【ほぼ手羽GW日記】SICF19に行ってきた1

2018年5月5日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日明日と、ほぼ手羽のゴールデンウイーク日記のようになってますがご勘弁ください。。

話は4月30日に遡ります。
GW中、奥さんとあかりちゃんは札幌に里帰りしちゃったので、10日間のリンクロウと男二人暮らし生活が始まりました。こんな長い期間リンクロウと二人だけってのは初めて。

ただ奥さんがいないからできることもあり、

「カロリーが高いからダメ」と食べさせてくれないラピュタパンを。
作り方は簡単で、バターを塗ってマヨネーズで土手を作って卵を落としてトースターで約10分焼けば完成。この上にチーズをのせればなお良し。これが旨いんだなー。・・って書いてるだけで胸焼けしそうだけど。

リンクロウはもう高2で、なんと和太鼓部の部長になっちゃいました。
普段は練習がみっちり入ってるけど、今日だけオフ日。
家の模様替えを一緒にやって、夕方リンクロウに「これから展覧会見に行くけど、ヒマしてるんだったらリンクロウも一緒に行く?」と聞くが「結構」と言われる。昔ならホイホイついて来たのに、成長するとこうやって親離れ・・子離れか・・していくんだな・・。

「多分帰るのは6時半ぐらいになっちゃうから、なんか夕飯作っといてよ」
「・・・うん、わかった」
といいつつ、向かった先は表参道。
どこに行ったかというと、
SICF19(第19回 スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)

●会期:
【EXHIBITION】
A日程:2018年4月29日(日・祝)~30日(月・振替)
B日程:2018年5月3日(木・祝)~4日(金・祝)
C日程:2018年5月5日(土・祝)~6日(日)
※全日程ともに50組2日間ずつ
【PLAY】
Ⅰ日程:2018年4月30日(月・振替)
Ⅱ日程:2018年5月4日(金・祝)
●時間:【EXHIBITION】11:00~19:00、【PLAY】14:00~17:30
●休館日:5月1日(火)・2日(水)
●会場:【EXHIBITION】スパイラルホール(3F)【PLAY】スパイラルガーデン(1F)
●入場料:
[一般] 1 日券 700 円 / 通し券(A・B・C 日程) 1200 円
[学生]SICF 公式Facebook、twitter に「いいね!」「フォロー」で無料(要学生証提示)
※中学生以下は無料。
※スパイラルホール、スパイラルホール ホワイエ(スパイラル3F)のみ、上記入場料あり

です。

SICFについての詳細は以前書いたこちらの記事をご覧ください。
GWの予定が決まってない?そりゃSICF19に行くしかないっしょ!

通称SICFは、旬の若手作家作品を一気に見れるので、この数年手羽はチェックさせてもらってます。どの会期にいくかいつも迷うのだけど、今年はA日程に行くことにしました。


  • 1階では前年受賞者展をやってます。

スパイラルガーデンでは、PLAY、つまりパフォーマンス組をタイムテーブル制でやってます。
隙間なくずっとやってればいいのにと思ってたけど、考えてみたら審査員の方は全部見なくちゃいけないわけだから大変ですね・・。

3階へ上がります。

ここであることに気が付く。
もらった招待券を忘れた(涙)
ま、なくても来てたからいいんだけど。
(学生さんは基本無料なのでどんどん見に来てね)

ホール前では、SICF10準グランプリ・小桧山聡子さんによる「ジュースの実験室」。


さ、いよいよホールの中に入りましょう。

うわっ。相変わらず人がいっぱい・・・。

こういうブース形式になっています。


  • SICFで写真を撮る時に困るのが、引きの空間がないんで全体像が撮れないことかな(笑)


  • SICFのいいところは、基本的には作者がブースにいらっしゃること。


  • 去年よりもブース内のパフォーマンスものが増えてたかな?以前はいっぱいあったんだけど。


  • 何でできてるかわからなかったけど、FRPだった。

卒業制作展とかでもそうなんだけど、こういう場だと「いろんな人」がやってきます。
あるブースで、「ボクは●●美術館とか〇〇ギャラリーに作品を展示した」と自慢してるおっちゃんがいて。でもどう見てもそんな風には見えない・・・。「若い人に自分語り・説教したいから展示へ行く」って人がいるんです。
だいたいこの手のタイプは名刺に「●●審査委員」「●●運営委員」「●●ギャラリー展示」とか立候補すればなれる肩書、お金を出せば展示できる経歴をビッチリ書いて、それを配りまくってるのでわかります。そのおっちゃんも見事にそうで、でもブースの子は慣れたもんで「へー、すごいですねー」とうまくあしらってた(笑)


  • アメリカで実際にピストル使って鉄板を打ち抜いた作品

毎年思うのは「タマビが多いなあ・・」ですね。。
特に情報デザインの卒業生や在学生が多いんです。手羽調べではABC日程全部合わせるとムサビもタマビもほとんど同じ数のはずなんだけど。気になる作品がタマビ情デが多いってことなのかな・・。

なんてことを思いながらスパイラルを後にする。
いやー、しかしGWの表参道は人が多い・・。
車は空いてていいんだけど、歩道は人人人。

あ、変な恰好の人達がいる。
多分、PLAYに出てたp0p0 balloonだな。


家に帰るとびっくりすることが2つあって。
一つはリンクロウが

グラタンを作ってくれてたこと。
「カレーかチャーハンぐらいなら作れるだろ。材料もあるし」ぐらいの気持ちで出かけたら、パスタゆでて、マッシュポテト作って、キノコとかアリモノの食材をぶっこんで本気料理だった(笑)
聞いたらクックパッドみながら作ったらしい。昔だと料理本広げて・・いや、料理本を買ってくるところから始まったもんだけど、「クックパッドって料理にとりかかる敷居を下げたイノベーションなんだなあ・・・」と実感。
しかもチーズが奥さんが作るよりもどっぷりかかって超絶うまし。
チーズは白いから0カロリーだしね。


以上、もう一つは、

ユニクロとジャンプのコラボTシャツを買ってきてたことの手羽がお送りいたしました。
前から「誰が買うんだろ?アニメマニアかな?」と思ってたけど、まさかうちの子だとは・・。
しかし、なんでよりによってゴンさん・・。

一体誰に似たんだろ(お前だ、お前)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中