2020年東京五輪公式エンブレムと美大

やっぱり美大愛好家としてはこの話題に触れなくちゃいけませんね、の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この夏一番の美大関連の話題といえばこれになるんじゃないでしょうか。

多摩美術大学|2020年東京五輪公式エンブレムに統合デザイン佐野研二郎教授のデザインが選出されました
タマグラ卒で統合デザイン学科教授であるサノケンさんのデザイン案が選ばれたんです!
エンブレム紹介動画はこちら



リリースシートによると、国内外のデザイナーに「条件付き公募」を実施したところ104点の応募があり、その中から入選に葛西薫さんとムサビ基礎デザイン学科・原研哉教授、佐野さんの3名が選ばれ、佐野さんの案に決定したそう。
こっそり基礎デ・統合デザイン対決だったんですよ(笑)


この「条件付き公募」については去年詳しく書いてまして。
TOKYO 2020 大会エンブレムデザイン募集 | 美大ラウンジ(裏)
今は公式応募要項サイトが見れなくなってるので、エンブレム発表直後からすごいアクセス数になってます(笑)

しかし、11月に審査して7月発表ですから、「開催5年前の日に発表」を狙ったにしてもずいぶん時間がかかるもんだなあ、と。
「条件付けないで広く国民に募集すりゃいいじゃん」という意見もあると思いますが、招致ロゴと違い、これから5年間膨大な量のデザイン作業が予想されるので「経験値の高いプロデザイナーに公募を絞るのは当然だよなあ」と思うし、「そういう意見があるのは『デザインとはロゴ作ること』と思われてるってことなんだろうなあ」と感じたり。


ちなみに今年は前回東京オリンピックポスターをデザインされた亀倉雄策さん生誕100年の年で、こんなシンポジウムが開催されます。

■生誕100年記念シンポジウム 亀倉雄策のデザイン 未来に向けて
◇日 時 : 2015年9月8日(火)午後2時~午後4時30分
◇会 場 : TOKYO FMホール
≪プログラム≫
■基調講演
「1964年のデザイン」
永井 一正(グラフィックデザイナー)
■セッション 「未来へつなぐ 亀倉雄策の精神」
青木 史郎(日本デザイン振興会常務理事)
佐藤 卓(グラフィックデザイナー)
野地 秩嘉(ノンフィクション作家)
原 研哉(グラフィックデザイナー)
細谷 巌(アートディレクター)
●総括:
浅葉 克己(日本グラフィックデザイナー協会会長)
●司会進行:
大迫修三(日本グラフィックデザイナー協会事務局長)
◇応募締切 : 8月20日(木)23:59
◇定員:300名(参加費無料。応募者多数の場合は抽選)
▼申込等詳細はこちら
https://www.mainichi-ks.jp/form/kamekura/


今回のエンブレム審査委員だった永井さん・浅葉さん・細谷さん、審査会に大きく関係してる(と思われる)JAGDAさんの事務局長、そして原先生が登壇されるのでこれは必ずチェックしておきたいイベントですな。



今日のまとめ
●招致ロゴ作者が女子美→藝大で、公式ロゴ作者がタマビで・・・えーと・・次は手羽美★で!(涙)


よし、手羽美術大学★開設の野望がまた一歩近づいた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中