人間としての尊厳とは

2020年3月2日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*今日は全然美大とは関係ない話なので読み飛ばしてもらって結構です。


たまたま先週、今月末から一人暮らしが始まるリンクロウとこういうやり取りがあったんです。

リンクロウ「お父さんが一人暮らしで大変だったことは何だった?」
手羽「うーん、疲れてても料理を自分で作らなくちゃいけないこととかあったけど・・・あ、一番はトイレットペーパーかな」
リンクロウ「なんで?」
手羽「家だとトイレレットペーパーが少なくなってたら誰かが買ってきて補充してくれるじゃない。でも一人暮らしだと切れる前に自分で買うしかないんだよね」
リンクロウ「ふーん」
手羽「他のものは無くなっててもなんとかなるし、『今日買ってくるか』でいいんだよ。料理を作るのが面倒な時はご飯とふりかけで済ませられるし買うか外食すればいいし、シャンプーがなくてもとりあえずその場は頭さえ洗えればいいじゃない?」
リンクロウ「なるほど」
手羽「でもトイレットペーパーは便意をもよおしたその瞬間になくちゃいけないんだよね。代用がきかない。ティッシュじゃトイレが詰まっちゃう。常に在庫をチェックしてないとまずくて、それが自分は一番面倒だったかなあ」
リンクロウ「そういうもんなんだね」
手羽「それが自分で家を守るってことなんだよ」

リンクロウ、あの時は自慢げに語ったけど、ごめん、家を守れなかった。
手羽家のトイレットペーパーが底をつきました。

言い訳すると、普段なら残数見ながら補充してるんだけど、二人の子供はずっと家にいるからいつもよりも減りが早くて計算が狂っちゃって。

てなわけで、日曜の昼、スーパーへ買いに行きました。
デマを信じてるようで嫌だなあ・・「デマは知ってます」とプラカードを持つか、「いやー、ほんとにきれてたんで助かった助かった」と独り言を大声で何度もいいながらレジに並ぶか・・。
でも、もうとっくにデマだってわかってるんだから、ないわけがないだろう。
そこまで人間はバカじゃ

・・・・・。
「ムサビ菌はコロナ菌よりも強いからムサビに入るしかない」ってデマ流してやろうかな・・。


ドン・キホーテとか数件回ったけどどこも在庫なし。あ、生理用品の在庫はメディアで言われてるより全然ありました。

手羽「でもさ、トイレットペーパーってそんなに使う?」
奥さん「使うでしょ」
手羽「自分はウォシュレットできれいにしちゃうから、トイレットペーパーって最後に水をチョンチョンって吸収させるぐらいでしか使ってないよ」
奥さん「想像させんなよっ」

なんてなごやかな夫婦の会話をしつつ、amazonチェックすると、

全部売り切れになってる。もしくはすごい高額か。
マスクの在庫がないのはわかるけど、ほんとにデマだけでこんなことになっちゃうんだなあ・・。


トイレットペーパーは日本で製造してるから、多分この2日間ぐらいのパニックをやり過ごせれば、いつもの状態に戻るはず。
でも手羽家の在庫は残り2ロール。
二人の子供がずっと家にいる今の状況だと心もとない。

最悪切れた場合にどうすればいいのか。
「どうやってトイレットペーパーを確保するか?」ではなく、それを考えておくのが今は最善だし、クリエイティブだと思うのです。


トルコの安宿に泊まった時、噂には聞いてたけどトイレに紙がなくて水だけ置かれてることがあったっけ。そこではそうするしかなかったけど、うーん、日本では抵抗がある。。

昨日詠ったキムワイプ

感触は気持ちよさそうだけど、水に流れないのでトイレで使うことはできない。
震災時は新聞紙を柔らかくして使ったそうだけど、やはり新聞もトイレに流すことはできない。緊急災害時は仕方ないけど、今はそこまでの非常事態でもない。

そういえば銀魂で、トイレに紙がなくて、そこには秘伝書と好きな人の写真と一万円札と両面ザラザラの紙やすりしかなくて、それでおしりを吹くかどうか悩む回がありました。誰もがバトルシーンに入ると予想してた時にこれで、あの頃の銀魂は最高に面白かったなあ・・。


・・・って回想シーンに入ってる場合ではない。
こういう時に頭の柔らさと日常の注意力が問われる。
家にあって、紙っぽいものはなんだろう・・。

赤ちゃんがいたら赤ちゃん用お尻ふきが大抵大量にあるから「大人もそれを使えばいいや」となるけど、さすがに18歳と13歳の家じゃお尻ふきなんてストックしてない。

そうだ!!キッチンペーパー!!!
・・と思ったけど形状が似てるだけで、これも水にとけないらしい(勉強になった)。

トイレに流せる紙っぽいもの、紙っぽいもの・・・。

はっ、そうだ!

これが完璧な答えじゃね?
100%トイレに流せるし、なおかつトイレと相性もいい。ストックもある。
なおかつみんなが赤ちゃん用お尻ふきを代用して購入すると、赤ちゃんがいる家庭に迷惑をかけてしまう。これなら家庭に必ずなくちゃ困るものでもないから、大量購入しても誰にも迷惑をかけない。
この頭の柔らかさと注意力が手羽の自慢なのさ!


自慢げに奥さんに提案すると一言。

「あんたは人間としての尊厳はないの?」

・・尊厳って言葉は、こういう時にトイレットペーパー買い占めたり、お店のトイレのものを持ってい行ったり、ネットで高額で売る人に言ってほしいんだけど・・尊厳を守るための提案なんだけど・・。


以上、「最後の最後はホテルに泊まるか!」と思ったけど、それなら1万円のトイレットペーパー買った方が安くつくと気が付いた手羽がお送りいたしました。

後日談。
防災グッズに2ロール入ってました。そうか、これも「防災」なんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中