神戸芸術工科大学オープンキャンパスに行ってきた1

神戸シリーズ第2話の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日までの話はこちら
大手前大学メディア・芸術学部オープンキャンパスに行ってきた

--------

同時期にたまたまあるイベントにムサビが協力してたので、そこへ立ち寄ることに。
それは何かと言うと、

第1回兵庫私学フェスティバルです。

これまで「兵庫県私学展」として開催されてた県内私立中高の合同説明会を小学校まで範囲を広げ、さらに音楽・スポーツ・美術等の活動も紹介するイベントに今年から生まれ変わりました。

で、アートフェスティバル審査・展示等にムサビへ協力依頼がありまして、芸術文化学科・米徳先生、杉浦先生を中心にご協力させていただいた、と。

確かこのチラシもムサビ関係者がデザインしたんじゃなかったかな?

大学ブースを小さく出展。
メインは小中高だから大学は5校だけだけど、広報スタッフも神戸に来てました。
小中校受験生向けのイベントだから、「大学」色を薄くしてキャリアを考えるようなブースか、もしくはマナビゲート的なアプローチもいいかもしれませんね。


実は旅ムサチームが黒板ジャックin兵庫をやっぱり同時期にやってて、
神戸新聞NEXT|北播|登校したら黒板が芸術作品に“変身” 美大生ら制作 加西・北条小
黒板ジャック仕掛け人・三澤先生から「神戸行くならこれの引率やらない?」と言われたけど、さすがに兵庫1週間出張は厳しく、うちのスタッフに代わりに行ってもらいました・・・。

ちなみに長野でも24日に黒板ジャックをやってたりします。
黒板ジャック:児童ら「すごい」 美大生が長野の小学校で - 毎日新聞
ムサビは相変わらず日本全国でいろいろやっとるんです。

すごく大掛かりなイベントで、合同相談ブースは人がワンサカいました。

手羽「これから神戸芸工のオーキャンに行くんだけど、行かない?」
広報「いいっすね。少しだけなら抜けられるので」
てなわけで、一緒に神戸芸工さんへ行くことに。

乗り換え駅で表示を見るとこんなものが。
なんかで見たことがあるぞ・・・もしかしてアレがここにあるってことなのか?

気になって気になって、勢いで途中下車。

おおお。やっぱりこの巨大鉄人28号だったか。
大きいなああ。このポーズでよく立ってるなあ・・。

てか、この行き当たりばったり感、もうほとんど「ぶらり途中下車の旅」というか、「てば散歩」というか、「クネクネてばぁ~ず2」というか、「手羽の美大に乾杯」というか、そういうノリ。
こんなことをしてる場合じゃない。早くいかないと。

てなわけで、学園都市駅に到着。

駅前のMAP。
神戸研究学園都市は、神戸芸術工科大学さんの他に、神戸市外国語大学、神戸市看護大学、兵庫県立大学、流通科学大学、神戸市立工業高等専門学校、県立伊川谷北高等学校、市立太山寺中学校、市立小寺小学校、市立東町小学校、神戸YMCA学院専門学校、トヨタ神戸自動車大学校等があり、昭和60年に都市計画によって生まれた学術都市です。

ちょうど8月23日は学園都市共通のオープンキャンパスデイだったのかな?
神戸外国語大学さんでもオーキャンやってました。


はい。てなわけで。

お待たせしました。
神戸芸術工科大学さんに到着!!

神戸芸工さんのキャンパスマップ。

緩やかな斜面を階段状にうまく利用したキャンパスになってまして、

正門からゆっくりした斜面をのぼると(右に見えるのは吉武記念ホール)、

平地(中段)に出ます。
ここにメインの本館や講義室、実習棟などがあり、

これは先ほどの写真をもう1段あがった上段から撮ったところ。
上段の敷地には大型器具などがある工房(芸工さんでは「ラボラトリー」と呼ばれてます)郡やグランドがあります。

上段から中段の建物をみたところ。

これは上段にある環境・建築デザインラボラトリーです。

タマビや京都造形さん、京都精華さんのような斜面に「向かって」縦長に作られた敷地ではなく、斜面に「沿って」横長に作られてるから、普段の生活では恐らく傾斜をあまり意識しないんじゃないかな。
工房に行こうとすると山登らないといけないけど、ビルのエレベータを使えば一発ですからね。
今まで訪問したキャンパスでは東北芸工さんのキャンパスに構造というか雰囲気が似てる。
東北芸工さんが後にできてるので、東北芸工さんが神戸芸工さんを参考にして作ったのかも。


おっと、時計を見ると12時30分。

無料学食チケットを使って、昼食。
3種類から選べる仕組みになってて、手羽はチキンカツ定食をセレクト。
口の中を切りそうなくらい固いチキンカツでしたが美味しかったです。

吉武記念ホール前が学科別キャンパスツアー集合場所・・・になってたけど、手羽たちは大学全体説明会を聴講することに。
若い方が登壇されて、「え。学生さんが全体説明やるの?!」とうちの広報スタッフと顔を見合わせたら、入試広報の職員さんだった(笑)

芸工さんの概要を知ったところで、全体キャンパスツアーへ参加することに。

いよいよキャンパスの中へ!!!!!!




という大事なところで、まさかの続くっ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中