【これやん!】SICF20に行ってきた

2019年5月2日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年5月1日(水)。
「都心や赤坂方面は交通規制がかかってて大変だろうけど、渋谷方面なら大丈夫かな」と車でむかったら、代々木公園周辺がメーデーでおもっきし交通規制かかってた。そうか、今日はメーデーだった・・。

ぐるっと遠回りして向かった先は表参道。
どこに行ったかというと、

SICF20(第20回 スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)です。

SICFの詳細は以前書いたこちらの記事をご覧ください。
10連休の予定が決まってない?だったらSICF20に行くしかないっしょ! 【男女比率も調べてみた】
あ、上記記事で「招待券ほしい」と書いたら、本当に招待券送っていただきました。ありがとうございます!

旬の若手作家作品を一気に見れるので、この数年手羽は毎年チェックさせてもらってます。
どの会期にいくかいつも迷うのだけど、今年はA日程の初日に行くことにしました。


入口のしめ縄は、SICF2グランプリ受賞した空デ卒・月岡彩さんによる「晴門」

よく見ると、水引細工を組み合わせて作られてる。この作業、気が遠くなりそう・・。

Spiral 1FのMINA-TOでは、「MINA-TO Arts Marche vol.1 -SICF-」としてSICF過去出展者の「植物」をテーマにした作品が展示されてます。


  • 制野郁弘さんはムサビ卒。

そしてスパイラルガーデンでは昨年受賞者の展示「SICF19 EXHIBITION」が同時開催。


  • 大平真梨さん。しかし今回タマビ卒が多いなあ・・

こうやって過去受賞者に対しても手厚いのがSICF。

およ。「スパイラル」の意味がなくなるから、この場所で屋根があるステージって今までなかったんじゃないかしら。
「VR_I」 という企画で、モーションキャプチャを使って観客を仮想空間に引っ張り込み、「演者は踊る、鑑賞者は見る」という既成の概念を・・・と意味がわからない人はこちらの動画をご覧ください(説明あきらめた)



  • 西川千尋さん「LIVING FONT」。フォントを人の体の一部に見立てた作品


  • TETSUJIN - AUDIO VISUAL(髙橋哲人+モシ村マイコ)によるホウキギター。やりたかったけど子供さんが夢中で割って入れなかった・・

3階のスパイラルホールに到着。
では中に入ってみましょう。

SICFで写真を撮る時に困るのが、引きの空間がないんで全体像が撮れないこと(笑)
逆にSICFのいいところは基本的に作者がブースにいらっしゃることで、積極的に声をかけてくれます。手羽は「自分のペースで見たい派」なので、他の展示ではあまり声をかけてほしくないのだけど、なぜかSICFは別腹。

ザっと紹介していきますが、お名前が間違ってたらすいません・・記憶だけで書いてます・・。


  • こしかしこさん。作家さんに聞いた話だと、当日朝7時から設営開始なんだって。大変だ・・。

「韻をふむ」という作品・・・って、これ、
【聖地巡礼】第20回東京大学制作展 "Dest−logy REBUILD"に行ってきた
で見た作品だ。
ダメだよ、東大の人がSICFに乗り込んできたら(涙)


  • 吉田 茉莉子さんの作品。今年女子美を卒業された方ですね


  • 阿南有希くんの作品。

阿南有希くんの作品。
阿南くんはムサビ工デ卒で現在助手さんをされてます。
立体の人だと思ってたので作品では全然気が付かず、阿南くんから「今日は仕事ですか?」と声をかけてくれるまでわからなかった・・。
でも対象物のアウトラインをレイヤーで重ね合わせるのは立体でも平面でも共通してることかも。よーーく見るといろんな線が見えてきます。


  • 中野太超 さん。メインビジュアルにも使われてますね


  • que_M.A.さんの作品。


  • 奥山鼓太郎さんの作品。


  • 田羅義史さん。パッケージにそのまま樹脂を流し込んで固めたもの。いろんなメッセージがありますね


  • オオニシクルミさんの作品。虫眼鏡必須!


  • 望月佐知子さんの作品。紙っていいなあ


  • YokkePokkeさん。日本の民芸品・郷土玩具などがデザインされてる。単純に欲しい。


  • 波部圭亮さんの作品。ペットボトルに見えるけど、陶でできた一輪挿しです。


  • ひらのまりさんの作品。 ステンドグラスの手法で作られています


  • 赤木花さんの作品。


  • 橘川裕輔さんの作品。夜景専門の画家で「ブレイク前夜」でも紹介されてます


  • Tang Yayiさんの作品。

作品も素晴らしいけど、朝7時から設営で開場11時までにこの状態を作るって、かなり段取りができてないとやれないはず。すごいなあ・・。


  • 尾崎拓磨さんの作品


  • ムサビ生の泉里歩さんの作品。

泉さんは旅ムサビにも参加してるよく知ってる学生さんで、去年ミッドタウンアワード2018アートコンペも受賞しています。
カラフルな画面を想像してたけど、まさかの黒一色のボールペン画とは。
ちなみに六本木アートナイトでは、ボールペンでの公開制作を夜通しやるそうです。
泉 里歩 Street Art Performances「意味のある偶然の一致 公開制作」


  • 伊藤彩香さんの作品。


  • 池田千鶴さんの作品。手羽、こういうの好きです

A日程は、昔のような「こいつ、アホだ(笑)←誉め言葉」な作品が減った気もするけど、粒がそろってた印象でした。あの人とあの人は受賞しそうな気がする。
やっぱりSICFはチェックすべき展覧会ですな。


SICFは展示だけじゃなく、5月4日、5日はパフォーマンス部門「SICF20 PLAY」もあるし、
SICF20 × 向日葵設計 コラボレーション企画「オリニギリ」

折り紙の要領で「おにぎり」をつくり出すペーパークラフト「オリニギリ」が食べられたり、ホルベインさんのワークショップもやってます。

また今日5月2日は、

地下1階のCAYで、SICF受賞者が400秒でプレゼンをするSICF Winners Presentation, Powered by PechaKuchaがありますよ。
出演者は石川佳奈さん、(euglena)さん、西尾佳織さん、江頭誠さん、神楽岡久美さん、塩見友梨奈さん、石野平四郎さん、髙﨑紗弥香さんでMCは放送作家の倉本美津留さんだから絶対盛り上がるだろうなあ・・。

あ、倉本美津留さんを「放送作家」とだけ紹介するのはアレですね。
手羽も大好きだった番組「アーホ!」にかかわっていて(新しいやつ放送してくれないかしら・・)、現代アートを応援するサイト「これやん」を立ち上げたり、5月中旬には「パロディズム宣言」という本を美術出版社から出すそうです。
GWが暇な人はSICFへ行こう!!


以上、これだけ宣伝してるんだから来年は

この場所から撮影させてくれないかなーの手羽がお送りいたしました。
昔から憧れの場所なんです(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中