【今年のG展は入場無料!】ムサビのゼロスペースがグッドデザイン賞受賞!

2019年10月3日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同SD研修終わるまで更新しないつもりでいたけど我慢できずに(笑)


10月2日、日本デザイン振興会が2019年度グッドデザイン賞の受賞結果を発表しました。
GOOD DESIGN AWARD

で、なんとムサビの9号館1階ゼロスペースがグッドデザイン賞を受賞したのです!
教育施設 [武蔵野美術大学 ゼロスペース]

ゼロスペースは学生さんにとって快眠・・じゃなくて集いのスペースに完全に浸透しています。
ちなみに時間帯によって照明が変わってるの気が付いてました?

ムサビとしてグッドデザインを受賞するのは2017年の「旅するムサビプロジェクト」以来。これは更新しないわけにはいかない。


9号館が建設された時の1階コンセプトは、「就職支援」が重要なキーワードにあり、9号館1階にキャリアセンターができたのはもちろんのこと、学生さんが求人検索できるようiMacを40台設置し、自由に見れる求人票の閲覧スペースもありました。
スペースの全体の写真がないんだけど、

こんな感じ。奥に求人票閲覧スペースがありました。
当時はここがムサビのひとつの売りで、キャンパスツアーのコースに必ず入れてた。

でもここ数年は求人も自分のスマホやMacbookでチェックする人がほとんどで、実は求人票閲覧コーナーもiMacも利用率がすごく下がってたんです。
で、このスペースをどうするか検討するワーキングチームが立ち上がり、当初は「就職説明セミナーで使えるような椅子と机を置こう!」「展示スペースが欲しくない?」「いやいや、大学史を展示するコーナーを置こうじゃないか」などの議論があったのですが、最終的に「ムサビで一番足りてないのは学生さんがゆったりできる場所、居場所だね」ってことでゼロスペースのコンセプトになったのです。

昔の大学は「iMacを40台置きました!」とか「最新鋭の●●を導入!!」とハードを自慢してたけど、今は「居場所を作りました」とサービスを前面に出すようになってて、なんとなく「デザイン」の変化のようなものも感じますね。
また、つい素人は「いろんなことに使えるようにしよう」と考えてしまうのだけど、この一点突破の考え方はデザイナーらしいなあ、と思ったりしてます。

仕事の早いムサビ広報は既に大学TOPページをグッドデザイン仕様に(笑)
ちなみにゼロスペースは今年日本空間デザイン賞Best100(Short List)JID賞インテリアスペース部門部門賞も受賞しています。
 

で終わるとアレなので、美術系大学で今回グッドデザインを受賞した大学を紹介しましょ。

手羽が気が付いたところだと、まずは東京造形さん。
展覧会 [東京造形大学 山手線グラフィック展]

実は申請すると思ってました(笑)


そして東京藝大。
ラーニング・デザイン・プロジェクト [Museum Start あいうえの]

厳密には「東京都美術館、東京藝術大学、アーツカウンシル東京、東京都」なのですが。

ほいで、東京ミッドタウンのデザインハブで昨日から始まったのがこちら。
東京ミッドタウン・デザインハブ第82回企画展
「私の選んだ一品 -2019年度グッドデザイン賞審査委員セレクション」

●会 期 10月2日(水)~10月25日(金)11:00-19:00 *6日(日)のみ停電のため休館
●会 場 東京ミッドタウン・デザインハブ
●入場料 無料


今年度のグッドデザイン賞審査委員が選んだ、私的なお気に入り受賞デザインを紹介する企画です。


そしてなんと!
GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 2019年度 グッドデザイン賞受賞展

●会期:2019年 10月 31日(木)ー 11月 4日(月・祝)11:00-20:00
最終日 18:00まで / 入場は閉館 30分前まで
●会場:東京ミッドタウン各所
●入場無料


今年のグッドデザイン展、略してG展は入場無料なんです!!
これは行かない理由がない。
柴田先生、あざーす!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中