2015年10月のチェックすべき5つのクリエイティブ系フェスタはこれだ!

今日は授業日なのでムサビ関係者は全然シルバーウイークという気がしない手羽です。せいぜいブロンズウイーク。オレの小宇宙(コスモ)も不完全燃焼。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月、11月は美大学園祭真っ盛りではありますが、
関東美大の学園祭スケジュール2015
関東以外の美大学園祭スケジュール2015

東京で開催されるデザインフェスタ等クリエイティブ系イベントも10月末にかなり集中しています。やっぱり芸術の秋ですもんね。

今日は「美大生はこれを見といた方がいい!」っていう手羽のオススメイベントを紹介します。


まずはこちら。
■Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015


●会期:10月16日(金)~11月3日(火・祝)
●会場:東京ミッドタウン
http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2015/

昨年は開催以来最高人数の延べ約145万人の来街者があったデザインタッチ。
商業施設主催のデザインフェスで、今年のテーマは「つながるデザイン」だそうです。

まだティザーサイトだけですが(9月下旬公式サイト公開予定)、手羽が注目してるのは3つあって、まず1つ目は、
■森の学校 by 六本木未来会議
●時間割
◯10月17日(土)
11:00~12:30《感察》鈴木康広 先生
13:00~14:30《情報》ドミニク・チェン 先生
15:00~16:30《体育》チームけんちく体操 先生

◯10月18日(日)
11:00~12:30《思惟》古川周賢 先生
13:00~14:30《本屋》内沼晋太郎 先生
15:00~16:30《関係》柿木原政広 先生

◯10月24日(土)
11:00~12:30《環境》今村創平 先生
13:00~14:30《自然》土屋公雄 先生
15:00~16:30《対話》椿昇 先生


ミッドタウン芝生広場横の林の中で様々な授業が行われます。


2つめは
■DESIGN TOUCH Conference(デザインタッチ・カンファレンス)
●会期:2015年10月25日(日)
●会場:東京ミッドタウン・カンファレンス
●料金:無料
●入場:事前登録制


登壇者がまだ公開されてませんが、日本のデザイン界を牽引するトップリエイターが出演しますよ。


そして3つ目が
■Tokyo Midtown Award 2015 受賞作品発表・展示
●会期:2015年10月16日(金)-11月8日(日)
●会場:プラザB1


ミッドタウンアワードのデザインコンペ・アートコンペ入賞作品が展示されます。
それに先立って10月16日(金)に受賞作品発表・授賞式が開催されるんですが(招待制)、今年はムサビ勢になんとしても入ってほしい・・・去年全滅だったし・・・。


んで、同じ時期にミッドタウンで開催されてるのがこちら

■GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(G展)


●会期:10月30日(金)-11月4日(水)
●時間:
・10月30日(金)13:00 – 20:00
・10月31日(土)-11月3日(火・祝)11:00 - 20:00
・11月 4日(水)11:00 - 17:30
●会場: 東京ミッドタウン
●料金: 1,000円(一部入場料不要エリアあり)
●主催: 公益財団法人日本デザイン振興会
http://www.g-mark.org/

グッドデザイン賞受賞展、通称「G展」です。

昔はビッグサイトで開催してましたが数年前からミッドタウンでやるようになりました。
ビッグサイトの頃はトラックやら巨大な実物がゴロゴロ展示されてたけど今は実物が減ってしまったので、個人的にはちょっと残念な気はしてます。

でも「グッドデザイン展」というと、なんか黒いMUJIのスーツ着たオサレなデザイナーがたくさん来てるイメージがあるけど(手羽だけ?)、そんなことは全然なく、学生さんが思ってるよりかなり敷居は低いです。
面白いアイデアが満載なので、デザインを勉強してる人は見といた方がいいっすよ。はい。
あ、デザイン・ラウンジが入ってるデザインハブは入場料不要エリアでして、たまたま同じ時期にあるイベントをやる予定なので、そちらも良かったら。

