【あなたの企画宣伝します】ムサビ芸術祭2018企画紹介シリーズ1 #‎maufes

2018年10月24日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸術祭、略してゲイサイ紹介シリーズをやってます。

●日時:2018年10月26日(金)- 28(日)
●時間:10:00-19:30
●会場:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス
●入場料:無料

*お車でのご来場はおひかえください
http://www.geisai.jp/
https://twitter.com/MAUgeisai
https://www.facebook.com/MAUgeisai
https://www.instagram.com/maugeisai/
芸祭公式サイトのアクセスは国分寺駅・立川駅しか掲載されてないけど、「鷹の台駅から徒歩18分」が大学公式ルートです。国分寺からのバスはとにかく混むのが覚悟が必要。あ、鷹の台駅前であることが起きてるのでお楽しみに。
交通手段についてはあらためて書きます。

 

これまでの記事はこちら。
【来場者約4万人で総企画数は650】ムサビ芸術祭2018「アート・マハル」は10/26-28!


もう明後日からなので、今日からドンドン芸術祭企画を紹介していきます。

「宣伝したい企画は手羽に連絡ください」と書いたところ、さっそく届きました。
トップバッターは、すっかり恒例となったこの団体です。
コメントと一緒に紹介!

epa!第11回芸術祭公演「芥鹿-kaika-」

==
こんにちは、epa!です。
epa!は武蔵美屈指の2大舞台製作サークル芸祭ではパフォーマンスショー行います。10周年を迎える芸祭公演をぜひ見に来てください。

■epa![第11回芸術祭公演]「芥鹿-kaika-」~めぐり巡る、いのちの唄~
●公演日:10/26~28
●公演時間:11:30/14:30/16:00
●会場:9号館地下1階第展示室
●前売り券:700円
●当日券:800円
●劇団むさびとのセットチケット:1400円(校内の前売りブースのみ)
https://ticket.corich.jp/apply/94749/
ご来場お待ちしております。
==


よく「芸祭でファッションショーやってますか?」と聞かれるんですが(ほんと多い)、毎年やってるファッションショーって意外とないんですよね。で、いつも代わりに紹介してるのがこのepa!です。
今年の六本木アートナイトでもパフォーマンスしてるくらいなんで、衣装含め舞台装置・照明等演出のレベルは折り紙付きです。
六本木アートナイト2018に行ってきた(ミッドナイト編)
見といて損はないです。ただチケットは毎年すぐに売り切れちゃう傾向にあるんでお早めに。


続いて、こちらも「芸祭といえば」の企画の一つ。
コメントそのまま紹介します。

劇団むさび第124回芸術祭公演「ほしのこども」

手羽さんがあまり劇むさに対して良い思い出がないと知ってのお願いですが何卒よろしくお願い致します!
今年の売りは、誰でも楽しめる主人公成長ストーリーです。また公演チケットもちょっとした仕掛け付きです…是非お買い求めください!
●公演日程:26日(金)13:00/16:00|27日(土)10:30/15:00/17:30|28日(日)11:00/14:00/17:00
*公演時間は約70分を予定
*開場時間は開演時間の30分前
●会場: 鷹の台ホールB棟1F大展示室
https://twitter.com/gekimusa
【チケットご予約】
https://www.quartet-online.net/ticket/gekimusa124

予告動画はこちら。


手羽が学生時代付き合ってた彼女が劇団むさび(略して劇ムサ)で、あんまり劇ムサにはいい想い出がない・・って話は後輩に引き継がなくていいからねっ!!


恒例企画ってことだと、頼まれてはないけど(笑)この2つも忘れちゃいけませんね。

ラテン音楽研究会、通称ラテ研。
ライブは27日(土)に課外センターで行うそうですが、ラテ研といえばやっぱりパレード。
今年は27日17:10から練り歩くそうで中央広場にいれば見れますよ。

もひとつは、

東京五美術大学管弦楽団、通称「五美管」(ゴビカン)。
多摩美術大学、東京造形大学、女子美術大学・女子美術大学短期大学部、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学の東京五美大による管弦楽団で・・・って、ん、昔ゴビカンに日芸さんって入ってましたっけ?
各大学で演奏やってて、ムサビでは10月28日(日)開演13:30で会場は7号館401教室。
ムサビで一番デカい講義室ですがエレベータがないのでご了承ください。


ここからは学内の張り紙を一気に紹介していきます。
張り紙も「美大らしさ」の特徴とも言えます。

正門入って右側、10号館前に雑貨横丁があって、いろいろ購入できます。


  • ステッカー部


  • もぐもぐ

  • 美大の鉄っちゃんは一味違います

  • 鉄は鉄でもこっちは鉄塔

  • 特撮好きはぜひ

  • 絵本展

  • 漫研のたこ焼き屋も有名店

特撮好きな手羽はビビッドマンに注目してて、会場では新作上映、ミニチュアやデザイン画の展示をやってますが、ビビッドマン制作委員会は3日間12号館前広場で特撮ワークショップをやるそう。
来場者と一緒に特撮を撮影する場を作るんだって。胸アツ!

ちなみに予告動画はこちらで見れます。
https://twitter.com/i/status/1053967170680442880




明日も企画紹介しますんで、宣伝してほしい団体は連絡ください。
「手羽さんイケメン」と書いてくれたら、提灯記事書きます。win-winの関係です。


以上、学内はすっかり芸祭準備モードに入ってますが、教職員は

全学研修会をやってた手羽がお送りいたしました。
教員と職員の両方の都合がつく時ってこういう時しかないんですよね・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中