
杉並キャンパスは大整備事業がようやく終わったので(多分)、10年ぐらい行ってない人はずいぶん景色が変わっててびっくりするかも。

受付の様子。
右側にいらっしゃるのは都立総合芸術高校初代校長で女子美術大特別招聘教授の佐藤清親先生。
美大マニアからすると「おお、佐藤先生が入試説明やってる!!」と。
 

女子美さんは2010年に大幅な改組を行い、杉並キャンパスはアート・デザイン表現学科と短期大学部、付属高校・中学のキャンパスになりました。アート・デザイン表現学科はメディア表現領域、ヒーリング表現領域、ファッションテキスタイル領域、アートプロデュース領域の4つの領域でできてます。
ちなみに杉並キャンパスといえば手羽は「女子寮(和田寮)」をイメージするんだけど、2009年に閉寮・取り壊して、現在は体育館がたってます。


まずは付属高校・中学の校舎を改修してできた6号館のアート・デザイン表現学科のフロアへ。
 

さすがキティちゃん3代目お姉さん輩出校だけあって、サン●オ的な作品が多い。
あかりちゃん達がいちいち「かわいいーー!!」と反応する。
 

6号館総務課の前には常設で「卒業生たちの仕事、作品」てのがあって、ぐでたまやシナモロールちゃんと一緒にキティちゃんも。
でもキティちゃんを作ったのはムサビOGなんだからね!(プンスカ)
 

LEDでキラキラ光るフェルト作品作りにチャレンジ。
型紙にそって切り取ってデコれば小学生でも簡単に作れます。あかりちゃんはリンゴの型を選びました。

手羽はウサギの型を選んだけど、そのまま作ったんじゃ美大卒として恥ずかしい。
勝手にアレンジをして、

マイメロちゃんを。目がビカー!って光るんです。
あかりちゃんから「体は白がよかった」とダメ出しくらいましたが。


女子美オーキャンの特徴だと思うけど、学生さんの作品販売会を数か所でやってました。
いろいろ見て、

フェルトで作られた猫の頭をゲット。よくできてるけど2時間ぐらいでできるそう。
400円なり。

オーキャンに合わせて短大受験実技力アップ講座をやってました。とうもろこしを鉛筆デッサンしてた。
 

今やサンリオといったら女子美さんですからね(開き直り)

そ、そんな衝撃的なことなのか・・・恐ろしい子・・。
 

2号館に移動して、今度は短大造形学科の藍染め体験を。
服を汚すリスクがあるから、藍染をやらせてくれるオーキャンも少ないかも。
 

ひもで自由で縛ったあとにチャポン。

定着させ、洗い流し、あとは乾燥するのを待つだけ。
その間に他の教室へ。
 

機織り体験。
これが一番喜んでたかな。
 

手羽「たまねぎの皮を集めて何すると思う?」
あかり「布を染めるんでしょ?」
今どきの図工教育は進んでるなあ・・・。

てなことをやってたらそろそろ受け取りの時間。
 

手羽の作品。グラデーションを入れてみました。うん、よくできた。
美大のワークショップで作って嬉しかった一つかもしれない。
だって、作ったはいいけど「そのあとどうしよ・・」てなものが多くて(ぼそっ)、あかりちゃんもだいたい捨てちゃうんですよね(ぼそっ)
 

おなかも減ったし学食でご飯食べますか! 


  • あかりちゃんたちはパスタランチ


  • 手羽は女子美ランチ。460円なり。

改修して学食がオシャレになったけど、女子大にしては学食があんまりおいしくないかも・・。パスタは缶詰ソースの味そのままだし、ハンバーグも冷凍ハンバーグそのままだったし・・。
 

学食横の販売店はお菓子祭り。
「普段はもっとお店広げて販売してるんだけど今日は遠慮して」と店長さん。さすが女子大だなあ。
 

学食の中では今年の女子美祭ポスターの投票をやってました。
今年のテーマは「スパイス」だそうで、これ難しいですね・・。
 

おなかもいっぱいになったし、次は「アニメーションおもちゃ『驚き盤』を作ってみよう!」にチャレンジ。
ゾートロープの円盤版ってことですね。
 

必死に12コマ描くあかりちゃんたち。
これもリンクロウ含めて結構いろんな場所でやってるけど、小学生には「アニメ」「少し変化させると動いて見える」の概念が難しいみたい。
小学生中学年ぐらいまでが相手だったら、「切り取って貼ったらできる」の選択肢も用意しといた方が満足度が高いかもしれません。
 

あかりちゃん達が作ってる間はおっちゃんは暇だからプラプラ。
こちらは活版工房。
ガラス張りで見える場所に活版工房があるっていいなあ。ムサビにも結構大きな活版工房があるんだけど普段中は見れないので。
 
ゾートロープは40分ぐらいかけてできた。
そのままあれをやるか!

銅版画!エッチング!!

版画工房は独特なにおいがしますよね。
 

こういう工房では助手さんや先輩たちが書いた注意書きをチェックするのが好きです。
 

二人とも30分ぐらい集中してニードル使ってた。

セットしてグリグリーとローラーを回すと、

完成!
あかりちゃんは最近この手の絵を描くのに凝ってて、この前はA4いっぱいにこういうのを書いてたました。もう女子美付属に入れるしかないね。(大学はムサビへ)


そんなこんなでもうすぐ2時。
すぐ横の敷地にある7号館へ移動。

昨日は客員教授である漫画家・萩尾望都さんの講演会をやってました。
今日は元宇宙飛行士の山崎直子さんが「宇宙とファッション」をテーマに講演されるそうですよ。

ファッションテキスタイル表現領域の学生さんによる「Fashion Textile Marché」。
つまりは作品販売会。オーキャンで学生さんが作ったものを販売するのはいいですね。来年ムサビでもやらない?
 

課題内展示もやってます。
 

メディア表現領域 の作品。歩くと波紋が生まれます。

ファッションテキスタイル表現領域のワークショップ。
シルクスクリーンでトートバックにあなただけのオリジナルIce cream を作っちゃおう!・・・ってことだけど、段取りが全然取れてなくて、並んだけどあきらめて退出・・。

そんなこんなで女子美さんを出たのは4時過ぎ。
他美大さんのオーキャンにこんなに長くいたのはかなり久しぶりかも。
存分に楽しませてもらいました。

女子美さんは4日間オープンキャンパスをやってて、本日18日(月)もやってます。ぜひ!


以上、ムサビも含めて他の大学は今日は授業日ってところが多いんじゃないかしら?の手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中