■TOKYO DESIGN WEEK 2015


●会期:
 【前期】10月24日(土)〜10月28日(水)
 【後期】10月30日(金)〜11月3日(火・祝)
 ※10月29日(木)は終日閉場
●時間:11:00〜21:00(最終日20:00まで)
●会場:明治神宮外苑絵画館前(中央会場)
●入場チケット
・当日入場券 大人1枚 3,000円
・親割 親1人 2,000円、親2人 4,000円
・学割 大学生 2,000円、高校生 1,500円、中学生 1,000円
・夜割 2,000円


通称、TDW
誰も触れないけど(触れちゃいけないのかな?)、去年までは「TOKYO DESIGNERS WEEK(東京デザイナーズウイーク)」でしたよね。
今年からこっそり「デザイナー」ではなく「デザイン」に名前が変わってます。

G展と同じ時期にやってて距離も近いから両方をかけもちで見る人も多いはず。
G展の来場者は企業やアジア系外国人、アッパー系の方が多いけど、TDWは若手デザイナーや欧米系外国人が多い印象。「熱量」で見ると圧倒的にTDWの方が温度が高く、「今回紹介する中でどれかひとつ」と聞かれたら手羽はTDWかな?
「デザイン」だけでなく「アート」の要素もかなり入ってきてます。
学校作品展もやってて、ほとんどの全国の美大が出展してます。これだけの数の大学が参加する展示も今はあんまりないですね。
ただ、学生さんにとっては入場料がちと高いのがタマニキズで・・もう少し安くしてもらえるといいんだけど・・・。


上記3つは六本木や外苑。
渋谷ではこんなイベントが。

■シブカル祭。2015


  • 出典:http://shibukaru.com/
  • ~女子が集えば世界が変わる!?~ | シブカル祭。2015

●会期:2015年10 月16 日(金)~25 日(日)
●会場:パルコミュージアム、渋谷クラブクアトロ、シネクイント、渋谷パルコ館内外各所
●主催:「シブカル祭。2015」実行委員会
●SUPPORTERS:TOKYO FM、SHIBUYA FASHION FESTIVAL、タワーレコード渋谷店、シブヤテレビジョン、ピッチ・パーフェクト2、企業コラボアート東京、ハロシブ’15

 
 
アバウトを引用させてもらうと、、
==========
2015年秋、今年も女子の祭典「シブカル祭。2015」の開催が決定!
過去4回の開催で800名以上の女子クリエイターが集い、のべ80万人以上のお客様が来場した渋谷パルコのお祭り騒ぎ。
5回目となる今年は「女子が集えば世界が変わる!?」という キャッチコピーのもと、
自分だけの表現を続ける女子クリエイターが集結。

==========
そうなんです。
参加クリエイターは全員女性なんです。

どの美大も女子比率がすごく高いのに(多分どの大学も6,7割が女性)、メディアに登場するデザイナーや作家、教員って圧倒的に男性が多いですよね。
「なんか不思議な構造だなあ、、」と手羽も昔から思ってて。
人によっていろいろ思うことはあるでしょうが、こういうイベントも大事。


最後にもうひとつ。こちらは神田近辺。
■TRANS ARTS TOKYO2015


●会期:2015年10月9日(金)-11月3日(火・祝)
*プログラムに寄って開催日が異なりますので詳細日時は各プログラムページをご確認ください。
●会場:五十通りエリア(神田錦町2・3丁目、神田小川町3丁目)、旧東京電機大学跡地、NPC神田小川町パーキング、ワテラス、アーツ千代田 3331、カフェ&和酒N3331、チエキュート神田万世橋等
●主催:TRANS ARTS TOKYO 2015実行委員会
●TRANS ARTS TOKYO 2015 統括ディレクター:中村 政人


旧東京電機大学跡地を拠点とした毎年開催されてるイベントです。
様々なクリエイターが参加するし、東京オリンピック2020との動きとも関連しそうなので、これは要チェック。

以上、これで96記事目な手羽がお送りいたしました。


今日のまとめ
●手羽美★はTDWに出展します。

手羽美術大学★開設の野望が一歩近づいた!

tag

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中