アーティスト・イン・レジデンスを数多くの事例を交えて考える。AIT主催のイベントを潜入取材

これからのアートが生まれる場づくりと、それを人々に伝えていく仕組みづくりに取り組む「AIT/エイト(アーツイニシアティヴトウキョウ)」。2003年から、海外のアーティストやキュレーターを日本に招聘するとともに、国内のアーティストやキュレーターを海外に派遣するレジデンス・プログラムを推進してきたAITが、この秋、アーティスト・イン・レジデンス(以下、AIR)についてトークイベントを開催しました。イベントには立場の違う4名が登壇し、海外/国内の事例を踏まえながら、AIRのメリットや活用方法などについて考えました。イベントの一部始終を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異国で作品を制作。アーティスト・イン・レジデンスのメリットを知る

社会の急激な変化とともに、アートの表現も大きく変化した20世紀。それまでのジャンルの壁は崩れ、美術館やギャラリーだけではとらえきれないほどに表現は多様になってきました。
「芸術は、情報テクノロジーや移動手段が発達した時代に対応していく新しいシステムを必要としている」。そんな思いから、軽やかにフレキシブルに、これからのアートが生まれる場づくりと、それを人々に伝えていく仕組みづくりに取り組んできたのが、代官山を拠点とする「AIT/エイト(アーツイニシアティヴトウキョウ)」です。

「AIT」とは、アートに興味を持つすべての人が立ち寄ることのできる“プラットフォーム”をつくるNPO団体のこと。2001年の設立後から展覧会の企画・運営、現代アートの理論や実践について学ぶプログラム「MAD」、2003年からは、海外のアーティストやキュレーターを日本に招聘するとともに、国内のアーティストやキュレーターを海外に派遣するレジデンス・プログラムといった活動を、東京を中心とした様々な場所で行ってきました。
 

 
そして今回、このレジデンス・プログラムに着目した「ツールとしてのアーティスト・イン・レジデンスプログラム」が、「MAD」の講義として開催されました。アーティスト・イン・レジデンス(AIR)の奨学金の有無、設備、受け入れ条件などは、各制度によって異なると言われていますが、実際はどうなのでしょうか? その実態について、AITの堀内奈穂子さん、レジデンス制度をもつトーキョーアーツアンドスペースの鈴木祐子さん、Art Center Ongoingの小川希さん、そして実際にレジデンスを行ってきたアーティストである井出賢嗣さん、イルヴァ・カールグレンさんがプレゼンテーションを行いました。



ニューヨークから未開のジャングルまで。世界で人気のAIRを紹介。

AITのキュレーター、堀内奈穂子さんの発表テーマは「表現ツールとしてのAIRの有用性」。AITの一番のメリットは「専門的な支援を得られること」だと堀内さんは言います。たとえば、渡航費、日当、制作費、リサーチ費といった金銭面。そして、展覧会ができるような施設。さらには、専門的な知識や、現地での豊富なネットワークをもつスタッフのサポートといった人的支援もそこには含まれ、それらによってアーティストは異国でスムーズに構想づくりに専念することができます。
その特典によっては非常に高い競争率になるという世界のAIRから、とくに有名な6つのAIRが紹介されました。
 

 
堀内さんがまず紹介するのは、オランダ国立芸術アカデミーのAIR。版画や焼き物のための工房、最新の映像設備まで備えるこのAIRは、毎年世界から1500〜2000人の応募が集まるのに対し、選ばれるのは25人という狭き門。過去にはアーティストの小泉明郎さんが滞在したこともあるこのAIRを、堀内さんは「あらゆる面でアーティストの制作と理念を支えてくれる」と言います。

続いて、アーティストのみならずキュレーターも対象となるのが、ニューヨークのInternational Studio & Curatorial Program(ISCP)です。ISCPの特典はなんといっても、その立地ゆえにニューヨークの美術館や名だたるキュレーター、関係者を通して世界のアートシーンに接続できること。
AIRは一般的に、受け入れ先の国や施設ではなく、アーティスト(キュレーター)の出身国の助成金によって滞在するスタイルが多いとされますが、このISCPも同様です。

そのほかにも、陶芸が充実しているロンドンの「Camden Arts Centre」、アーティスト、文学者、チェスの専門家、ビジネスなど多領域との交流が可能で、堀内さん一押しだというドイツの「Academie Schloss Solitude」。ユニークなところでは、アーティストのリクリット・ティラバーニャが中心となり、「生活」に根ざした実験的な環境が魅力的なタイの「The Land Foundation」。そして、「AIRの選考方法はスマートフォンで撮影した動機動画と健康状態のチェックだけ」だというコスタリカの「Despacio」は、未開のジャングルで10日間過ごすことで、文化人類学者、社会学者としてのアーティストの一面を刺激します。

