ミッドタウンと伊勢丹、どっちが好きかと聞かれたら・・・

「ムサビ×伊勢丹」とミッドタウンキッズワークショップが重なっていまい、新宿と六本木の往復生活な手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日11日はいよいよこれです。

■船を作って、ミッドタウンへとびだそう!
●日 時:2015年8月11日(火) 11:00-18:00 ※随時参加可
●場 所: 東京ミッドタウン アトリウム
●定 員:なし
●参加料: 無料 (当日受付)
●企 画: 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●実施主体:MAUセイラーズ


いろんな形や色の発泡スチロールを組み合わせて自分だけの船を作るワークショップをやります。
作った船を21_21の前の小川に浮かべることができる・・なので「ミッドタウンへ飛び出そう!」なのです。
去年は開店前から行列ができてました。今年はどうかな。


あ。そうだ。
11日、12日のワークショップ日替わりコーナーをデザイン・ラウンジが担当してるんですが、常設ワークショップコーナーは今年はこれです。


「びじゅチューン!」を見てる美大生、歌える美大生は多いはず(笑)
井上涼さん(金沢美術工芸大学卒)が描いた見返り美人のイラストに塗り絵をし、その場でスキャンニングしたらすぐにアニメーションになって振り返ってくれるんです。
みんなでぬりえアニメをつくろう ~見返りすぎてほぼドリル・ゆかた編~
うーん、対象が小学生までじゃなければ手羽も絶対にやってるんだけど・・・子供にだけやらせるのはもったいないんだけど・・・・というかやりたいんだけど・・・精神年齢は8歳なんだけどダメ?

と興奮してるのは手羽だけで、もくもくと作業をするMAUセイラーズの皆さん。
トップバナーは昨日の会場設営風景。

ちなみにMAUセイラーズは全員基礎デザイン学科の1年生です。
1学年約70名の基礎デから約20名がスタッフになってるってことは、基礎デ1年約3人に1人がこのイベントに参加してる計算に。何人かはわらアートまつりもやるそう。
基礎デの学生さんは頑張ってるなあ。


おっと。もちろんこちらを忘れてもらっちゃ困ります。

■武蔵野美術大学×伊勢丹 「U-35 若手クリエイターによるアート・デザインの現在」
●会期:2015年8月12日(水)~8月17日(月)
●時間:10:30-20:00 *最終日は18:00まで
●会場:伊勢丹新宿本店 本館7F 催物場


いよいよ明日から。
詳細はこちらをご覧くださいませ。
【展示販売会】ムサビ×伊勢丹 「U-35 若手クリエイターによるアート・デザインの現在」

ヨシムラくんから業務連絡の変身が届き(笑)、「16日3時ギャラリートーク決定」だそうです。
スペシャルゲストも決まって・・・・おっと、それはまだ秘密。
15名ぐらいしか座れないスペースなんだけど、まさかの大物登場で伊勢丹さんが「ほ、ほんとにいいんですか?」とドキドキされてました。
また、ムサビ出版局のブログによると、会場でムサビ日記販売確定だそうです!やった!!!
・・・職権乱用だなんて言わないでください・・・。


それにしても、ミッドタウンさんを裏切って伊勢丹さんとイベントやるのは
「ちょっと手羽さん!私と伊勢丹、どっちが大事なのよ!はっきりしてよ!」
とミッドタウンのルミ子さんから言われそうで、修羅場になりそうでドキドキしてたんです。
いつミッドタウンさんに切り出そうか・・「ごめん。他に好きな人ができたんだ・・でも自分でもほんとはどっちが好きかわからないんだ・・・」と芝生広場で告白するタイミングを考えてたんです。
だけど、昨日ミッドタウンさんの中に
ISETAN SALONE
という伊勢丹新宿店を凝縮させたセレクトストアがあることに気が付きまして。

なーんだ。心配することはなかった。二人とも仲いいんじゃん。
手羽は二人とも好きだお!

しかし、「仕事と私、どっちが大事なの?」って質問、例えるなら「車と桃、どっちが好き?」と聞かれてるようなもんで、比べるカテゴリが明らかに違うのにそれを一緒に比較しようってところがほんと愚問っていうか・・・って、実体験をセキララに書いてる場合じゃなかった。


最後に急遽決まったお話を。

実は小平市の上宿公民館でこんな連続市民講座をやってたんですよ。
美大の魅力を探る |東京都小平市

普通、美大の講座っていったら実技講座ですよね。「油絵を描いてみよう」とか。
でもあえて「本当の美大の魅力・学びを知ってもらうこと」を優先し第31回「講談社科学出版賞」を受賞された宮原ひろ子先生(この写真、かわいいなああ)など様々な先生に登壇してもらいました。
「絵を描いてるだけの美大」というイメージをまずは近隣の方から払しょくしたくて。

んで最終回を長澤学長にやってもらったんですが、これが盛り上がってしまい(笑)
また、ラウンジでの学長トークも私たちが思ってた以上にリピーターが多く、「んじゃ、オープンキャンパスでこれをやるか」と・・・ええ、昨日決まりました。

真夏のOC学長トーク −もともとムサビはグローバル−
●日程:2015年8月15日(土)、16日(日)
●時間:12:30-13:10
●場所:鷹の台キャンパス第2講義室(1号館104)


真夏のオープンキャンパスで学長トークをやることは既に決まってたんだけど、地域住民の方も参加OKなイベントに変更しました。受験生や保護者の方だけに聞かせるのはもったいないな、と。
学長トークvol02,03で学長が語ってた「みんな最近になってグローバルグローバル言ってるけど、ムサビのグローバルは違うよ・・・っていうかもともとグローバルな教育をやってるのがムサビなんすよ。それはなぜかというと・・・」という話になる予定です。
ぜひ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中