【ほぼ手羽GW日記】SICF19に行ってきた2

2018年5月6日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手羽のゴールデンウイーク日記となっております。
前回までの話はこちら。
【ほぼ手羽GW日記】SICF19に行ってきた1


5月1日、2日とカレンダー通り(カレンダーストリート)に仕事して、3日は忘れ物を大学に取りに行ったら1日潰れて、そして5月4日。

ようやくパシフィックリムを見ることができた。
感想を書くとネタバレになっちゃうけど、ギリギリのところで止めるなら「ゴジラというかほぼエヴァだね」かな。


その足で表参道へ。やっぱり道路はすいてるけど歩道は人がゴミのようだ・・。
で何しに来たかというと、もちろん。
SICF19(第19回 スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)

●会期:【EXHIBITION】
A日程:2018年4月29日(日・祝)~30日(月・振替)
B日程:2018年5月3日(木・祝)~4日(金・祝)
C日程:2018年5月5日(土・祝)~6日(日)
※全日程ともに50組2日間ずつ
【PLAY】
Ⅰ日程:2018年4月30日(月・振替)
Ⅱ日程:2018年5月4日(金・祝)
●時間:【EXHIBITION】11:00~19:00、【PLAY】14:00~17:30
●休館日:5月1日(火)・2日(水)
●会場:【EXHIBITION】スパイラルホール(3F)【PLAY】スパイラルガーデン(1F)
●入場料:
[一般] 1 日券 700 円 / 通し券(A・B・C 日程) 1200 円
[学生]SICF 公式Facebook、twitter に「いいね!」「フォロー」で無料(要学生証提示)
※中学生以下は無料。
※スパイラルホール、スパイラルホール ホワイエ(スパイラル3F)のみ、上記入場料あり


2日程見るのは初めて。
奥さんがいると、二日間も勝手に家を出れないしね(笑)


  • 以降作者名をいれてますが、間違ってたらすいません。記憶をたどりに書いてるので、、ご指摘してもらえれば


  • 堀 康史さんは2年前も出展してましたね。


  • 鳥越義弘さんの作品


  • ムサビ日本画卒の菅原有生さん。日本画では竜を描くことがあり、現代解釈だと恐竜になる、と。


  • ムサビ油絵学科の ヤマザキ ミカさん


  • 水野櫻子さんはムサビ空デ。

ブースを見てると「あ、こんにちは。ってご存知じゃないですよね。一方的に私が知ってるだけなんで」と声をかけられて。
油絵在学生のヤマザキミカさんで「SICFの学内説明会に参加して出展しようと思ったんです」と嬉しいコメント。やってよかった(涙)


  • あめ子雨の子さん。食べられる鉱物がテーマ


  • 、菊地絢女さんの紙でできた立像。


  • 虫の作品の横に「殺虫」の作品。


  • 磁器で作られたコマ。回るときれいなんです。


  • 藤田永子さん。

KOHKI HIRAMATSUさんは高校生。
以前中学生出展者もいたけど、高校生が「アートフェアに出展しよう!」と思うことがすごいと思いません?
自分が高校生の頃はBTとか読んでも、こういうコンペに出すのはまだ早いというか、別世界というか、出展したいと思うこと自体いけないんじゃないかと思ってました。
でも別に出展しちゃいけないとは誰も言ってないわけだし、そこに気が付き応募する行動力が単純にすごいと感じるんです。
ま、そもそも福岡の田舎じゃこういうアートフェアがないってのもあるけどね。


  • B日程で一番好きなのは大平真梨さんの作品だった。


  • chiroko nakataさん。ムサビ建築。


  • 高橋 美衣さん。ドローイングを立体にした作品で青がきれいだった。


  • 川島梨紗子さん。シャボン玉をくっつけると電気と音が点いて、全部弾けると消えます

全体を見ての印象はやっぱり「タマビ、しかもメデ芸の人が多いなあ」ですね。なんかあるのかな?

会場の前では


  • ホルベインさん協力企画のワークショップをやってた


  • 満席・・・。

1階に降りようとしたら、これからPLAYが始まるっぽい。
上から見ることに


  • すると突然後ろに立ってる人が歌い出してびっくりした(笑)米澤一平さん×蔵田みどりさん。

ほんとにたまたまだったんだけど、A日程、B日程、手羽が行った日がPLAYの日だったんです。それで外に不思議な恰好をした人がいっぱいいたのか(笑)


家に帰って、二日間夕飯を作ってくれたリンクロウへのお礼として、

浜田山のさか井でうな重を奮発。
メニューはうな丼かうな重しかなく、お客さんが来てからご飯を炊きだすこだわりのお店。それほど家から遠くはないのだけど手羽もリンクロウも初めてで、「ごはんが炊けるまで30分ぐらいは待つ」という情報を知ってました。
お店にはご主人の趣味と思われる民藝・地域史・鉄道・温泉系の古い本がどっさりあり、その手の人にはたまらない場所でしょうね。
いやー、うまかった。


以上、

さか井に25年前に発行された温泉旅行雑誌があって、そのイラストを見たリンクロウが「なんかお母さんが描くイラストみたいだね」と言ってた手羽がお送りいたしました。
昭和のイラストってことね・・昔はみんなこういうイラストを雑誌に載せるのが夢だったんだよ。

帰って調べたら、このイラストレーターさんは今はSM成人向け漫画で活躍されてた・・25年って歳月・・長いね・・。


さ。GW最終日は勉強だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中