いっぽう、AITのレジデンス・プログラムは、アーティスト、キュレーター、ライター、デザイナーなど幅広い人々が対象。その特徴は、教育プログラムとの連携、アジア、南米、アフリカ、中東など多様な地域性、さらには、一度レジデンスを行なったアーティストやキュレーターをふたたび受け入れることもあるという点。また、スコットランドのアートセンター「Cove Park」、佐賀・有田の「Creative Residency in Arita(CRIA)」と協力し、それぞれのリソースを共有したハブづくりも行っています。



未来のコラボレーターとの出会いも。協働と知の交流の拠点としてのTOKAS

次に、トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)でレジデンス係長を務める鈴木祐子さんが登壇。「アーティスト・イン・レジデンスがもたらすチャンス」として、AIT東京都の施設としてのTOKASがレジデンスを行う意味が語られました。
 

 
まず、鈴木さんが説明するのはTOKASが掲げる3つのミッションでした。1つ目は、若手作家を対象とした公募展や現代美術の賞などを通した、新進・中堅アーティストの継続的支援。2つ目は、レジデンス・プログラムやその成果展などを通した、創造的な国際文化交流の促進。3つ目は、ジャンルを問わない企画公募「オープンサイト」のような、実験的な創造活動の支援です。

2つ目の「創造的な国際文化交流の促進」のために、TOKASがレジデンス・プログラムをスタートしたのは2006年。TOKASの前進である、トーキョーワンダーサイト(青山)での受け入れが始まりで、これまでずっと試行錯誤を続けてきたといいます。

TOKASが行うレジデンス・プログラムは、「海外クリエイター招聘プログラム」「リサーチ・レジデンス・プログラム」「国内クリエイター制作交流プログラム」「二国間交流事業プログラム」の4種類と受け皿の大きさが特徴。2018年の5〜7月にそれぞれのプログラムを利用したアーティストは国内外の14名で、タイ、カナダ、イギリス、アメリカ、ドイツなど、その国籍もさまざまです。プレゼンテーションやゲストを招待したランチ交流会などもあり、この滞在をきっかけにタイのアーティストとフランスの映像作家がコラボレーションを行うなど、「偶然が起こりやすい人数」だと話します。
 

 
TOKASのAIRで大切にしていることは、アーティストたちに作品の発表機会を与えること、そして制作するうえでのネットワークづくり。レジデンス成果展での発表をきっかけに、美術館での展示が決まるなど、実際に実績に直結する例も見られます。鈴木さんは「国外のアーティストがまとまった時間を使って東京に滞在することは、なかなかできないことだと思います。また、AIRに選ばれるということは将来のコラボレーターに会うことでもあり、他者での展示につながることもある。アーティストにはそういうチャンスをつかんでもらいたい」として、TOKASのAIRがひとつのチャンスとなるとともに、協働と知の交流がもたらされる拠点であってほしいと語りました。


Art Center Ongoingで起こる化学反応。AIRが新たな「コミュニティの起点」になる。

そして、「拡張するレジデンス」のテーマでプレゼンテーションを行うのは、吉祥寺のオルタナティブスペース「Art Center Ongoing」の代表・小川希さんと、アーティストの井出賢嗣さんです。2008年に民家を改装してオープンしたArt Center Ongoingは、若手アーティストが自由に実験的なことを行うことのできる、オルタナティブスペースの先駆け。オープンからこれまで公的な助成金などを受けず運営され、カフェの機能もあるこのスペースは、多くのアーティストの交流の場にもなってきました。
 

 
Art Center Ongoingで2013年にスタートしたAIRは、アーティストが2ヶ月間近所にある住居に滞在し、最後に作品発表を行うというスタイル。選考には小川さんは一切関与せず、Art Center Ongoingにゆかりのあるアーティスト約10名が選考委員を務めるというユニークな方法をとっています。そして、レジデンスアーティストに提供するのは滞在先と最後の発表の機会だけ。「他のAIRと比べると提供できるものは少ないけれど、毎回100人を超える応募がある。それは、実際に東京周辺で作品制作を行い、第一線で活動するアーティストたちと日常の中で直接出会えるからだと思います」と小川さんはそのメリットを話します。週末はArt Center Ongoingで何かしらのイベントが行われ、カフェでもあるこのスペースは、いわばサロンのような役割をもち、友達のような関係性が成立しやすく、中にはAIRでの出会いを通して結婚をしたカップルも(!)いるのだそう。また、このAIRを通して、東京近郊を拠点とするアーティストの意識も海外に向き、「Art Center Ongoingが国際的な雰囲気になった」とその変化を説明します。
 

