水木しげるさんから見るムサビの歴史

しばらく更新しないつもりだったけど今日は書くしかないっしょ、の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月30日、水木しげるさんがお亡くなりになりました。
【訃報】「ゲゲゲの鬼太郎」作者の漫画家・水木しげるさんが死去-GIGAZINE

水木さんは1948年に武蔵野美術学校(現在の武蔵野美術大学)に入学し、2年で中退されてまして、私たちの大大先輩なんです。


ところで、水木さんのいらっしゃった1948-1950年頃はムサビの2回目のターニングポイントともいえる時期でして。

1929年に帝国美術学校(通称「帝美」)ができ、その6年後の1935年に「ナンヤカンヤあって」帝国美術学校と多摩帝国美術学校(現在の多摩美術大学)に分裂します。これが最初のターニングポイント。
で、普段ははしょって「帝国美術学校から武蔵野美術学校、そして武蔵野美術大学に」と説明するんですが、帝国美術学校から武蔵野美術学校にスムースに移行したわけではなく、その間の1947年に「造型美術学園」と名乗った時期が1年だけあるんです。
あ、というわけで今日のTOPバナー写真は造型美術学園の学則。


ようやく1947年5月山脇巌氏が就任するんですが、受験者57名で合格者56名という状態・・。
さらに造型美術学園は実技中心のカリキュラムを実行したため、帝国美術学校校友会から「そんなのは帝美と違う!」と反論が起き、校友会から 「実技のみに偏らず教養ある作家を育てるため広く・・」 「学科を重んじ規律ある厳しき教育をなすこと」という文書が出され、翌年1948年9月に山脇氏が辞任。ちなみに山脇氏はのちに日藝デザイン科の基礎を作った方です。
そして同12月に「武蔵野美術学校」と校名変更します。初代校長が名取堯氏で、ムサビの教育理念の一つ「真に人間的自由に達するような教育」を作った人です。
たった1年だけだったけど、造型美術学園は「実技だけでなく教養を重んじる」ムサビの方向を決める(再確認する)ことにもなったわけで、ムサビの歴史を語る中で重要なターニングポイントってのはそういうことなんですね。
あ、なので「水木さん1948年入学」が正しければ、もしかすると「造型美術学園入学・武蔵野美術学校中退」が正確な表記なのかもしれません。


怒涛の状況はまだまだ続きます。
翌年の1949年2月に設置者・田中高愚が逝去。息子である若干27歳の田中誠治(私財をなげうってムサビを発展させた人。12号館前に頭像がありますね)が受け継ぎ、51年に美術系学校で日本最初の通信教育をスタート・・・とこの流れを聞くだけで、この2,3年はムサビにとって急激に状況が変化した時期なのがわかります。
もし自分がこの時代に生きてて職員やってたら、どう対応してたのかな・・・。


以上、手元資料なく書いてるので間違ってたら修正してくださいね>大学史の皆さん の手羽がお送りいたしました。鳥料理がいいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中