東京ミッドタウンのキッズワークショップに参加しませんか?

2018年7月19日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手羽が作った「美術振興、社会連携活動業務はみんなが暇な時に忙しい」という名言がありまして(自分で名言と言ってしまうところが残念ですが)
講座やワークショップをやろうとすると、子供や一般の方、そして学生さんの集まりを考えると夜か土日、祝日、連休、長期休暇期間にどうしてもなっちゃうんです。
社会連携チームが関係するものだけでも、来週はモスバーガーさんとのワークショップ、7月末は東工大合同ワークショップ、8月4,5日はムサビる!と旅ムサステイ、8月中旬は電通大さんとのワークショップ、8月末は日立さんとのワークショップと続くくらいで、他だと基礎デのわらアート、芸文のうまアート、視デの「小さな夏休み」だったり。
夏休みが多いと思って大学職員採用試験を受けてて「社会連携業務に興味があります!」とテンプレで語ってる人には「そんなことないっす・・休みが全て潰れる覚悟が必要だよ・・」とアドバイス。

というわけで、今日は8月上旬にミッドタウンで行われるムサビ企画子供向けワークショップのご案内を。

まず、東京ミッドタウン主催TOKYO MIDTOWN LOVES SUMMER 2018の子供向け企画が
KIDS WEEKS 2018「デザインとアートのひろば」

でして、ありがたいことに今年も子供向けワークショップにムサビが協力させていただくことになりました!

みんなでつくろう日本の夏「見つけよう!世界にひとつだけの星空を」

●企画内容:キラキラ光る材料を水の入った容器に入れ、鏡の入った箱と組み合わせば、星空のような模様が見えるオリジナル「水万華鏡」の出来上がり!完成した水万華鏡はお持ち帰りいただけます。
●日時:2018年8月4日(土)、5日(日)11:00-18:00 *定員になり次第終了
●会場:東京ミッドタウン プラザB1「無印良品」前
●対象年齢:未就学児〜小学3年生程
●参加費:無料
●企 画:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●出展者:桃色めがね


学生さんから企画を募集する形式をとっていますが、今年はなかなかタイトなスケジュールで進行してて、


  • 5月10日に募集説明会。そのあと企画書審査して


  • 6月1日にミッドタウンマネジメントさんを含めて2次プレゼン審査

で決まった団体にやってもらうことになりました。企画自体は「これやりたいね」と審査員全員一致。
今年は7月31日に火星大接近、8月中旬にペルセウス座流星群があるので、星空や望遠鏡をイメージした「水万華鏡」を作りまっせ!!文理融合でしょ?(笑)

場所は去年と同じくミッドタウン地下1階無印良品さんの前。あ、白い石のあたりです。
こちらは去年の様子だけど
MIDTOWN LOVES SUMMER 2017「みんなで作ろう日本の夏」に行ってきた
例年始まる前から行列ができてしまうんですよ。これだけの人数が参加してくれるワークショップはそうそうなく、本当にありがたい機会をミッドタウンさんに作ってもらってます。
ぜひお買い物ついでにお子さんとお越しください。


んで、次はミッドタウンはミッドタウンでも、デザインハブ主催のワークショップ
東京ミッドタウン・デザインハブ・キッズウィーク2018

こちらにも二つデザイン・ラウンジ企画で参加しています。

粘土でフィギュアをつくろう!~ 流れ星をデザインする

●日時:2018年8月9日 (木) 13:00 –16:00
●会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
●参加費:1組2,000円(当日払い)
●定員:15組30名
●対象年齢:5歳以上
お申込み方法:こちらからお申込みください
●注意事項:保護者の方にも作業をしていただきます。 絵の具を使いますので、汚れてもいい服でお越しいただくか、エプロンをご持参ください。
実施主体:タカハシカオリ

ラウンジが出来た年からデ情卒・タカハシカオリさんにキッズワークショップをお願いしてまして、今年でもう7回目。だって毎年好評なんだもん。
やはりペルセウス座流星群にかけて「流れ星」がテーマになっており、子供向けワークショップではあるけど、保護者の方にも作業をしてもらうのが特徴です。
久しぶりに色塗りとかしてみません?


活版印刷でオリジナルのノートをデザインする

●日時:2018年8月10日(金)(1)14:00- (2)15:00- (3)16:00-
●会場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●参加料:1,500円
●定員:各回4名(計12名)
●対象年齢:小学生以上
●お申し込み方法:こちらからお申込みください。
●注意事項:インクを使うので、汚れが気にならない服装か、エプロンを持参ください。
●実施主体:まんまる〇
活版印刷を、「より多くの人に知って、楽しんでもらいたい。」という思いで2014年に活動開始。 廃業した印刷屋から機材一式を引き取り2016 年から荒川区に工房をオープン。「印刷」という枠に留まらず、 様々な角度から活版の在り方を考え、精力的にイベント出展やワークショップの活動中。


こちらも去年好評だったので実施していただくことになりました。
昔ながらの印刷技法「活版(カッパン) 印刷」で自分だけの小さなノートを作るんです。
冬のワークショップで手羽も体験したけど、面白いっすよー。活字拾いは老眼にはかなりつらいけども。

そして、デザイン・ラウンジ企画ではないんですが、こちらも紹介しとかないと齋藤先生に怒られる。
カラーハント!ぼくらの色の秘密基地


  • 昨年実施「へんてこ・ロング・ワールド」より

●日時:2018年8月6日(月)13:00〜16:00
●会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
●参加料:1人500円
●定員:親子15組30名
●対象年齢:小学生とその保護者
●実施主体:武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
●協力:株式会社中川ケミカル


JAGDAさん企画として視デ齋藤先生と学生有志がワークショップをやります。
今回はカッティングシートで有名な中川ケミカルさんが協力してくれることになったそうです。


それとムサビではないけど、
この夏、竹でいっぱい遊んじゃおう!

●日程:2018年8月7日(火)、8日(水)、10日(金)、12日(日)
●時間:竹のおもちゃ作りは、13時、14時、15時、16時の4回実施。竹のランニングバイクと竹のおもちゃ遊びは11:00-17:00随時。
●会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
●参加料:無料
●定員:竹おもちゃ作りは各回4人(親子参加可能・事前申込制)
*竹のランニングバイクと竹のおもちゃ遊びは定員無し
●対象年齢:竹おもちゃ作りは小学生以上。竹のランニングバイクと竹のおもちゃ遊びは2歳以上
●実施主体:東京造形大学、スペダギ・トーキョー


こちらは東京造形大さんが実施主体でほとんど満席状態。
デザインハブ・キッズウィークはほぼ事前予約制ですが、その他も企画もぼちぼち埋まり始めてますのでお早めにお申し込みください。あ、ミッドタウンの中は涼しいけど、道中の暑さ対策をしておこしください。

ちなみに今年新しく東京ミッドタウン日比谷がオープンしましたが、六本木に昔からある方は「東京ミッドタウン」で「東京ミッドタウン六本木」とは言わないそうです。豆知識。



以上、ほとんどイベント屋状態な手羽なもんで、
奥華子の大阪イベントで大トラブル 当選者にメールが届いておらず誰も来ず - ねとらぼ
こういうニュースがほんと他人事じゃない、夢に出てきそうな手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中