 
そんなAIRの選考委員を務めるアーティストのひとりであり、自身もこれまで様々な機関のAIRを通してマニラ、チェンマイ、インドネシアといったアジア諸国に滞在したアーティストの井出賢嗣さんは、アーティストの視点からAIRについて語りました。まず、アーティストがAIRを行うおもな理由は「キャリアをつくり、成果を形成するための期待」だと井出さんは断言。そしてその「キャリア」は大きく分けて、国際的な展覧会への参加や、海外の有名なギャラリーに入るためのキャリア、そして、おもしろい既成事実をつくるというキャリアという2つの方向性があるのだそうです。どちらかというと後者に興味があるという井出さんは、「1人とつながれば100人とつながる」といった、レジデンス先のジャカルタでコミュニティのあり方に感銘を受けた経験を振り返るとともに、そこから生まれた「いかに化学反応を起こせる機会をつくれるか」という実践を発表。24のスタジオと100名以上のアーティストが参加する相模原の「SUPER OPEN STUDIO」や、アーティスト数名によるヒップホップクルー「NAZOLAZ」の北京でのプロモーションや、歴史あるアートプロジェクト「ミュンスター彫刻プロジェクト」から着想を得たという「Münster Sculpture Project in Sagamihara -さがみはら野外彫刻展2018」など、自身が関わってきた、批評的かつユーモアに溢れる数々の活動を紹介しました。



日常を離れ、現在地を見つめる。イルヴァ・カールグレンさんが語るAIRの魅力。

発表の最後を飾ったのは、AITのレジデンスアーティストとして東京に滞在する(9月18日〜12月15日)イルヴァ・カールグレンさんです。スウェーデンに生まれ、ストックホルムを拠点とするカールグレンさんは、写実的な絵画を経て、2014年から抽象的な水彩画を制作。幾何学的な形のバリエーションによって「光」を追求するカールグレンさんに、AITの堀内さんが質問を行う形式でプレゼンテーションは行われました。

まず、カールグレンさんがAIRで日本に来た理由としては、過去に2度、日本に来たことがあること。そして、漢字に興味があったことなどを挙げました。「抽象から具体へと移り変わる漢字のプロセスに関心があり、実際に書道の研究をしています」というカールグレンさんは、ときには京都を訪れ、日本の伝統的な美術に触れる日々を楽しんでいるそう。このように、「東京を拠点に日本の様々な場所をめぐるアーティストはとても多い」と堀内さんは言います。
 

 
そして、ストックホルムではスタジオにこもってずっと制作していたというカールグレンさんは、AIRに参加するのは今回が初。「スウェーデンのスタジオから距離を置き、いつも自分のいる場所をあらためて見てみる。そこからどんなインスピレーションを得ることができるかということを知りたかったんです。一度まっさらな気持ちで情報を浴びて、自分に残ったものを作品に取り入れていきたい」と、AIRに対する意気込みを語っていました。



アーティストにとってひとつの大きな転機。AIRに必要な態度を知る。

最後の質疑応答では、会場から「どのようにAIRの作家を選んでいますか?」という質問が。これに対し、AITの堀内さんは「将来性をいかに見出すことができるか、そして、レジデンスだけではなく他のプロジェクトとどのような化学反応を起こすことができるか、違うプログラムからの目線も意識します」と回答。TOKASの鈴木さんは、「なぜTOKASのAIRを選んだか」ということを、プランも含めて熟読。Art Center Ongoingで選考委員を務める井出さんは、作品が第一、そして次に「自分にいかにフィードバックがありそうか」を重視しているとコメントしていました。

4名のトークの内容や質疑応答からもわかるように、AIRの特性や多種多様。AIRを「ツールとして」生かすためには、まずそれぞれの違いと長所を調べてみることが重要であるように感じました。そして、アーティストの井出さん、カールグレンさんのふたりから語られるエピソードからわかるように、AIRで必要なのは、滞在先で自分の活動へのメリットになるような要素を発見していく能動的な態度。それはときに、他者との意思疎通もままならない異国でより発揮されるもので、まわりまわって自分の作品に突破口のひとつになるのかもしれない。そんなふうに、アーティストにとってひとつの大きな転機としてのAIRの可能性を実感するイベントでした。



(写真:田川優太郎 文:野路千秋 編集:上野なつみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STUDENT WRITER

partner official / partner official

PARTNER編集部です。 編集部アカウントでは、フリーマガジンやイベントなど、総合メディアPARTNERに関わる様々な情報を提供いたします。